ADVERTISING

「"Nigoのケンゾー"にはしたくない」就任2年目でNigoが語る、新生KENZOとディレクター像

Nigo ケンゾーのアトリエにて

Nigo ケンゾーのアトリエにて

IMAGE by: Koji Hirano(FASHIONSNAP)

Nigo ケンゾーのアトリエにて

Nigo ケンゾーのアトリエにて

IMAGE by: Koji Hirano(FASHIONSNAP)

「"Nigoのケンゾー"にはしたくない」就任2年目でNigoが語る、新生KENZOとディレクター像

Nigo ケンゾーのアトリエにて

Nigo ケンゾーのアトリエにて

IMAGE by: Koji Hirano(FASHIONSNAP)

 「ケンゾー(KENZO)」のアーティスティック・ディレクターに就任してから3回目のショーとなる、2023年秋冬コレクションの前日朝。Nigo(ニゴー)はパリ2区ヴィヴィエンヌ通りに位置するケンゾーのアトリエで、信頼するスタッフとともにキャスティングやコーディネートのチェックを行っていた。実際にショーで使われる何倍もの数の新作アイテムに囲まれ、リラックスしながらも程よい緊張感の漂う現場だ。メディアに見せる姿からポーカーフェイスで知られるNigoは、慌ただしい本番前日においても冷静沈着な姿勢を崩すことはない。

ザ・ビートルズの名盤のように

ADVERTISING

 Nigoはラックにかかった服を手に取りながら、「3回目にしてベスト盤のようなコレクションになりそうです」と語ってくれた。新作のクリエイションの柱になっているのは、60年代のブリティッシュモダン。そこにハンティングなどのカントリー要素や、和服のディテールをマッシュアップし、見事に一つのコレクションにまとめ上げた。コレクションタイトルは、「いろいろ作りすぎて、気がついたら2枚組になっていた」というザ・ビートルズのセルフタイトルアルバム、通称「ホワイトアルバム」にちなんでいる。

 自身が手掛ける音楽や交友関係から、ヒップホップを中心としたアメリカンカルチャーとストリートの印象が強いNigoだが、実は大のイギリス好きでもある。ケンゾーに参画してから月に一週間はパリに滞在する中で、よくロンドンまで足を運びサヴィル・ロウのテーラーを訪れているそうだ。「イギリスの服は他のヨーロッパと異なっていて、日本にも通ずる細やかさや洒落っ気があるところが好きなんです」。

  多大に影響を受けてきたゆえに以前から取り組みたいテーマではあったが、なかなか直接的にフォーカスできる場がなかったという。ケンゾー就任前に始まった、本人名義での「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」とのコラボレーション「LV²(=ルイ・ヴィトン LVスクエアード コレクション)」にてその片鱗を見せたが、今回のコレクションで晴れて真っ向から取り組むことができた。

スコットランドの民族衣装からスポランを再解釈したバッグ

スコットランドの民族衣装からスポランを再解釈したバッグ

ハンターとコラボレーションした新作ブーツ

英国ブランド「ハンター(HUNTER)」とコラボレーションした新作ブーツ

 60年代のモッズ風3つボタンスーツやタータンチェック、アノラックパーカーやトラックスーツなど、英国らしいアイテムが並ぶ一方で、日本特有のディテールも目を引く。羽織や作務衣など、ファーストシーズンから打ち出している和のテイストは、「正直、最初は受け入れられるか懐疑的でした」と振り返るが、蓋を開けてみれば好評で市場の反応もよかった。今シーズンはそれをさらに推し進め、袴や剣道着、刺し子など、自身の記憶とブランドのアーカイヴから引用し、現代に昇華させている。

ケンゾー 2022-23年秋冬コレクション

2022年1月、注目を集めたファーストコレクション

NIGOによる新生「ケンゾー」がデビュー 高田賢三ゆかりの地で"古くて新しい"ワードローブを提案

FASHION注目コレクション

主役は僕ではありません

 Nigoは10年ほど前から茶道や陶芸といった日本文化に情熱を注いでおり、高田賢三が残した資料に潜るたびに、その日本への造詣の深さに驚かされるばかりだそうだ。「賢三さんはルールをきちんと知っていて、そこから崩しているのがよくわかるんです。膝を打つような応用を利かせながら、実はほとんどのコレクションに和のディテールを取り入れていました。そこまでやる日本のデザイナーは他にいない」。

 高田賢三の類稀なアイデアを、現代に蘇らせていくことが自分の使命のひとつだとNigoは語る。「ケンゾーは高田賢三のブランドであって、主役は僕ではありません。賢三さんのデザインが生き続けていくことが重要です。自分の解釈で発表するだけの、"Nigoのケンゾー"にはしたくない」。ゆえに、本人としてはデザイナーやディレクターであるという意識もあまりないという。

 Nigoが実際に肌で感じてきたケンゾーとは主に、DCブームが巻き起こった80年代以降。高田賢三がパリへ渡り、伝説のショップ「ジャングルジャップ」を作った70年代のデザインにはあまり触れてこなかったそうだが、アーカイヴを掘り下げれば掘り下げるほど、その初期の凄みを目の当たりにする。「高橋(盾)くんのアンダーカバー初期のころと似た、攻めに攻めている迫力がある。夢を見つけ、それに向かって進み続けた、色あせないパワーが込められているんです」。

 昨年、東京で開催されたNigoの展覧会のタイトル「未来は過去にある "THE FUTURE IS IN THE PAST"」にも通ずる視点だ。「そもそもアーカイヴはすごいアイデアの宝庫なので、僕からしたら美味しすぎますよ」と頬を緩ませ、無類のヴィンテージ好きとしての一面も覗かせた。

スニーカーは難しい

 もちろん、Nigoの豊富な知識とアイデアも今のケンゾーを作り上げている。取材時にNigoが履いていたスニーカーは今回のコレクションの新作で、実は就任後初めての登場となったアイテムだ。Nigoのキャリアを考えると、3シーズン目にして初めてというのは意外に聞こえるかもしれない。1年以上前から制作を続けていたのだが、満足のいくものが作れなかったと、彼はこぼした。

 「ヨーロッパで革靴はすぐに作れるのですが、スニーカーは難しい。流行りのゴツいソールの“ファッションスニーカー”はできるのですが……僕がそれを作るのは、なんだか嘘を言っているみたいで」。トライアンドエラーを繰り返して、ようやくNigoにとってリアルなスニーカーができた。「何を作っても『Nigoらしいね』と言われる。でも、そうじゃないものを作ってもダメなのかもしれません」。

Nigoが参画してから初登場となったスニーカー

Nigoが参画してから初登場となったスニーカー

 リアルであること。それは自分自身に対しても、そして「リアル トゥ ウェア」を掲げるケンゾーのアティチュードとしても、Nigoが就任当初から変わらず貫いてきたことだ。コレクションを見渡しても、ランウェイで注目を集めるだけの"着られない服"は一つもない。MDの意見を注意深く参考にしながら(自身のブランド「ヒューマンメイド」での経験がここに生きている)、膨大な知識と資料をもとに、ディテールひとつひとつを吟味し、現代のリアリティを作り上げているのだ。「僕にとって、コレクションはデザイナーの作品発表の場ではないんです」と言い、「これが一番正しいやり方だと思っています」と頷く。

 一方で、「僕のようなデザイナーがショー形式で発表することが正しいかどうかは、まだわかっていない」とも話す。リアルに徹し、同じスタンスを保つということは、シーズンごとに劇的な変化が起こるわけではないということ。ハイファッションのショーに求められるダイナミクスや新しさの追求との相性には、確かに疑問符が残らないでもない。「なので、新しい方法は常に模索していますね」と続けた。

ヴァージルがドアを開けたから

 インタビューの途中、ふと中国に話が及ぶと、Nigoはある編集者から聞いたという逸話を披露してくれた。「中国における現代ファッションの原点は、90年代の裏原宿にあるそうなんです。それで僕をリスペクトしてくれる人が多いと聞きました。2021年にリーバイスとコラボレーション(Levi's®︎x NIGO®)をしたのですが、上海では50程度の販売数に対して4000人も並んだらしくて」。海外メディアからは、"ストリートウェアのゴッドファーザー"とも呼ばれるNigoだが、それが誇張でないことを証明するストーリーだ。

 そんなストリートの父は、意外にもラグジュアリーとは接点を持ってこなかった。ルイ・ヴィトンのメンズ アーティスティック・ディレクターを務めていたヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)に誘われたという「LV²」コレクションが、ラグジュアリーブランドとの初めての仕事。「ストリートとラグジュアリーは対極にあるものと認識していたので、LV²が受け入れられるとは思っていませんでした。ラグジュアリーは好きでしたが、買えるだけでよかったんです。しかし、今こうしてモノを作るようになったのは、まだ不思議な感じですね。きっとヴァージルがドアを開けたから、僕は入っていけた」。

 その言葉の通り、2018年にヴァージルがルイ・ヴィトンに抜擢されてから、ファッション業界におけるディレクターという役割は大きく変わった。デザインを描くだけではなく、ブランドと世界を結ぶコミュニケーションをトータルで監修するスキルが求められる。LVMHがNigoをケンゾーに指名した理由も、まさしく彼がその能力に長けているからに違いない。

 ただ、ヴァージルというデザイナーの存在も、彼が師と仰いだNigoなしではありえなかった。そしてルイ・ヴィトンの新たなメンズ クリエイティブ・ディレクターに就任したファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)もまた、Nigoなしに今のキャリアは築けなかっただろう。

 Nigoが生み出すウェアは、現実的(=リアル)でありながら、本物(=リアル)でもある。「今の世の中には"ストリートっぽいもの"が溢れていますよね」と指摘しながら、「でも、段々とみんなの目が肥えてきて、それが本物ではないと気づく時がくるでしょう」と未来を見据える。

 爆発的なエネルギーをもってケンゾーは生まれ変わり、そこにはファッションにおける楽しさが満ちている。「特に若い人に、楽しさを伝えられていれば言うことないですね」とNigo。その服で、その人柄で、いつも周囲を笑顔にしてきた高田賢三イズムは、しかと受け継がれているようだ。

Nigo

自身が手掛けているブランド「ヒューマンメイド」のデニム上下に、「ケンゾー」のネックウォーマーとスニーカーを合わせている。

interview & text: Ko Ueoka
interview & edit: Chiemi Kominato(FASHIONSNAP)
photo: Koji Hirano(FASHIONSNAP)

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

VMD担当

TOYODA TRADING CO.LTD.

VMD担当

月給

35万 〜 45万

詳細を見る

ジャーナル

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

記事を読む

求人

販売職

LARDINI

販売職

月給

24万 〜 30万

詳細を見る

ジャーナル

新生Chloé(クロエ)に注目集まる!ブランドの歴史や求人を紹介

新生Chloé(クロエ)に注目集まる!ブランドの歴史や求人を紹介

記事を読む

ジャーナル

真のサステナビリティへと導く「Shift C」「UPDATER TRACKs」。誕生の背景と目...

真のサステナビリティへと導く「Shift C」「UPDATER TRACKs」。誕生の背景と目...

記事を読む

ジャーナル

約200年間ファッショニスタに支持され続ける理由とは。「Clarks」が紡ぎ続けるブランド価値

約200年間ファッショニスタに支持され続ける理由とは。「Clarks」が紡ぎ続けるブランド価値

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

コラボ

【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

IROHA GRAND HOTEL 【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

Nigo ケンゾーのアトリエにて

IMAGE by: Koji Hirano(FASHIONSNAP)

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント