お買いモノ

雨の日もファッションを楽しみたい!モードな梅雨アイテム12選

 雨の日は防水対策を優先し、ファッションを楽しむことを忘れがちになりますよね。気分が下がりがちな梅雨の時期こそお気に入りのレインアイテムをまとえば、毎日のコーディネートが楽しくなるはず。今回は雨の日の必需品レインコート、アウトドアでも活躍しそうなボトムスをご紹介します。雨の日だけでなく普段のコーディネートでも活躍するモードなアイテムをチョイスしたので、心がときめくアイテムをゲットして梅雨をハッピーに乗り切りましょう。

関連記事
雨予報でも気持ちが弾む!おしゃれな足もとで楽しむ梅雨ライフ

— ADの後に記事が続きます —

  夏のムード漂うイエローとグラフィカルなブラックラインが存在感抜群の「プロエンザスクーラー(Proenza Schouler)」トレンチレインコート。普段着を合わせても、コートを羽織るだけでスタイリングが一気にモードにアップデートされるおしゃれアイテム。雨の日こそファッションを楽しんで気分を盛り上げちゃいましょう。

 青空を連想させるブルーカラーのレインコート。ウエストラインとネックラインを絞ることで全体のバランスを引き締めるエレガントなデザインは、野暮ったくなりがちなレインスタイルの強い味方です。涼しげな印象のさりげないカモフラージュプリントで、じめっとした雨のムードを払拭しましょう。

 可憐なムードが漂うピンクとレッドのフラワー刺繍が施された近年トレンドのクリアレインコート。インナーもレッドカラーを合わせればプレイフルな着こなしが実現します。フェミニンなデザインもフードを付けることでカジュアルダウンが叶い、コーディネートにも取り入れやすいアイテムです。

 「ヴェトモン(VETEMENTS)」からはクリアな素材で抜け感がプラスされたスポーティーなレインコート。ユニセックスなデザインなので家族や恋人とシェア使いちゃうのも嬉しいポイント。ブーツでモード感を出すのもよし、スニーカーを合わせればストリートスタイルも楽しめる王道レインコートです。

 イタリアンツイルが使用されたオールブラックのステンカラーレインコートは「ノア NYC(NOAH NYC)」。ブランドらしくスニーカーやキャップを合わせてストリートスタイルをアップデートしてみてはいかが?

 ファーマルなシーンにも馴染む洗練されたチェック柄の「アー・ペー・セー(A.P.C.)」のアイテムはレインコートらしからぬファッション性が魅力的。デニムやブーツを合わせて正統派フレンチカジュアルを楽しめる長く使える逸品です。

 実用性にフォーカスしたデザインが人気の「レインズ(RAINS)」のレインコート。雨が止んでも街に馴染むファッション性も兼ね備えた、クリアなブラウンのコートは北欧ブランドならでは。ベーシックな色合わせはもちろん、同系色のアイテムを合わせてカラーコーディネートも楽しめるアイテムです。

 ストックホルム発のレインコートブランド「ストゥッテルハイム(STUTTERHEIM)」からは防水性抜群のフード付きレインコート。日常使いしやすいシンプルなデザインながら、イエローカラーでカジュアルスタイルのアップデートに一役買ってくれるアイテムです。小雨なら傘をささずともストレスフリーで過ごせる機能性もポイントです。

 カーゴパンツのナイロン素材は一歩間違えれば野暮ったくなりそうな印象ですが、絶妙なワイド感と同系色でさりげなく施されたライニングで見事にモードへ昇華。守りのファッションを選びがちな雨の日の攻めアイテムです。もちろん日常使いにも◎。

 スポーティーな印象の強いトラックパンツを、コーディネートに取り入れやすい華奢なラインのチェック柄でアップデート。機能性も兼ね備えたボトムスは周りと差がつくアウトドアウェアにはもちろん、街にも馴染むカジュアルアイテムです。

 ハイウエストトラックパンツは、光沢のあるポリアミド素材と「アレキサンダーワン (ALEXANDER WANG)」のロゴでエッジをプラス。雨に負けずモードなムードを楽しめるファッショニスタには嬉しいアイテムです。オールブラックコーデはもちろん、白Tシャツを合わせてモノトーンコーデを楽しんでみては?

 サイドボタンがポイント、ナイロン素材のワイドパンツは「アンブッシュ(Ambush)」と「ナイキ(NIKE)」のコラボアイテム。ウエストのレイヤーでスタイルアップ効果も期待できるのがポイント。タイトなトップスを合わせればさらにスタイルアップが実現します。近年トラックパンツがデイリーウェア化している中で、個性が光るアイテムです。

※表示価格は全て各サイトにおける掲載時の販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング