銀座メゾンエルメス
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion ファッション探訪記

【ファッション探訪記 -1- 】 メゾンエルメスで週末に映画を愉しめる「ル・ステュディオ」へ

銀座メゾンエルメス
銀座メゾンエルメス
Image by: FASHIONSNAP.COM

 ファッションにまつわる気になる場所を探るこのシリーズ。第1回は、銀座メゾンエルメスのプライベートシネマ「ル・ステュディオ」。「エルメス(HERMÈS)」がピックアップした映画を料金を払わず、銀座にあるメゾンエルメスで楽しむことができます。もちろんですが要予約です。

 

【ル・ステュディオとは?】
銀座メゾンエルメス10階にある予約制のプライベートシネマ。土日と祝日にエルメスが特別に映画をピックアップ。予約した来訪者は無料で映画が楽しめます。

 銀座メゾンエルメスは2001年6月にオープン。世界に5店舗あるメゾンエルメスのひとつとして出店されました。建築界のノーベル賞と称されるプリツカー賞を1998年に受賞したレンゾ・ピアノが建築した唯一のエルメスブティックで、東京メトロ銀座駅直結。ショッピング街としても栄える銀座エリアの好立地に店を構えます。地下1階から4階はエルメス銀座店のフロア。8階に現代美術のギャラリー「ル・フォーラム」、10階に世界唯一のプライベートシネマ「ル・ステュディオ」があります

 「ル・ステュディオ」に向かうには、特別なエレベーターを使用。中の壁面にはエルメスのスカーフ柄がデザインされていて、各階でデザインが変わり見ごたえありでした。実はこのエレベーター、ブティックには繋がっていません。そのためエレベーターに乗ること自体も「ル・ステュディオ」の楽しみの一つになっています。

 10階のシネマルームの前にあるホワイエでは、上映中のものや翌月上映予定の作品について記載されたボードがあります。上映作品は月ごとに変更され、毎年掲げるエルメスの年間テーマに基づいてパリのプログラムディレクター アレキサンドル・ティケニスが映画を選定。2018年のテーマは「演じる。遊ぶ。プレイフルな人生!」で、遊び心やお芝居、ゲーム、スポーツなどテーマに合うと思う内容の映画を上映しています。6月は架空の映画監督のモキュメンタリー映画「光と闇の伝説 コリン・マッケンジー」をピックアップ。日本初上映の作品などを取り扱うこともあり、プログラムの選定には高い評価を得ているとか。

 ホワイエの奥の扉を進むとシネマルームへ。上映時間になると窓に暗幕が引かれ、スクリーンに映像が映し出されます。

 席数は40席。シネマ内での飲食は基本的にNGで、ホワイエまではOK。ちなみに上映前にパンフレットと飴がもらえました。

 作品はオリジナル音声の日本語字幕付きで、11時・14時・17時からの1日3回上映。希望日の3週間前の11時以降に公式サイトか電話で応募することが可能です。中学生以上が参加可能で、プログラムにもよりますが老若男女から支持されているそうです。

 銀座メゾンエルメスがオープンした2001年ごろのパリは、人口1人あたりに対して映画館の数が最も多い街だったといいます。小さい映画館が数多くあり、プラっと映画館に入るという文化があるそう。銀座でも同じような体験をという想いから「ル・ステュディオ」はスタート。そのため席数を制限し、プライベートシネマとして展開しています。

 ちなみに現在は隣の「銀座・ソニービル」が建て替えのために解体され、レンゾ・ピアノが手掛けた銀座メゾンエルメスの外観を一望することができます。映画の余韻に浸りながら建築を眺めて帰れるのも嬉しいですね。

■銀座メゾンエルメス「ル・ステュディオ」
住所:東京都中央区銀座5‐4‐1 10階 
問い合わせ: 03-3569-3300
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング