ADVERTISING

イメージ画像

投稿した写真が著作権侵害に?SNSや撮影の「基本」を弁護士が解説

BUSINESS

イメージ画像

投稿した写真が著作権侵害に?SNSや撮影の「基本」を弁護士が解説

BUSINESS

イメージ画像

 日常の一コマをスマートフォンで撮影し、SNSに投稿するのが多くの人にとって当たり前の世の中になった昨今。写真や動画を気軽に発信できるようになった一方で、意図せず著作権や肖像権を侵害しトラブルに巻き込まれてしまうといったリスクもはらんでいます。そこで今回は、ファッション・ローを専門とする海老澤美幸弁護士が、SNS投稿や撮影時のNG例・注意点について押さえておきたい基本の内容をツイート上で解説。Q&A形式でわかりやすく説明してくれました。

※ツイートの文字数の都合上、解説内容は簡略化されています。トラブルへの対応は個別の状況により異なるので、専門家に相談を。

ADVERTISING

弁護士/ファッションエディター

海老澤美幸

Miyuki Ebisawa

自治省(現・総務省)、宝島社を経て、ファッションエディターとして独立。「ELLE japon」「GINZA」等ファッション雑誌の編集・スタイリング・ディレクションを手掛ける。2017年に弁護士登録し、ファッション・ローを専門に活動。

fashionlaw.tokyo

ADVERTISING

TAGS

記事のタグ

SHORT VIDEO

ショートビデオ

LATEST RELATED ARTICLES

最新の関連記事

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

【未経験者活躍中】アパレルブランドのアシスタント職

CRAFSTO

【未経験者活躍中】アパレルブランドのアシスタント職

年収

240万 〜

詳細を見る

求人

【20代〜30代活躍中】店舗スタッフ

CRAFSTO

【20代〜30代活躍中】店舗スタッフ

年収

240万 〜 499万

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント