Lifestyle オフィス訪問レポ

【オフィス訪問レポ】vol.4: ミニシアターが!「アマゾン ジャパン」本社に行ってみた

Image by: FASHIONSNAP

 オフィス訪問レポ第4回は、Amazon.co.jpでおなじみ「アマゾン ジャパン」。今回は受付、会議室、カフェ、そして昨秋オープンしたミニシアターにもお邪魔しました。随所にAmazon!を感じさせる仕掛けが。「基本的にどこで仕事をしてもOK」というアマゾンのオフィスをご紹介!

 

本社はカップル憧れの目黒雅叙園に併設するアルコタワーと、別棟のアルコタワーアネックスに入居。2012年の入居以来、順調に規模を拡大。現在はグループ社員全体でなんと3,000人以上もいるのだとか。

まずはアルコタワーアネックス5階へ。エレベーターの扉はあのダンボールそっくりなデザイン!あの箱開けやすいですよね。

amazon_office_20160118_050.jpg

QRコードは実際に読み込み可能で、アマゾンのHPに飛べる仕様。

amazon_office_20160118_051.jpg

時計もあのダンボール仕様!

amazon_office_20160118_151.jpg

今回オフィスを案内してくれたのは、広報の万波さん。とても親切に対応してくださったジェントルマンです。

amazon_office_20160118_150.jpg

まずは受付から紹介。多くの人が行き交っていてにぎやか。水のせせらぎや鳥のさえずりのBGMがなんとも癒やし。
受付横にはダンボーくんがいましたが、「出演NG」とのこと。代わりにリンクを貼っておきますね

amazon_office_20160118_001.jpg

待合スペースには様々な椅子が。

amazon_office_20160118_003.jpg

デニムの椅子は、座る部分が色落ちしていてエイジングが楽しめるデザイン。

amazon_office_20160118_005.jpg

こちらのソファのブランドは非公開。「残念ですが、オフィスにある全ての家具メーカーは教えられないんです」と万波さん。

amazon_office_20160118_004.jpg

壁際には表彰楯がズラリ。

amazon_office_20160118_006.jpg

「千と千尋の神隠し」の楯。何故に?と思ったら、アマゾンが販売に貢献したことで贈られたそう。

amazon_office_20160118_007.jpg

マイケル・ジャクソンもいました。

amazon_office_20160118_009.jpg

奥の席もしっかり自然感を確保。

amazon_office_20160118_015.jpg

会議室はSouthエリアとNorthエリアの2つ。部屋の名前はAmazonらしく、世界の川の名前に由来しています。

amazon_office_20160118_010.jpg

Southエリアへ。

amazon_office_20160118_032.jpg

今回は南アメリカの「プルス」の部屋を拝見。

amazon_office_20160118_044.jpg

ビタミンカラーのオレンジが、仕事のサプリですね!

amazon_office_20160118_045.jpg

ブラジルの「トカンチンス」の前には謎のアート作品。

amazon_office_20160118_033.jpg

amazon_office_20160118_034.jpg

Northでは「マッケンジー」の部屋へ。

amazon_office_20160118_023.jpg

こちらは、クールダウンできそうなカラーリング。

amazon_office_20160118_018.jpg

部屋の前にはアマゾンにありそうな倉庫の扉が。どこに繋がっているのでしょうか......

amazon_office_20160118_024.jpg

通路には著名人からのサインも飾ってありました。

amazon_office_20160118_037.jpg

AmazonのヘビーユーザーだというDREAMS COME TRUE中村さん。

amazon_office_20160118_047.jpg

10周年を祝う別所哲也さん。

amazon_office_20160118_048.jpg

サイン......かと思いきや、会議室がなかったアマゾン ジャパン創業時にビックワンでミーティングしていた時の領収書だそう。年季が入っています。

amazon_office_20160118_040.jpg

amazon_office_20160118_025.jpg

6階の会議室名は日本の川に由来。

「木曽」や、

「最上」がありました。日本支社ならではですね。

次は社員専用のカフェ「AtoZカフェ」へ。

amazon_office_20160118_054.jpg

次のページは>>オシャレなカフェの中身は?

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング