Lifestyle 名品・定番

高機能ワークチェアの代表格「アーロンチェア」とは

アーロンチェア
アーロンチェア
Image by: FASHIONSNAP

 「アーロンチェア」は、人間工学に基づいて設計された高機能チェアの先駆け。どのようにして製品が生み出され、なぜワークチェアの代表格となったのか。その歴史と特徴をまとめました。

 

【関連】クリエイター・デザイナー向けの高機能ワークチェア8選

アーロンチェアとは?

 「アーロンチェア」は1994年に誕生。ハーマンミラー社の中でもワークチェアのロングセラーモデルです。人間工学に基づいた構造と、背面および座面のペリクルと呼ばれるメッシュ素材、身体に自然にフィットし弾力のある座り心地が特徴。あらゆる体格や環境に合わせられるよう設計されています。ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵品。

hermanmiller2.jpg

アーロンチェアの歴史

■2人のデザイナー

 アーロンチェアは、ビル・スタンフとドン・チャドウィックの2人のデザイナーによって生まれました。スタンフは1960年代からウィスコンシン大学で教鞭を取りつつ、整形外科および血管系の専門家と共同で、理想的な椅子の座り方について研究。1974年には研究結果をプロダクトに落とし込むため、ハーマンミラーがオフィス用シーティングの製品開発をスタンフに依頼し、1994年にドン・チャドウィック(Don Chadwick)と共同でアーロンチェアが誕生しています。

■進化するチェア

 2017年には、ドン・チャドウィックが現代の働く人のために再考し、アップデートした「アーロンリマスタード」が発売。独特の構造はそのままに、自然な動きを実現するために再設計したチルト機構や、脊柱をサポートする調節可能なポスチャーフィットSL、座る人の体を包み込み、快適さとパフォーマンスを向上させる8Zペリクルサスペンションを組み込み、性能を高めました。体格に応じてリクライニングの硬さ調節も可能に。直感的にコントロールができる新しいシーティングの体験を提供しています。

 なお、以前のクラシックタイプは2018年3月をもって受注を終了しています。

【もっと詳しく】ハーマンミラーが新しく進化した「アーロンチェア」発売

どんな人にも合う椅子

■サイズとカラー

 現在販売されているアーロンリマスタードのサイズは、座る人の体格に応じて、A(スモール)・B(ミディアム)・C(ラージ)の3種類で、最も多く販売されているのはBタイプ。アームパッドの高さ調整や、背骨をサポートするランバーサポートやポスチャーフィットの位置やサポートの強弱調整、リクライニングの硬さ、傾斜角など、細かく調整することが可能です。フレーム素材は、グラファイト・カーボン・ミネラルの3種類。グラファイトが最も濃く、ミネラルが最も淡いカラーです。

■ライトシリーズ

 ライトシリーズは「多くの機能はいらない、でも快適な椅子がほしい」という人のために提案されているモデルです。サイズはAとBの2種類、カラーはグラファイトのみの1色。アームを排除したタイプもあります。前傾チルト設定やアームの調節ができないなどフル装備ではありませんが、価格はおよそ通常モデルの半値。買い求めやすくなっています。

■価格

 通常モデル(アーロンリマスタード)が税込190,080円から。ライトシリーズ(アーロンリマスタードライト)は税込96,120円から。直営店や正規代理店で購入すると、12年の保証が付属します。

chair-9.jpg

アーロンチェアを生んだハーマンミラー社とは?

 1905年にミシガン州ジーランドで、伝統的な高品質ベッドルーム家具製造会社スター・ファニチャー・カンパニーとして創業したのがはじまり。1909年にはミシガン・スター・ファニチャー・カンパニーに改称し、後にハーマンミラーの社長となるダーク・ジャン(D.J.)デプリーが入社。デプリーは1919年に社長に就任。1923年にデプリーの義父のハーマン・ミラーがミシガン・スター・ファニチャー・カンパニーの過半数の株を購入し、社名をハーマンミラー・ファニチャー・カンパニーに改称。デプリーが初代社長に就任し、現在のハーマンミラーが誕生したのです。

 ハーマンミラーはワークチェアだけではなく、椅子や机、空間デザインなど多くの名作を生み出してきました。マシュマロソファや、現在のワークステーションに先行するL字型デスクなど広範囲のプロダクトを手掛けたジョージ・ネルソンや、ニューヨーク近代美術館の永久収蔵品にもなっているイームズラウンジチェアをデザインしたチャールズ&レイ・イームズ夫妻、スタンフと組んでエンボディチェアを作ったジェフ・ウェバーなど、数多くのデザイナーがプロダクトに関わっています。

世界初の直営店は日本に

hermanmiler_tokyo.jpg

 「ハーマンミラーストア」は、世界初の直営店として2010年に東京丸の内にオープン。アーロンチェアやリーフライトなど代表プロダクト以外にも、ホームアクセサリーコレクションや、ハーマンミラーに関わったデザイナーのアートワークもラインナップしています。

 2017年には2フロアに拡張リニューアルしました。内装デザインは米国本社の監修のもと行われ、ニューヨークの旗艦店とイメージを統一。アーロンチェアをはじめ多数の製品を、実際に試して購入することができます。

【もっと詳しく】「ハーマンミラー」丸の内の直営店を2フロアに拡張リニューアル

【特集】名品・定番
手帳ブランド9選 〜ほぼ日からスマイソンまで〜
クリエイター・デザイナー向けの高機能ワークチェア8選
雨の日やアウトドアを快適に、レインウェア専門ブランドまとめ
ドクターマーチンのブーツ
ワークパンツといえば「ディッキーズ」

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング