グリフィンインターナショナル公式サイトより
グリフィンインターナショナル公式サイトより

Business

1875年創業の英国レザーブランド「ホワイトハウスコックス」が事業終了

 英国ホワイトハウスコックス社が、レザーグッズブランド「ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)」および「セトラー(SETTLER)」の事業を廃止し、12月末日をもって生産を終了する。日本総代理店であるグリフィンインターナショナルが発表した。

グリフィンインターナショナル公式サイトより
グリフィンインターナショナル公式サイトより
— ADの後に記事が続きます —

 ホワイトハウスコックスは1875年に創業。高品質かつ洗練された馬具や鞄、ベルト、財布など様々なレザーグッズを製造している。グリフィンインターナショナルは公式サイト上に、英国ホワイトハウスコックス社のマネージングディレクター Stephen Cox氏から寄せられた書面を公開。「ホワイトハウスコックスは147年の歴史に幕を閉じ、惜しまれつつも年末に事業を終了することになりました。私がこの事業から引退する必要があり、後継者がいないため閉鎖を決定したものです」とブランド終了の経緯を説明している。

店舗の前を歩く人

関連記事
「アメリカンイーグル」が本格再上陸 実店舗が約3年ぶりに復活

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング