Fashion インタビュー・対談

【インタビュー】「ファッションはそんなに重要だろうか?」信國太志がデザイナーからテーラーに転身した理由

信國太志
信國太志
Image by: FASHIONSNAP

 「ファッションはそんなに重要だろうか?」――そうSNSで発信したのは、デザイナーの信國太志だ。90年代後半にセントラル・セントマーチン芸術大学(Central Saint Martins)の卒業制作ショーで注目を集め、自身のブランドをスタート。しかし、現在はなぜかモードの本流から距離を置き、テーラーとして職人の道を邁進している。ファッションの本質を日々追求する信國氏が発した言葉は一体何を意味しているのか。

 

進学校を中退し、ファッションの世界へ

―進学校の久留米大学附設 中学校出身。

 生まれは熊本なんですが、育ちは福岡です。転校して友達がいなくなり、鬱っぽくなって気ばらしに何故か勉強しようと思い立ち、小6の夏から塾に行き始めたんです。1日10時間ぐらい勉強しましたね。最初は落ちこぼれだったんですけど、1ヶ月ぐらい続けると福岡で一番の成績になりました。その後全国1位になり、どこの中学校でも受かると言われたんですが、あまり遠くに行くのも親に迷惑をかけるので久留米大学附設に行きました。僕の10いくつくらい上の学年に孫正義さん、1つ下に堀江貴文さんがいましたね。

―ファッションにはいつから興味を持ち始めたんですか?



 中学校3年生からです。それまで寮生活だったんですが、中学校3年の時に退寮して福岡の天神のファッションビルに足を運ぶようになったのがきっかけです。どこにブランドのショップがあるかなど、自分なりのブランドマップみたいなものが頭の中にできていましたね。ただDCブランドなど色々見て回ったんですが、「何かが違うな」と子ども心に感じていて、ある時「マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)」や「ポール スミス(Paul Smith)」などを扱っているセレクトショップに入り、魅了されて思わず買った服が「ナイジェルケーボン(Nigel Cabourn)」でした。自分で最初に買ったデザイナーの服です。

―中学生で「ナイジェルケーボン」は通ですね。

 機能的で本物感があると感じたと同時に、それがものすごくデザイン性の高いものに見えたというか。「ナイジェルケーボン」というブランドについて何も知らなかったのですが、異質なものに見え、惹かれて買いましたね。

―久留米大学附設 高等学校に進学するも中退しています。

 「ナイジェルケーボン」を買ったお店の人が独立する時に、僕も高校を辞めて一緒に「ダイスアンドダイス(Dice&Dice)」というお店を開くことにしたんです。立ち上げ当初はなかなか売れず苦労しましたね。軌道に乗り始めると社長からクレジットカード1枚渡されて、社運をかけられてカリフォルニアに買い付けに行ったりしていました。

―若くして海外でのバイイングを経験されたんですね

 しかしパリのショールームでオーダーするような"バイイング"ではなく、ハーレムのスニーカー屋さんに行ったりといういわゆる"買い付け"で(笑)。いいなと思ったブランドに関しては、とことん調べてアポイントを取りました。日本からは得られる情報がなくても、海外誌などに目を通し気に入ったブランドの会社がサンフランシスコ北部にあるということを突き止めて、突撃訪問したりもしましたね。

―日本で最初に腰履きしたのは信國さんだという噂を聞いたことがあります。

 映画「キッズ(KIDS)」を見てこれだという瞬間を憶えています。ちなみに映画に出る子達とも間近に接していました。その影響もあって確かに日本でまだ誰もしていない時期に腰履きしていましたし、今の前後対称のスケートボードに一番最初に乗ったのも恐らく僕だと思います(笑)。「ワールドインダストリー(World Industries)」というブランドのマイクバレリーモデルを乗っていたら藤原ヒロシさんから「交換して欲しい」と連絡をもらったこともありましたね。

―その後ロサンゼルスに移住しますが、きっかけは?

 買い付けを続けている中で、やはり色々なことをコントロールしないとカリフォルニアのストリートブランドを輸入するのは難しいと考えるようになりました。向こうの人は四季やシーズンの概念がなく年中ショーツですからビジネスになりにくいのです。それこそ自身のブランドを立ち上げるとかしないと自由にできないと思い、ロサンゼルスに行ってパターンカッティングを学べる環境に身を置きました。ダウンタウンにあるメキシコ人が運営している工場で服を作っていたんですが、ハリウッドのブティックにたまたま入った時に、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)の服を見て自分の教養の無さを痛感させられたというか、本当に衝撃を受けましたね。それでロンドンに引っ越すことを決めたんです。セントラル・ セントマーチン美術大学(以下セントマ)に行こうと思ったんですが、試験に落ちてしまい、途方に暮れていたら友達が「ジョン・ガリアーノ」で働いていることを聞きつけ、お願いして働かせてもらえるようになりました。

―ガリアーノでは何やられてたんですか?

 雑務的なことや、肩パット作りなどをしていましたね。

―印象に残っているガリアーノとのエピソードはありますか?

 ショーに花が送られてくるじゃないですか? そこで僕がなんでもない花瓶を買って花を活けたら、彼が僕のところに来て「なんて美しい花瓶なんだ、本当に君が一生懸命やってくれていることに感謝している」と言われました。「それで今後君は何をやりたいの?」と聞かれて、僕は「あなたが通った学校に行ってファッションを学びたい」と言ったら、セントマのアートディレクターに手紙を書いてくれたんです。もちろんそれで受かったということはないんですが、その後もう一度受験して、MAに入学することになりました。

次のページは>>「ファッションはゲーム?」故アレキサンダー・マックイーンが語ったこと

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング