JUN INAGAWA
Image by: FASHIONSNAP.COM

Art インタビュー・対談

【インタビュー】"オタクは世界を救う"ストリートシーンで注目を浴びている19歳 JUN INAGAWAの夢

JUN INAGAWA
Image by: FASHIONSNAP.COM

 弱冠19歳で「ディーゼル(DIESEL)」をはじめ、「シュプリーム(Supreme)」や「ヴィーロン(VLONE)」など様々なファッションブランドとタッグを組む気鋭アーティスト JUN INAGAWA。アニメ作品をこよなく愛する彼が生み出す"萌え"とストリートカルチャーを融合させた独自の世界観が国内外で注目を浴びている。自身初の個展「魔法少女DESTROYERS(萌)」開幕前の会場で、創作活動のルーツから将来の夢についてまで、素顔を探った。

夢中になれるものがあれば誰でも"オタク"

―まずは生い立ちからお聞きします。幼少期はどんな子どもだったのでしょうか?

 あまり自分では覚えていないんですが、泣き虫だったとは聞いています。そして頑固で、よく絵を描いていたそうです。

―絵は子どもの頃から好きだったんですね。

 はい。あとは家で漫画を読んだり、アニメばかり観ていて。

―好きなアニメ作品は?

 「シュタインズ・ゲート」が不動の1位ですね。秋葉原を舞台に繰り広げられる絶望と希望を描いた作品です。

―そんなアニメ漬けの生活から、12歳でカルフォルニア州サンディエゴに移住したとのこと。

 父が自動車のデザイナーなんですが、仕事の都合で転勤することになって。でも、アメリカでもアニメはネットで観たりしていましたね。あとはロサンゼルスで開催されている「アニメ・エキスポ」に毎年行ったり。日本のコミケのようなもので、コスプレイヤーやファンが大勢集まるんですよ。

―アメリカもアニメファンが多いようですね。

 日本のアニメがすごく人気でした。向こうだと「魔法少女まどか☆マギカ」のようなダークファンタジーより、「進撃の巨人」や「ワンパンマン」のような悪と正義の戦いが分かりやすい作品の受けがいいみたいです。

―アーティストになろうと思ったのも、アニメ好きが高じてでしょうか。

 はい。作品を通じて興奮したり悲しんだり、感情を揺さぶられたり、すごく感動して。見る側もいいですが、やっぱり伝える側の人間になりたいなと。

―キャリアはいつから?

 漫画家になりたくて本格的に絵を描き始めたのは小学3年生の頃ですが、絵でお金がもらえるようになり始めたのは高校卒業前、17歳の頃だったと思います。 

―絵はどこかで学んだんですか?

 独学です。ツイッターやピクシブとか、ネット上で絵が上手な人の作品を見て学びました。

―どんな人から影響を受けましたか?

 父親も絵を描く仕事なので、影響は受けていますね。あとは「アイシールド21」の作画を手掛ける村田雄介先生の絵がすごく好きで、真似て描いていた時期もありました。他にも好きな作家さんが沢山いるので、それを自分なりに解釈して創作に活かしています。

―フリーで生きていくのは簡単なことではない世界だと思いますが、高校卒業後は進学なども考えましたか?

 美大に行こうかと考えた時期はありましたが、学校に行って同じ先生に絵を習うと、作品まで他の人と同じになってしまうんじゃないかと考えてしまって、進学はしませんでした。

―制作した作品はどうやって発表を?

 インスタグラムです。それを見てくれた人から仕事の話が来るようになって。

―インスタグラムには女の子を題材にした作品を多く投稿していますね。

 もともと、小学生の頃に男子は「ドラゴンボール」とかを見ていましたが、僕は「プリキュア」を見ていたんです。中学2〜3年生の頃には、一時帰国したタイミングで美少女や魔法少女が登場する、いわゆるオタク系の"萌えアニメ"にどっぷりハマって。自分で制作するものも、今回の展覧会でも発表しているような魔法少女を題材にした作品が多いですね。

―なぜ「魔法少女」なのでしょう。

 僕のファンは、オタクの人もいればそうでない人もいます。ファッション業界の方も多いんですね。なのでリボンとスカートを身に着けてスティック持った、誰が見ても分かるような"ザ・魔法少女"を描きたいと思ったんです。沢山のアーティストがいる中で生き残っていくための自分の武器として、魔法少女や美少女といった僕の原点である"萌え"に、スケートやヒップホップ、ロックなどストリートの要素を組み合わせています。

―今の作風はいつ頃に確立したのですか?

 ここ1年くらいですね。以前の絵柄は、今よりも少年漫画に近かったと思います。

―ストリートカルチャーも以前から興味があったのでしょうか。

 引きこもっていた頃、そこから抜け出すために色々な文化に触れてみたんですが、スケートカルチャーやヒップホップのカルチャーにすごくハマって。自分自身はスケボーはやっていないんですけど、スケーターの友達とつるんだりビデオを観るのが好きですね。

―オタクとストリート、共通点はあると思いますか?

 僕の場合だと“アニメオタク”ですが、夢中になれるものがある人は誰でも“オタク”だと思うんですよ。写真を撮ってる人はカメラオタク、映画監督は映画オタク、ファッション業界の人はファッションオタク。スケーターが古いスケート雑誌を集めることも、僕が好きな作品の漫画やグッズを集めることも、好きなものが違うだけでやってることはみんな同じだと思います。

―アーティストとしての初仕事は何でしたか?

 「シュプリーム(Supreme)」のスケーターが手掛ける「パラダイス(Paradis3)」からの依頼ですね。Tシャツのデザインに使うための絵を買い取ってもらいました。

―昨年はエイサップ・バリ(A$AP Bari)が率いる「ヴィーロン(VLONE)」とのコラボレーションで注目を集めました。

 シュプリームと仕事をしたことをきっかけに、ロサンゼルスのストリートシーンでは徐々に名前が知られるようになって、ヴィーロンのグラフィックデザイナーから「JUNの絵が好きだから今度会おう」と連絡が来たんです。会いに行ったらエイサップを紹介したいと言われて。エイサップに絵を見せたら「次のポップアップのヴィジュアルを描いてくれ」と言われて、その場であっという間に決まりました。

―すごいスピード感ですね。

 有名なブランドなので驚きました。今思うと、それをきっかけに日本のファンが増えたような気がします。

―日本のデザイナーやクリエイターの方とも交流はありますか?

 「ユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS)」のディレクターを務める小木"Poggy"基史さんや、「アンダーカバー(UNDERCOVER)」デザイナーの高橋盾さん、グラフィックアーティストのVERDYさんたちと交流があります。

次のページは>>初の個展「魔法少女DESTROYERS(萌)」が開幕、その先に目指すものとは?

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング