ADVERTISING

【成分連載】「レチノール」の働きを徹底解剖 実はシミやニキビにも効く!?

【成分連載】「レチノール」の働きを徹底解剖 実はシミやニキビにも効く!?

 注目の美容成分に迫る連載、第2回は「レチノール」編。SNSで「A反応」というワードがバズったように、レチノールはパワフルな成分というイメージがあるけれど…? そもそもどんな肌悩みに効くの? 赤くなっても我慢して使うべき? 美容成分の専門家の竹岡篤史氏に、素朴なギモンを聞いてみました。

成分ハンター

竹岡篤史

国立研究所におけるペプチドを用いた経皮ワクチンの開発を経て、2002年よりスキンケア成分の開発に従事。2016年、ヨーロッパを代表する美容・コスメイベント「In-cosmetics」で、イノベーションアワード金賞を受賞。国内外の最先端の成分事情に詳しく、化粧品会社や製薬会社と共同研究・開発を手がけている。

ADVERTISING

レチノールはシワ対策? そもそもどんな働きがある?

icon

FASHIONSNAP

最近よく聞く「レチノール」。すごく効きそうなイメージがあって、気になっている人も多そうですが、そもそも何ですか?

レチノールはビタミンAの一種で、「細胞の活性を促す、大元のスイッチを入れる」働きを持ちます。真皮ではヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促し、表皮では肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促すなど、その効果は多岐にわたります。

icon

竹岡氏

icon

FASHIONSNAP

新しい肌がどんどん生まれている感じですか?

そうですね。ターンオーバーを促して、シワや弾力低下に働きかけますし、出来始めのニキビにもアプローチする働きを持ちますね。

icon

竹岡氏

icon

FASHIONSNAP

レチノールってエイジングケアのイメージがありましたが、ニキビにも効くんですね。

角栓を除去して毛穴の詰まりを防止したり、肌細胞の再生を促して、ニキビ跡を防ぐ効果が期待できますよね。ちなみに、ニキビのお薬の「トレチノイン」は、レチノールの活性体である「レチノイン酸」なんです。

icon

竹岡氏

icon

FASHIONSNAP

そうなんですね、知らなかったです。

ただしレチノイン酸は、日本においては「薬」ですので、医師の処方が必要です。効果がある分、作用もあり、使用量や使い方に気をつけなくてはいけません。

icon

竹岡氏

icon

FASHIONSNAP

なるほど。レチノールは化粧品の成分ですよね?

そうです、化粧品の成分です。レチノイン酸ほどの刺激はありませんが、肌が弱い方は赤みやピリピリした刺激を感じやすいかもしれません。

icon

竹岡氏

「A反応」は効いてる証拠? 我慢したほうがいい?

icon

FASHIONSNAP

そのピリピリ感や赤みが「A反応」ってSNSでバズりましたよね。効いてるってことだから、やっぱり我慢したほうがいいんでしょうか?

化粧品である限り、我慢すべきではありません。赤みが生じるということは、肌に炎症がおきている証拠。炎症はエイジングや肌トラブルの引き金になることもあるんです。

icon

竹岡氏

icon

FASHIONSNAP

ただ途中でやめると、結局元に戻ってしまうのでは…?

でも炎症の状態が続くと、色素沈着を起こすリスクもあるんです。

icon

竹岡氏

icon

FASHIONSNAP

えっ、怖い…。

ちょっと怖いですよね…。お薬のレチノイン酸は医師の診断のもとで使いますが、化粧品のレチノールは自分自身で使うものですから「安全が第一」。肌に違和感が生じたら、使い続けないことが大切ですよね。

icon

竹岡氏

使い過ぎると「ビニール肌」になるって本当?

icon

FASHIONSNAP

レチノールを使い過ぎると「ビニール肌」になるって聞いたことがあるのですが…。ビニール肌って何ですか?

原因の1つとして、「肌のキメが失われる」ことがあげられます。キメは本来「皮丘」というふっくら盛り上がった部分と「皮溝」というミゾの部分で形成されていますが、この皮丘と皮溝がなくなると、表面がつるんと平坦になってしまう。

icon

竹岡氏

icon

FASHIONSNAP

つるんとはしているけど、ビニールみたいにテカテカ不自然に光っちゃうんですよね。それでビニール肌って言われているんですね。

そうなんです。レチノールは新しい肌細胞を次から次へと作る働きがありますが、角質細胞が「未熟なまま」肌表面まで押し上げられてしまうこともあるんです。すると、皮丘と皮溝が形成されず、キメが失われる原因になります。

icon

竹岡さん

icon

FASHIONSNAP

肌表面の細胞が未熟だと、乾燥したり敏感肌になったりしそうですよね。

レチノールの反応は、個人差がありますが、もしヒリヒリを感じたら、それはバリア機能が低下しているサイン。そんな時は、使用を一旦中止したほうが良いと思います。

icon

竹岡氏

レチノール使用中に気をつけるべきこととは?

icon

FASHIONSNAP

レチノールってパワフルな成分なだけに、一緒に使うとダメな成分ってありますか?

絶対ダメというものはありませんが、レチノール使用中は一時的にバリア機能が低下しやすいので、ピーリング効果のある化粧品やAHAなど酸性の成分は、刺激を感じるかもしれません。

icon

竹岡氏

icon

FASHIONSNAP

SNSで「ビタミンCを併用するとヒリヒリする」っていう声、けっこうあったかも。

ですよね。ビタミンCは連載の第1回でも話しましたが、アスコルビン酸という酸の一種なんです。なかでも活性が高いピュアビタミンCは、刺激を感じやすいかもしれませんね。どうしてもビタミンCを併用したいなら、「飲むビタミンC」を使う方法もあります。

icon

竹岡氏

icon

FASHIONSNAP

なるほど、サプリで補給すればいいんですね。

icon

竹岡氏

あと、レチノールの使い方で最も大切なのは、使うタイミングです。光に弱い成分なので、朝の使用は避けたほうが安心でしょう。朝使う場合は、日焼け止めを必ず使うこと。そして、レチノール使用中は乾燥しやすいので、保湿に気を配っていただけたらと思います。

icon

FASHIONSNAP

分かりました。合わせる成分や時間などに気をつけて使ってみます!

成分連載:レチノール編後半へ

(編集:福崎明子)

美容ライター

宇野ナミコ

Namiko Uno

日本大学芸術学部卒業後、女性誌の美容班アシスタントを経て独立。雑誌、広告、WEBなどで美容記事を執筆している。担当分野はスキンケア、メイク、ヘアケア、フレグランス、美容医療など幅広く、丹念な取材をもとにしたわかりやすい記事に定評がある。温泉や銭湯をこよなく愛する入浴Lover。

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

ロジスティックオペレーション スタッフ(雇用形態不問)

FOO TOKYO

ロジスティックオペレーション スタッフ(雇用形態不問)

時給

1300円 〜

詳細を見る

ジャーナル

躍進を続けるヘラルボニー。新ライン「HERALBONY ISAI」と共に、“国内外へ届けるブラ...

躍進を続けるヘラルボニー。新ライン「HERALBONY ISAI」と共に、“国内外へ届けるブラ...

記事を読む

求人

オーダーブック・スペシャリスト(受注管理)

On

オーダーブック・スペシャリスト(受注管理)

詳細を見る

ジャーナル

「ChatGPT」を活用して転職活動をさらに効率化しよう! AI姉さんに聞く、生成AI活用術 ...

「ChatGPT」を活用して転職活動をさらに効率化しよう! AI姉さんに聞く、生成AI活用術 ...

記事を読む

ジャーナル

人生を存分に楽しむためのキャリアデザイン。充実のウラにあるのは、飽くなき探求心と趣味への熱量

人生を存分に楽しむためのキャリアデザイン。充実のウラにあるのは、飽くなき探求心と趣味への熱量

記事を読む

ジャーナル

【7月23日(火)】GUCCI主催!ラグジュアリー業界マネジメントスキル向上セミナーのお知らせ

【7月23日(火)】GUCCI主催!ラグジュアリー業界マネジメントスキル向上セミナーのお知らせ

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

”水辺の宿場町”をデザインコンセプトとするアートホテル「東京ベイ潮見...

東京ベイ潮見プリンスホテル ”水辺の宿場町”をデザインコンセプトとするアートホテル「東京ベイ潮見...

詳細を見る

コラボ

自然素材をアップサイクルしたサステナブルなシューズブランド「Liberato(...

Liberato 自然素材をアップサイクルしたサステナブルなシューズブランド「Liberato(...

詳細を見る

コラボ

ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

ZEPPELIN ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

詳細を見る

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

Powered by

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント