羽根田卓也
羽根田卓也
Image by: FASHIONSNAP

Fashionインタビュー・対談Promotion

羽根田卓也のカヌーという生き様──激流を越えたその先へ with シャネル J12

激流への挑戦 東京五輪から得たものは

 18歳で世界に出て、2008年の北京オリンピック初出場、ロンドンを経て、成果はリオで実を結んだ。当時29歳、カヌー競技者として経験値と体力が噛み合い、脂の乗った時期だ。

「リオ五輪で銅メダルを取った時は、生きてきて何よりも幸せだと思いました。20年間やってきた結果ですから。いくら努力しても、必ずしも実を結ぶわけではないんです。それでも諦めず妥協せず、厳しい道を選んできたから、神様が表彰台に挙げてくれたのでしょう」

 すでに次のオリンピック開催地は東京に決まり、自国開催で盛り上がる周囲の見方もずいぶんと変わったという。

「メダルをきっかけに応援してくれる人が増え、当然プレッシャーもありながら、張り合いがありました。カヌーについてより多くの人に知ってもらう活動と、競技者としてさらにレベルアップしていくことは、相反したりどちらかがネガティブなこととは考えなかったし、むしろそれが僕の競技人生。やはり自分にしかできないことであり、やらなければならないこと。カヌーへの意識を変えたいという、18歳で日本を飛び出した理由と同じです」

 だが東京オリンピックは世界的な未曾有の事態により、1年の延期という思ってもみない開催になった。そんな中で得たものとは何だったのだろう。目を閉じ、深く考え、ゆっくりと答える。

 時には練習時間を割いたり集中できないこともあったが、トレーニングは欠かさずに続け、いつも自分自身の芯となる部分は見失わないように心がけた。それもまた「水の流れを読む」ように。

提供:Takuya haneda
提供:Takuya haneda

「様々なハプニングや逆風が吹きましたが、今回のオリンピックはやはり意味があったと思うんです。誰もが大変な状況で、それでも前向きにならなければいけない中、カヌー競技者として見せることのできた姿や、そこから感じ取ってもらったこともあったと思います。大会を通じて得たのは、応援してくれた方や見てくれた方との絆であり、それはコロナ禍だからこそ生まれたものです」

 そして、競技者としての大きな気づきもあった、と言葉を続ける。

「開催も危ぶまれていた状況の中、スポーツの価値や意義について、自分は競技者として取り戻せたのではないかと思っています。必ずしも記録や競技会ありきではなく、スポーツや選手に求められているもの、それはその姿や生き方、生き様にこそ意味があるのではないか。感動を与えるのは競技成績だけじゃない。このことを改めて強く感じました」

シャネル
J12

ケース:高耐性ブラック セラミック、ステンレススティール
ムーブメント:自動巻き(キャリバー 12.1)
ケースサイズ:38 mm
防水性:200 m
価格:79万2000円(税込)

【次のページは】仏像と機械式時計? 意外な共通点

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング