「sulvam」2021年秋冬コレクション
「sulvam」2021年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM(Look:Mika Inoue、Atmosphere:Ippei Saito)

Fashion

「サルバム」4年ぶりの東京ショー、「前を向くことの重要さを若い世代に伝えたい」

「sulvam」2021年秋冬コレクション Image by FASHIONSNAP.COM(Look:Mika Inoue、Atmosphere:Ippei Saito)
「sulvam」2021年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM(Look:Mika Inoue、Atmosphere:Ippei Saito)

 「サルバム(sulvam)」が3月20日、2021-22年秋冬コレクションを渋谷ヒカリエで発表した。1月のパリ・メンズ・ファッション・ウィーク期間中に、デジタルで発表したコレクションのスタイリングを組みなおし、東京では4年ぶりとなるランウェイショーを行った。

— ADの後に記事が続きます —

 デザイナーの藤田哲平が「新たな時代でも、下を向かずに歩いてほしい」という想いを込めたコレクションは、前秋冬に比べて鋭さや装飾的なディテールは控えめだ。

 ヒップホップユニット「クリーピーナッツ(Creepy nuts)」のラップが流れる中、ファーストルックで登場したのは、ドレープをゆったりと取ったシャツにデニムスカート、エンジニアブーツを履いた女性と、デニムのセットアップを着た男性のペア。会場の演出とは相反して、コレクションにはカジュアルでリラックス感のあるムードが漂う。

軽やかさのある、秋冬の「黒」

 "重い"印象を持つ黒を基調にした秋冬のアイテムも、パターンや素材によって軽やかな印象に仕上げている。ウィメンズのコートやスカートは、円を描くポケットや裾のカッティングを施すことで、有機的なデザインに落とし込んだ。シグニチャーであるメンズスーツは、ジャケットの前裾にかけて長くなるデザインや、パネルのような裾のカッティングで動きを出した。どのアイテムも、モデルが歩くたびにさりげなく揺れて、グラフィカルなディテールがさらに際立つ。

「sulvam」2021年秋冬コレクション Image by  FASHIONSNAP.COM(Look:Mika Inoue、Atmosphere:Ippei Saito)
「sulvam」2021年秋冬コレクション Image by  FASHIONSNAP.COM(Look:Mika Inoue、Atmosphere:Ippei Saito)

 デニムやレザー風の光沢をもったアイテムも、特にメンズでバリエーション豊富に登場。デニムとキルティングをドッキングしたアウターや、レザーを幾重にも貼り付けたようなジャケットなどは、手の込んだディテールがユニークだ。

 ウィメンズでは、ニットアイテムが多く登場した。ほどよく身体のシルエットを拾う膝丈のニットワンピースや、チェーンのような模様を編み目で表現したクルーネックのトップスなど、温かみのある素材をモチーフやシルエットで、スマートな印象に仕上げている。

「sulvam」2021年秋冬コレクション Image by FASHIONSNAP.COM(Look:Mika Inoue、Atmosphere:Ippei Saito)
「sulvam」2021年秋冬コレクション Image by FASHIONSNAP.COM(Look:Mika Inoue、Atmosphere:Ippei Saito)

 今季のカラーパレットは、ブラックやホワイト、デニムを軸に、赤を差し色として提案。赤のオールインワンとメンズスーツの2体は、東京でのショーのために追加で製作したものだ。

東京でフィジカルなショーを行った唯一の理由

藤田哲平 Image by FASHIONSNAP.COM(Look:Mika Inoue、Atmosphere:Ippei Saito)
藤田哲平 Image by FASHIONSNAP.COM(Look:Mika Inoue、Atmosphere:Ippei Saito)

 ショーの最後には、藤田が会場中央に登場し、東京でのショーを遂行した理由を、自らの言葉で丁寧に説明。特に「開催を決めた唯一の理由は、次の時代を担う学生や子どもたちに見て欲しかったため。こんな時代でも、前を向いて進むことの重要さを伝えたかった」と語った。(文責:村上杏理)

sulvam 2021年秋冬

全ルックを見る
「sulvam」2021年秋冬コレクション

村上杏理(Anri Murakami)
記者

大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。WWDジャパンやFashion Newsの編集・記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、ファッションビル、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションを軸にライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。

    Pen (ペン) 「特集:ファッションについて語るときにあの人の語ること。」〈2019年9/15号〉 [雑誌]
    編集: Pen編集部
    メーカー: CCCメディアハウス
    発売日: 2019/09/02
    価格: ¥612(2021/03/20現在)

    最新の関連記事

    Realtime

    現在の人気記事

      次の記事を探す

      Ranking Top 10

      アクセスランキング