2019年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion 注目コレクション

"平成最後の東京コレクション"、ジエダが初のファッションショーでレイブカルチャーを現代に

2019年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM

 幾何学的に床に貼られたオレンジと白のテープ。スモークが炊かれ、頭上から青く光るブラックライトと会場に流れる電子音がクラブのような雰囲気を演出する。暗転し、大音量のテクノミュージックが流れ始めたとき"平成最後の東京コレクション"、「ジエダ(JieDa)」のランウェイショーが始まった。

 2007年にスタートしたジエダは、藤田宏行がデザイナーを務めるメンズブランド。ユースカルチャーを背景に独自の世界観を表現し、オリジナリティのあるスタイルを提案している。昨年「TOKYO FASHION AWARD」を受賞したことで、初のランウェイショーの開催が決まった。

 オレンジと白のテープはモデルたちの導線。通常のランウェイとは異なり、ショー中盤から後半にかけてモデルたちが複雑に入り乱れる。アイテムは全てメンズアイテムとしての展開だが、女性のモデルも登場した。1990年代後期から2000年代のレイブカルチャーを現代風にアレンジしたというコレクションでは、トラックスーツやチェックシャツ、フリースのブルゾンなどのアイテムで構成。左右で色の違うセットアップや、上下逆に着用したブルゾン、チェック柄とスエード素材で切り替えたウエスタンシャツなどで二面性を表現した。目を引いたのは、トラックスーツのインナーにロングコートを着用したルック。ベーシックなアイテムを新鮮に見せたスタイリングは高橋ラムダが担当した。

 また、「ディッキーズ(Dickies)」「エレッセ(ellesse)」「フルーツ オブ ザ ルーム(FRUIT OF THE LOOM)」「ワイルドシングス(WILD THINGS)」とのコラボレーションアイテムを発表。アクセサリー類では、パーティーシーンで重宝するボディバッグが多く用いられた。

 ショーの最後、「平成最後の東京コレクション」と背中に特攻服のような刺繍が施されたロングコートを着用した藤田が登場すると共に、2019年秋冬シーズンに向けた東京のファッションウィークが幕を閉じた。

■ジエダ:2019年秋冬コレクション全ルック
■ファッションウィークの最新情報:特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング