Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion フォーカス

「パリコレ学」小野寺南友モデルデビューへの挑戦に密着<Part 2:ランウェイ編>

Image by: FASHIONSNAP.COM

 パリのファッションウィーク、通称"パリコレ"は、世界中のファッション関係者やセレブリティがパリの街に集まる一大イベント。モデルにとって世界最高峰とも言える舞台です。現在TBS系列で放送中の「林先生が驚く初耳学!」内のコーナー「パリコレ学」は、アンミカ先生の指導の元、パリコレモデルを育成する企画。FASHIONSNAP.COMでは、見事パリ行きの切符を手にした福岡出身の17歳 小野寺南友(みゆ)さんに密着しました。

パリコレ学とは?
 TBS系列で毎週日曜22時から放送されている「林先生が驚く初耳学!」内の企画。元パリコレモデルのアンミカを講師に迎え、全国300人以上の中から選ばれた歳も経歴も異なる9人のモデルの卵(=学院生)たちがパリコレデビューを目指すオーディション番組。モデルの冨永愛やデザイナーのコシノ・ジュンコ、写真家のレスリー・キーなどが特別講師として番組に参加し、ウォーキングやコンポジット撮影など半年に渡る厳しいレッスンを通じて成長していく様子を描く。3月3日に放送された卒業式の回で小野寺南友のパリコレ行きが決定。翌週10日の放送回ではモデルキャスティングに臨む姿が放送された。
番組公式サイト

 念願のパリ入り後、Part 1でもレポートした通りはじめてのショーキャスティングを終え、その後も複数のブランドでキャスティングを受けた小野寺さん。番組では「10秒もかからず終了」「1往復も出来ず終了」など、厳しい現実に「悔しい」と涙を流す姿も放送されました。

前回のキャスティングの様子

 自信を失いそうになる中、一本の吉報が舞い込んできました。ウクライナ発のブランド「リトコフスカヤ(LITKOVSKAYA)」のショーモデルに受かったという連絡です。

 オフスケジュール”と呼ばれる、パリコレを主催するフランスオートクチュール・プレタポルテ連合協会(通称サンディカ)の公式スケジュールに登録されてない非公式のショーですが、パリで初ランウェイが実現することになりました。

 会場となったウクライナ大使館は、歴史を感じさせるクラシカルな館。その3フロアがランウェイとなっています。階段の上り下りがあるので、初めてのショーとしては難易度が高め。

会場となったウクライナ大使館

 ショーが始まり、次々とモデルが登場します。小野寺さんの番になり、姿勢を崩したり引っ掛けやすい階段も難なくクリア。計2ルックを着用し、ピンヒールのブーツで颯爽と歩き切りました。 

小野寺さんがショーで歩いた2ルック(Image by LITKOVSKAYA)

 終了後のバックステージでは「すごく楽しかったです!」と、少し興奮気味の小野寺さん。

 「出演が決まってからは、ブランドの過去のショーやルックをひたすら見て、ブランドの世界観やイメージを膨らませていきました。ショーではまず転ばないようにということと、下を見ないで前を見ようと目線に気を付けたり。ロングスカートが多い印象だったので手の振りを抑えて、衣装に合わせたウォーキングを心がけました」と振り返ります。

 ブランドの担当者は「今回のコレクションで表現したかったのは、国際的で若くて知的な女性。日本人だとか欧米人だとかは関係なく、歩き方でその雰囲気を感じさせるようなモデルを探していたので、彼女のウォーキングを見て一緒に働きたいと思いました」と、小野寺さんを選んだ理由を話してくれました。

 これでめでたく終了......ではありません。パリコレ学で目指しているのは「パリコレモデル」。あくまで厳しい基準を満たしたトップブランドが名前を連ねる、“公式スケジュール”のショーへの出演が目標です。

 「まだ日本には帰れない」という強い決意の元、小野寺さんの挑戦は続きます。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング