Image by: FENDI

Fashion注目コレクション

「フェンディ」23年春夏、軽やかなサテンで完成させるエフォートレスなスタイル

 「フェンディ(FENDI)」が2023年春夏コレクションをミラノで発表した。今シーズンはライトグリーンをキーカラーに、サテン素材を多用した軽やかなムードと足元にプラットフォームシューズ合わせたスタイルが特徴的。

FENDI 2023年春夏コレクション

関連記事
FENDI -Women's-

Image by FENDI
Image by: FENDI
— ADの後に記事が続きます —

カールのアーカイヴを現代に解釈

 アーティスティック ディレクターのキム・ジョーンズ(Kim Jones)はコレクションの出発点として、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)がフェンディで手掛けた1996年から2002年までのピースに着目。アーカイヴを振り返る中で、ヴィジュアルとテクニカルの両軸でどう現代に発展させられるかを探求し、「ミニマリストの気軽さと、ポップな要素を持った折衷主義のぶつかり合い」を表現したという。

会場の柱も今季のキーカラーのグリーンとピンク
会場の柱も今季のキーカラーのグリーンとピンク

サテンの様々な表現

 シルキーなサテン素材を多用し、エレガントな雰囲気をまといながらもスポーティーな要素も。フェンディらしいニュートラルカラーをベースに、会場の柱と同色のパキッとしたライトグリーンやサーモンピンクがアクセントとなり、春夏らしくオーガンザやメッシュ、複雑に織り込まれたレザートップスを重ねたほか、テクニカル素材のニットドレスやカーディガンではヘルシーに肌見せ。ボトムスは、バゲットバッグのハードウェアをポケットのデザインとして採用したカーゴパンツなど、エフォートレスなオフスタイルも。

帯ベルトで完成するシルエット美

 一方でエレガンスが光る裏表逆に仕立てられたようなテーラードのセットアップは後ろ姿にも注目。2022年秋冬クチュールコレクションに通ずる帯ベルトがプレタポルテでも取り入れられ、マスキュリンなテーラードジャケットの切り込みから帯を通してウエストを締め上げることで、フェミニンなシルエットを生み出した。

存在感大の厚底プラットフォームシューズ

 重ね持ちしているように見えるバッグは、「F」のモチーフがハンドル化しチェーンで繋がれた一つのバッグ。「ピーカブー」はフェンディ オーロックの巨大チェーンが取り付けられたモデルや、アクセサリーとして首からぶら下げるマイクロサイズなどで登場した。

 シューズはすべて「F」のレターがラバーソールにあしらわれた厚底プラットフォームで、コートシューズやサンダル、ブーツなどウェアのモノトーンカラーに呼応したカラーリングでバリエーション豊富に登場。足元から存在感を放ち、シーズンを象徴する特徴的なスタイリングを完成させた。

「フェンディ」のバゲット25周年記念コレクション

関連記事
「フェンディ」のバゲット25周年をティファニーやポーターが祝福

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング