Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashionインタビュー・対談

「制服は昭和で止まってる」藤原ヒロシ×青田泰明が語るファッションと教育の今

Image by FASHIONSNAP.COM
Image by: FASHIONSNAP.COM

 これまで「ブルガリ(BVLGARI)」「モンクレール(MONCLER)」など数多くのブランドとコラボレーションしてきた藤原ヒロシが、新たにタッグを組んだのは都内の中高一貫校 青稜中学校・高等学校。自身初となる学校制服を監修し、「フラグメント(fragment design)」「ユニフォーム エクスペリメント(uniform experiment)」「ラミダス(RAMIDUS)」と共にアイテムを製作した。今回、プロジェクトの仕掛け人である青田泰明校長代行と藤原ヒロシによる対談が実現。プロジェクトの背景から、学生時代のエピソード、現代を生きる学生たちに向けた話題まで、教育とファッションが交差する話を繰り広げた。

藤原ヒロシが試みる制服のアップデート

ー今回、藤原さんが青稜中学校・高等学校の制服を手掛けた経緯を教えてください。

青田泰明校長代行(以下、青田):本校が25年ぶりに制服を刷新することになり、デザイナーの方を探していました。青稜は「挑戦」を掲げる学校なので、大前提としてありきたりなものは作りたくない。これまで学校制服を手掛けたことがない方に作ってもらい、挑戦のスピリットが込められた制服を子どもたちに着て過ごしてもらいたいなと。ヒロシさんとの交流は3、4年くらい前から元々ありましたが、どういう方にお願いしようかと考えていたタイミングで丁度お会いする機会があって。

藤原ヒロシ(以下、藤原):僕もラジオか何かで以前から「制服を作りたい」と言ってたんですよね。

青田:「藤原ヒロシが作る制服」って誰も想像できないだろうなと思ったんです。既存の考え方に捉われずに面白いものを作ってもらえるだろうと、ヒロシさんに白羽の矢を立てさせて頂きました(笑)。

藤原:あ、そうなんですか?「制服やりたい」と言い続けたからリクエストが来たのかと思ってた(笑)。

ー青田さんは昔から藤原さんのファンだった?

青田:もちろん。

藤原:絶対そんなことないでしょう(笑)。

青田:いやいや、裏原カルチャーを通ってきた世代ですよ。当時、ヒロシさんやNIGO®さんが雑誌に出ているのを見て「かっこいいな」と感じていましたから、今こうして制服をお願いすることになるとは夢にも思わなかったです。人生って面白いですね。

ー藤原さんはなぜ制服を作りたいと思ったのでしょうか。

藤原:制服のデザインって、なんだか昭和で時代が止まってませんか?学生服ってどれも重そうで、ブカブカしているから少しくらいはアップデートするべきなんじゃないかなって。それこそ、「ユニクロ(UNIQLO)」が制服を作れば良いのにと思ってた(笑)。

ー制服をデザインするにあたり重視したことはありますか?

青田:僕からヒロシさんにお願いしたことは、キーカラーにブルーを使って欲しいと言ったくらいですね。あとは「ヒロシさんが作りたいものを作ってください」とお伝えしました。

藤原:制服って基本的に3年間着るので、1年生はみんな大きいものを買いますよね。1年生がブカブカな制服を着ている姿は可愛いらしいですが、もう少しちゃんとした見せ方は出来ないだろうかと考えたんですよね。いくつか選択肢があった方が面白いと思ったので、フーディーやブレザーなど色々な着こなしができるようにアイテムを作ってみたり。

ージャケットやダウンジャケットは、青と白の市松模様が印象的です。

藤原:海外の制服デザインを調べる中で、チェッカー柄がキャッチーで良さそうだなと思い、イギリスのスクールジャケットのようなテイストを落とし込むことにしました。タータンチェックも検討したんですが、アイビーテイストが強くなりそうだったのでやめました。あまり制服の枠からは出たくなかったので、裏地だけに取り入れることにしました。

ーパンツにはDカンが取り付けられていましたね。

藤原:Dカンはユニフォーム エクスペリメントのパンツにいつも付けているものです。学校ではチェーンウォレットは使って良いんですか?

青田:大丈夫ですよ。そこまでジャラジャラさせてませんが、子どもたちは結構使ってくれるかもしれませんね。

藤原:Dカンにキーホルダー付けても良さそうですよね。

ーフーディーやブルゾンなどカジュアルなアイテムはスニーカーとの相性も良さそうです。

青田:登校時の靴はローファーのみ認めているんです。学内ではローファーから学校指定の真っ白なスニーカーに履き替えても良いことになってます。

ー新制服に合うスニーカーを作る計画はありましたか?

藤原:いや、全然無かったです。ローファーと合わせて着た方が可愛いと思ったので。

ーエンブレムもシンプルな長方形のデザインに変わりました。

藤原:「シンプルなものがいい」ということで、いくつか作った中から今回のデザインを使うことになりました。特にインスピレーション源があったわけでは無いです。

ーデザインは最終的に学校側で選んだ?

青田:本当に沢山のデザインをヒロシさんに考えてもらって、これが一番シンプルでしっくりときたんですよね。子どもたちは「スマホだ」と言って面白がってくれてます。言われてみれば、横に並んでいるフラグメントの稲妻モチーフがバッテリーのようにも見えて完全にスマホだなと。

ー編集部でも同じ話で盛り上がりました。

青田:子どもたちの様子を見て「ヒロシさんは別に意味はないと言ってたけどこれを狙ってたんだ!」と思いましたが、いま改めて聞いてやっぱり考えてなかったんだなと(笑)。

藤原:これがオフィシャルのエンブレムになるわけではないですよね?

青田:今回のデザインが正式なエンブレムになりそうな雰囲気にはなってますね。最初、ヒロシさんから「エンブレムは使った方がいいですか?」と聞かれた時に、色々なことに挑戦して変わっていきたい学校としては、エンブレムも変えるべきなんじゃないかなと思って。ヒロシさんだったらどういう風に作るんだろうと思ってお願いしたら、すごく格好良いものを作ってくれました。

藤原:そんなことになってるんですね(笑)。

青田:こうして見ると刷新前と比べて制服の種類がかなり増えましたよね。

藤原:今のデザインをベースに、シーズンごと色とか形とか少しずつアップデートしていっても面白そう。正直、型数や価格などいまいち制服の定義がよく分かってないんです。僕は中学の時に制服がなかったし、高校もほとんど制服を着ていなかったので。

ー私服で登校していたんですね。

藤原:学ラン着用の校則はなんとなくあったんですが、私服登校でも良かったんですよね。ジーンズにシャツを合わせて来る子もいましたし、僕自身も中学と高校では学ランは着ませんでした。

青田:そんな人が学校制服を作ることになるとは(笑)。自分でお願いしておきながらですが、すごく面白いことですよね。

ー自由に着飾ることができる「ファッション」と、個を失くして画一化する「制服」は対極の存在のように思います。

藤原:そんな中でもスカートを短くしたり、「ラルフ ローレン(Ralph Lauren)」のカーディガンを取り入れてみたり、学生たちは縛られた状況の中でもアレンジしようとしますよね。だから、そういう遊べる要素は必要なのかなと思って、シャツを色や柄違いで作ったりチョイスできる選択肢を用意したんです。制服という限られたルールの中で、ギリギリのことをやるのは僕は好きですね。

青田:学校ってどうしても管理される目がありますけど、ヒロシさんが作った制服を自由に組み合わせて着こなしを楽しんでもらえたら。制限がある中でいかに自由を見つけられるかを子供たちに学んで欲しいです。

ー先日のラジオ番組では、制服の製作には苦労したと仰っていましたね。

藤原:最初はジャケットだけあれば良いのかと思ってたんですが、こんなに作るものがあるのかと(笑)。カバンやネクタイ、靴下.....カプセルコレクションかって思うくらい量が多かったです。ポップアップストアできますよ。

青田:確かにできそうですね(笑)。ヒロシさんが制服の写真をインスタグラムに投稿した翌日から、在校生じゃない方からの購入希望の問い合わせが寄せられてるんですよ。子どもたちにはメルカリなどで転売しないよう呼びかけてます。

藤原:売っちゃダメなんですか?

青田:いや、在学中はさすがにダメです(笑)。

次のページは>>ストリートを牽引する藤原ヒロシの学生時代とは?

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング