Business すぐわかる

スタートトゥデイ、飛躍の1年 <2017年ハイライト>

(左から)ZOZOSUIT、ZOZOTOWNトップページ、プライベートブランド「ZOZO」ロゴ
(左から)ZOZOSUIT、ZOZOTOWNトップページ、プライベートブランド「ZOZO」ロゴ

 ファッションショッピングサイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイは今年、上場から10年目を迎えた。株価は上昇を続け過去5年で10倍、2007年12月11日の株式公開時に200億円弱だった時価総額は10年で1.1兆円に。出店しているショップ数は1,000店舗を超え、増収増益が続いている。サービスでは11月からゾゾタウンの送料を全国一律200円に設定し、同月には採寸できるボディスーツ「ZOZOSUIT」を発表。間もなくスタートするというプライベートブランド「ゾゾ(ZOZO)」にも期待が高まっている。革新的な取り組みが目立ったスタートトゥデイの2017年の動きを辿る。

 

starttoday_stockprice_2017_.jpg

地固めの上半期(1月〜6月)

 スタートトゥデイの上半期は、新たな試みのための"地固め"的な取り組みが目立った。4月にはサイトを作り直しすためのエンジニアを募集。商品取扱規模の拡大を見込み、2018年秋に向けて物流センター「ゾゾベース(ZOZOBASE)」の大幅拡張に着手した。サービスでは「ZOZOフリマ」を6月30日に終了し、1年半という早期判断で経営の集中を図っている。

■上半期の主な出来事

4月初旬:サイトリニューアルのためエンジニア募集
>>ゾゾが1年後に変わる エンジニア100人体制でゼロからサイトの作り直し(4月7日)

4月19日:ZOZOTOWNで決済サービス「Amazon Pay」をスタート

5月18日:前澤友作代表がニューヨーク時間5月18日夜に開催されたサザビーズ(Sotheby's)のオークションで、アメリカ人の画家ジャン=ミシェル・バスキアの絵画作品を約123億円(1億1,050万ドル)で落札
>>ゾゾタウン前澤代表の美術館、準備着々?バスキア作品を最高額123億円で落札(5月19日)

6月8日:ZOZOTOWN、アパレル業界初の「HDI 五つ星認証」を取得
>>スタートトゥデイ運営「ZOZOTOWN」のカスタマーサポートセンターがアパレル業界初の5つ星獲得(6月8日)

6月12日:有料サービス「即日配送」を刷新
>>ヤマト運輸の「働き方改革」がファッションECに影響 "買ったその日に着る"が難しく?(5月29日)

6月29日:物流センター「ZOZOBASE」の拡張に着手
>>スタートトゥデイ、物流センター「ゾゾベース」を約2倍に拡張(6月29日)

6月30日:「ZOZOフリマ」終了
>>スタートトゥデイ「ZOZOフリマ」が約1年半でサービス終了へ(4月12日)

革新と拡大の下半期(7月〜12月)

 8月1日に時価総額が大台の1兆円を突破。株価は2,000円代後半から3,500円前後の水準に上昇した。

 新しいサービスとしては、10月に通販・EC業界では初の試みとなる送料自由化をゾゾタウンで試験導入。1カ月後の11月からは送料を一律200円に設定している。プライベートブランド「ゾゾ(ZOZO)」の発売に先駆けて11月に発表された「ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)」は、体の寸法を瞬時に採寸できる伸縮センサー内蔵の採寸ボディースーツ。世界中で配布するという規模感とボディデータ活用の可能性が業界にインパクトを与えた。発表2日後の11月24日の株価は、年初来高値3,785円を記録している。

 2018年3月期第2四半期決算は、商品取扱高が1,196億円(前年同期比38.3%増)、売上高が426億円(同35.3%増)、営業利益が138億円(同30.6%増)と増収増益を維持。ヴァシリーの買収やゾゾスーツに関連した企業の子会社化など、事業を拡大している。

■下半期の主な出来事

7月10日:プライベートブランドの人材強化
>>最高年収1,000万円 スタートトゥデイがオリジナルブランド立ち上げで人材募集(7月11日)

8月1日:時価総額が1兆円突破
>>時価総額1兆円にリーチ、ZOZOTOWN運営スタートトゥデイの好調続く(7月31日)
>>ZOZOTOWN運営スタートトゥデイ、時価総額1兆円をスピード突破(8月1日)

8月18日:決済サービス「ツケ払い」利用者100万人突破
>>支払いは2カ月後、ゾゾタウンの「ツケ払い」利用者数が100万人を突破(8月18日)

8月23日:EC業界初「ロッカー受取り」開始
>>ゾゾタウンの商品がロッカーで受け取り可能に、EC業界初(8月23日)

10月1日:ゾゾタウン「送料自由」を試験導入
>>ゾゾタウンの送料が変わる、前澤代表「EC業界初の試みに」(9月27日)
>>ゾゾタウン「送料自由」を試験導入、0円から3000円まで自由に設定(10月1日)

10月31日:前澤代表がバスキア作品を一般公開
>>スタートトゥデイ前澤代表が123億円で落札したバスキア作品を一般公開(10月19日)

10月31日:WEARが1,000万ダウンロード突破

10月中:IQON運営のヴァシリーを買収
>>スタートトゥデイがIQON運営のヴァシリーを買収、完全子会社化(10月19日)

10月31日:ゾゾタウン「送料自由」を終了

11月1日:ゾゾタウン送料を一律200円に統一
>>ゾゾタウンが「送料自由」を終了、11月から一律200円に(10月30日)

11月1日:WEARが5年目突入

11月22日:前澤代表の誕生日にプライベートブランド「ZOZO」発表
>>スタートトゥデイPBの詳細発表、究極のフィット感を追求した"超ベーシックアイテム"展開(10月30日)
>>「服が人に合わせる時代へ」スタートトゥデイの自社ブランド詳細が明日発表(11月21日)
>>スタートトゥデイ自社ブランド「ZOZO」が始動、採寸できるボディスーツ「ZOZOSUIT」を無料配布(11月22日)

11月22日:ニュージーランドのソフトセンサー開発企業StretchSense Limited.とコールオプション契約
>>スタートトゥデイ、採寸用ボディスーツを共同開発したNZ企業の子会社化を視野に(11月22日)

11月24日:スタートトゥデイ株価が年初来高値(3,785円)に

11月27日:タイでファッションECサイト「Pomelo」を運営するPomelo Fashion Pte.Ltdに出資
>>スタートトゥデイ、タイのファッションECサイト運営会社に100万ドルを出資(11月27日)

12月23日:機械学習アルゴリズムや大規模データ解析の開発チームを擁するカラクルを買収
>>スタートトゥデイ、九州工業大学発ベンチャー「カラクル」買収(12月23日)

<2017年注目企業 ハイライト>
アマゾン、ファッション分野強化の1年
ファーストリテイリング、デジタル改革の1年
TOKYO BASE、新たな挑戦の1年

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング