タオ 2022-23年秋冬コレクション
タオ 2022-23年秋冬コレクション
Image by: tao

Fashion注目コレクション

「タオ」の過剰なテキスタイルミックス 一転して打ち出した"強さ" 22-23AW

 ピュアなタオから強いタオへ—— ブランド名を「トリコ コム デ ギャルソン(tricot COMME des GARÇONS)」から「タオ(tao)」に変更し、2シーズン目となる2022-23年秋冬コレクションが、東京・青山のコム デ ギャルソン本社で発表された。白がメインカラーだった前回から一転し、色や柄、異なるテクスチャーを過剰なまでにミックスする強いスタイルを見せた。

タオ 2022-23年秋冬コレクション Image by tao
タオ 2022-23年秋冬コレクション
Image by: tao
— ADの後に記事が続きます —

 前回と同様、限られた観客を招き小規模で開催されたフロアショーだが、異なるのはそのムード。前回の明るい光の中のショーが昼の演出だったとすれば、今回はシーンが夜に移り変わったかのように、暗転した会場を無数の電球が照らす演出。温かみのある光を頼りに、重厚なスタイルのモデルがゆっくりと歩を進めた。

タオ 2022年春夏コレクション

前回のコレクションは?
トリコ コム デ ギャルソンが「タオ」にブランド名変更 自分らしさを表現する"白"の22年春夏

過剰なテキスタイルミックス

 デザイナーの栗原たおが、素材を起点に製作したという2022-23年秋冬コレクション。「過剰なテキスタイルミックス」とプレスリリースに記されている通り、あらゆる柄や素材を重ねて融合していく手法によって、タオ流の強さを打ち出した。

 ファーストルックは、ギンガムチェックや花柄などのパッチワークスカートに透けるプリントドレスを重ね、さらにケープを羽織ったレイヤードスタイル。続くルックも、パッチワークとレイヤードによって複雑なシルエットを形作っていく。

 プリント柄は、着古したような風合いのレトロなモチーフがどこか懐かしさを感じさせ、裏表で印象が異なるリバーシブルジャケットも。さらに、パッチワークや刺し子をプリントで表現したトロンプルイユ、刺繍に似せた立体的なボタニカル柄のプリントなどが混ざり、繊細なバランスとテクニックが詰め込まれた。

表情豊かなニットとボリュームアウター

 ショーの中盤から存在感を引き立てたのは、山形県のニットウェアブランド「バトナー(Batoner)」との協業によるニット。色はホワイト、アイボリー、ブラックのみだが、異なる編み地のパッチワークや、毛糸のフリンジ、立体的な花が編み込まれたりと様々なテクニックによって、多彩な表情を見せる。また、ニット製の巨大なヘッドピースも視線を集めた。

 後半は、レースを重ねたボアや、ジョーゼットを表地に用いたダウンジャケットといったフェミニンな素材のアウターが重なり、更にボリュームが増していく。足元には「アグ(UGG)」とのコラボブーツを用いて、タフな印象を添えた。

 ショーの後に「アイデンティティをより強くしていきたい」と語った栗原たお。その言葉通り、改名から2シーズン目にしてタオならではの色濃いクリエイティビティが凝縮されたコレクションとなった。

tao 2022年秋冬

全ルックを見る
tao 2022-23年秋冬コレクション

Nuno: Visionary Japanese Textiles
著: Sudo, Reiko
編集: Pollock, Naomi
翻訳: Birnbaum, Alfred
はしがき: Kennedy, Caroline
メーカー: Thames & Hudson
発売日: 2021/12/07
価格: ¥8,159(2022/03/22現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング