Culture インタビュー・対談

【インタビュー】デジタル世紀の先導者、25周年迎えた「Tomato」に聞いた9の質問

Image by: Fashionsnap.com

 渋谷パルコでデザイン集団「Tomato」の設立25周年を記念したプロジェクト「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION "O"」が開幕した。開催に際し、主要メンバーのジョン・ワーウィッカー(John Warwicker)、サイモン・テイラー(Simon Taylor)、ジョエル・バウマン(Joel Baumann)の3名が来日。デジタル世紀の先導者としてグラフィック、バーチャルメディア分野で最先端を走り続け、25年経った今なお進化を遂げる「Tomato」に、第一線で活躍を続けてこれた秘訣や、謎に包まれているグループの構成、名前の由来など素朴な疑問を聞いてみた。

 

―25年間に渡って活動を続けてこられた秘訣は?

サイモン:「Good Conversation(良い会話)」それに尽きるね。


ジョン:それと自分たちのやっていること、メンバー同士お互いに関心を持ち続けていること。もちろんサイモンが言ったように「会話」は重要。会話がないとそこからは何も生まれないからね
。

サイモン:僕らが活動を始めた頃はまだデジタルの世界はここまで成熟していなくて、技術の発展によってコミュニケーションの方法も変わってきた。でも、電話だろうがメールだろうが常に会話を続けてきたことには変わりはないよ。

tomato-interview-20160311_001.jpg


―グループ名の由来は?

サイモン:基本的に僕達には名前なんて必要なかった。名前を持つことで人に認識されたり、名前という箱の中に自分たちを閉じ込めたくなかったんだ。それでしばらく活動していたんだけど、ある日ジョンが「『Tomoto』なんてどう?」って持ちかけてきた。当時は変だし、滑稽なアイデアだと思ったんだけど「ト・マ・ト」っていう単音続きの響きが気に入って採用したんだ。別に特別な意味がある言葉じゃないし、名前を聞いた人に「なにそれ?」って思われるのも気に入っている。それが10年くらいたって銀行に支払いに行った時に「Tomato? クールな名前だね」と言われて反応も時代によって変わってきたと感じる。Tomatoにして良かったと心から思ってるよ。

ジョン:それと、そこまで戦略的に名前をつけたわけではないんだけど、ラッキーなことに「Tomato」っていう単語はほぼ世界共通で理解される言葉。何年経っても色褪せないで、人の記憶に残っていく名前だと思う。


tomato-interview-20160311_006.jpg


―メンバーの構成について教えてください。

サイモン:僕たちは会社というか家族みたいなもの。活動的なメンバーもいればそうでもないメンバーもいる。それは全く問題なくて、そこが僕らの活動のポイントなんだ。現在の主要なメンバーは6人くらい? そこそこアクティブなのは10人くらいかな。ロンドン、メルボルン、日本、ドイツに散らばっていて、ジョエルのように大学で教えていたりそれぞれ仕事を抱えてたりするから、これといったかっちりとした形や決まりがあるものではないんだ。

ジョン:まぁ、グループとして会社という括りではあるんだけど、友達同士の集まりでもあるね。



―Tomatoに加入するには?

サイモン:時と場合によるね。例えばここにいるジョエルはいい例で、彼は結成後に加入したんだ。5年前に加入したメンバーもいる。ただ一緒に仕事をしていて、面白い作品を作ってて自然とそうなったんだよ。応募プロセスがあって加入できるものでもないし、なにより本人がTomatoを"ホーム"と感じるかが大事だね。僕らのほどんどがTomatoのメンバーとして知られているけど、一人ひとりが独立してしっかりとしたパーソナリティーを持っていることも重要な要素。

ジョン:僕らに「新しいことをもたらしてくれるか」ということも大事。僕らと同じ事をやっている人より、なにか新しいことをやっている人のほうがグループにとっては魅力的だね。

ジョエル:僕にとっては「Tomato」であろうがなかろうが、さほど重要な事ではないんだ。もちろんメンバーとの仕事は素晴らしいものであることは間違いないけどね。いいものを彼らと一緒に作ってたら自然とそういう形になっただけのこと。

 僕の場合は当時違う会社に所属してたんだけど、たまたま同じ建物で働いていたんだ。そのうち道具を貸し借りするようになって、ジョンが僕の作品を気に入って、僕も彼らの作品を見たりして次第に交流するようになって気づいたらここにいるって感じかな。


tomato-interview-20160311_009.jpgサイモン・テイラー

tomato-interview-20160311_010.jpg

ジョン・ワーウィッカー


tomato-interview-20160311_012.jpg

ジョエル・バウマン

―それぞれに役割はあるのでしょうか?

サイモン:これといって役割は決めてないよ。電話に出たり、お互いに作品を見たり、買い物もするし、1人で難しいことがあれば助け合う。それぞれ得意分野があって、僕は「ワークノットワーク(WORK NOT WORK)」 というブランドで服をデザインしているし、ジョンはタイポグラフィ、ジョエルは映像を得意としている。専門分野以外のことに実験的に取り組んだりすることで、個々の可能性を広げていけるのはグループ活動だからこそできること。お互いにサポートし合って出来ないことを補っていけるからね。メンバー同士、作品や制作のプロセスを尊重してやっているのさ。

―Tomatoにとって日本とは?

サイモン:日本は独特な価値観を持っている国だよね。それがすごく魅力的。とても奥深くて、探索して理解するのに長い時間が必要だね。日本人じゃないけどそれが理解出来ているといいな。日本で長くに渡って仕事ができているのは、継続的に対話を続けてこられたから。人も組織も僕達の活動に関心を持ってくれてとても好意的だよ。商業的な枠組みを超えて、みんなと共有したいと思う気持ちと探検心が旺盛なんだろうね。

tomato-interview-20160311_007.jpg

―日本のオーディエンスの特徴は?

サイモン:常に驚かされるのは見えないものや語られていないもの、隠れているものへの関心や探究心が高いってところかな。日本の国民性なんだろうか。表面的な捉え方でなく、その裏や背景を考察する能力が高いと感じる。だからこそ僕らの作品が受け入れられているんだろうね。僕らの作品は必ずしも見えるものが全てじゃないから。


ジョエル:僕が感じたのは日本人の「空間」の捉え方。僕らが気づかないような細部にまで気づいたりする。どうやって出来たのか、その方法とか。「音」に関して言えば、面白いことにドイツ人はどんなにうるさくても平気な顔をしてるけど、日本人はすぐ反応してあまりいい顔をしないよね。僕は学生時代に日本に2年程住んだ経験があるから日本に戻ってこれることは毎回楽しみだし、オーディエンスの反応を見るのも楽しいね。

tomato-interview-20160311_017.jpg


―

気になる人や、会ってみたい人はいますか?

ジョン:生きてる人じゃないとダメ? 僕は断然、北斎がいいな。彼は類まれな才能の持ち主で小さいころから大好きなんだ。僕らにとって彼の作品はとてもエキゾチックだよね。北斎についてなら何時間でも話してられるよ。浮世絵は芸術性と大衆性を同時に両立させている代表的なアート。中でも彼は僕にとってのスターだよ。


サイモン:難しい質問だね。ころころ変わっちゃいそうだよ。僕は黒澤明かな。家に彼の作品がたくさんあるよ。小津安二郎の「東京物語」もいいね。固定されたカメラワークも秀逸だし、日本の家族観や構成がよく描かれているよね。

tomato-interview-20160311_002.jpg

―最後に今後の活動について教えてください。

ジョン:なんだろう。この数ヶ月このプロジェクトにエネルギーを費やしてきたから今はあんまり考えられないな(笑)


サイモン:個人的な活動をまずは継続していくね。僕は自分のファッションブランドを持ってるからデザインを続けてくよ。このプロジェクトにみんな力を注いできた。オープニングを迎えて「完全燃焼」って気分だから、しばらくは休んで個々の活動でエネルギーやアイデアを貯めていくよ。

ジョエル:僕はアート・スクールで生徒に教えているからそこがメインだけど、アンダーワールドのカールともプロジェクトを企画していて何か一緒にやろうという話をしているところだから楽しみだね。

tomato-interview-20160311_025.jpg

Tomato
1991年にロンドンで発足したアーティストやミュージシャン、デザイナーなどから構成されたデザイン集団。外国人として初めて東京タイプディレクターズクラブの会員にもなったタイポグラファーのジョン・ワーウィッカー、「Work Not Work」のファッションブランドを手がけるサイモン・テイラー、商業広告を多く手がけニューメディアの分野で現在カッセル芸術大学で教鞭をとるジョエル・バウマンなどが在籍し世界各地に分散して創作活動を行う。エレクトリック・デュオのUnderworldも創立メンバーとして名を連ねている。現在、渋谷パルコで25周年を記念した大規模プロジェクト「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION "O"」を4月3日まで開催中。

関連記事>>デザイン集団「Tomato」ゆかりある渋谷で25周年記念エキシビジョンを開催

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング