Fashionエクスクルーシブ

永山瑛太が触れる町家の魅力「GUCCI BAMBOO HOUSE」

およそ100年前に京都の新町通に建てられた町家・旧川崎家住宅。
時を同じくしてイタリア・フィレンツェで創設した「グッチ」。

和と洋の意匠が混在する大正時代の邸宅は、
クリエイティブ・ディレクター アレッサンドロ・ミケーレの折衷主義と共鳴し、
職人の手によって再び命を宿した。

強さとしなやかさを併せ持つ竹の庭。
光と影のうつろう奥の庭。
静寂の中に小宇宙が広がる茶室 竹節庵。

京都の歴史や自然の息吹を感じながら
俳優・永山瑛太と巡る「GUCCI BAMBOO HOUSE」。

ジャケット 28万6000円
ジレ 11万5500円
シャツ5万5000円
パンツ9万3500円
ベルト5万5000円
タイ2万8600円
アイウエア8万2500円
シューズ11万2200円
すべて 税込表記
すべて GUCCI

model: eita nagayama
photo: hiroyuki ozawa, suguru tanaka
edit&text:yuui imai

関連記事
グッチの新たな幕開け、3つのエキシビションから探る「GUCCI in Kyoto」の全貌

最新の関連記事

次の記事を探す

Ranking Top 10

アクセスランキング