冷感ウレタンマスク
冷感ウレタンマスク
Image by: FASHIONSNAP.COM

Lifestyle夏マスク試着レビュー

【夏マスク試着レビュー】vol.8 マミアンの「冷感ウレタンマスク」

冷感ウレタンマスク Image by FASHIONSNAP.COM
冷感ウレタンマスク
Image by: FASHIONSNAP.COM

 アパレル企業が夏でも快適に着用できる夏マスクの販売に続々と乗り出しています。短期連載「夏向けマスク試着レビュー」では、各社のマスクの使用感を20代女性社員Yの視点から徹底レビューします。第8回は「マミアン(mamian)」「立体ウレタンマスク」

— ADの後に記事が続きます —

 マミアンは神戸のシューズメーカーで、立体ウレタンマスクには自社のパンプスで使用する裏材とクッション材を採用。3層構造で、1層目と3層目に接触冷感と抗菌防臭の加工を施した素材、2層目に通気性と伸縮性の高いポリウレタンを用いています。耳にかける紐にはゴムではなく、本体と同様の生地を使用。ブラックとアイボリー、ブラックとライトグレーの2枚セットを用意しており、レギュラーとラージの2サイズ展開となっています。今回は、アイボリーのレギュラーサイズを試してみました。

素材:表面・裏面 ナイロン100%、中面 ポリウレタン100%
サイズ:13cm×15.6cm
価格:税別1600円(2枚入り)

・レビュー方法について

 レビュー方法は、フルメイクをした後にマスクを着用(ベースメイクは下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダー)。8時間マスクを着けて生活し、「快適さ」「フィット感」「ファンデの落ちにくさ」「コスパ」の項目で評価します。

■感想

快適さ        :★★
フィット感      :★★★
ファンデの落ちにくさ :★★

コスパ        :★

 マスクはしっとりとした滑らかな手触りが気持ち良く、紐で耳が痛くなることもありませんでした。立体構造なので顔にもしっかりとフィット。3層構造ということもあり息苦しくならないか心配でしたが、特に気にならなかったです。ただ鼻の部分がぴったりフィットするため、ファンデーションの落ちが若干気になりました

 シンプルなデザインはビジネスシーンにもマッチしそうです。特にアイボリーは真っ白なマスクよりも汚れが目立ちにくいのが好印象でした。価格は1枚あたり800円。洗って繰り返し使用できることも考慮すると妥当なお値段です。

★日本衛生材料工業連合会によると、マスクには適性のサイズがあるそう。顔に合わないマスクでは、花粉や細菌が隙間から侵入する恐れがあります。同協会が推進するマスクサイズの測り方は以下の通り。参考にしてみてください!

■マスクサイズの測り方

・親指と人差し指でL字形を作る。

・L字形にした状態で、耳の付け根の一番高いところに親指の先端を当て、鼻の付け根から1センチ下のところに人差し指の先端を当てる。

・親指から人差し指までの長さを測れば、それがサイズの目安に。
測った長さが、9~11センチ子ども用サイズがおすすめ
       10.5~12.5センチ小さめサイズがおすすめ
       12~14.5センチふつうサイズがおすすめ
       14センチ以上大きめサイズがおすすめ

■冷感ウレタンマスク:販売サイト
問い合わせ先:078-691-9066

■「夏向けマスク試着レビュー」バックナンバー
【vol.1】小松マテーレの「ダントツマスクール」
【vol.2】無印良品の「サッカー織りマスク」
【vol.3】サトーの「ice mask」
【vol.4】ヨネックスの「スポーツフェイスマスク」
【vol.5】青山商事の「抗ウイルス加工マスク・冷涼タイプ」
【vol.6】トゥーアンドフローの「真夏の夏マスク」
【vol.7】ミツフジの「100回洗える夏マスク」

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング