2022-23年秋冬コレクション
2022-23年秋冬コレクション
Image by: FASHIOSNAP

Fashion注目コレクション

勇気、抵抗、自由——コム デ ギャルソン22-23年秋冬コレクションのテーマ「黒い薔薇」の意味

 「私にとっての黒い薔薇のダークな美しさは、勇気、抵抗、そして自由を意味します」——川久保玲が手掛ける「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」は「BLACK ROSE」をテーマに、東京・青山の本社で2022-23年秋冬コレクションを発表した。

コム デ ギャルソン 2022年春夏コレクション

前回のコレクションは?
「コム デ ギャルソン」不要なものを取り払った強さ 美しさを問う22年春夏コレクション

2022-23年秋冬コレクション Image by FASHIOSNAP
2022-23年秋冬コレクション
Image by: FASHIOSNAP
— ADの後に記事が続きます —

■クラシックスタイルの破壊的なアレンジ

 黒い薔薇のダークな美しさと、象徴的な意味をコレクションに表現した今シーズン。ファーストルックは、ボリュームのある黒いキルティングのコートドレス。ペプラムの下部分が切り取られ、バルーン状のパーツが露出している。

 続くルックも、ボンディングやフェルトなど張りのある素材を構築的なジャケットやコートに仕立て、シェイプしたウエストやバッスルのシルエット、コルセットやブラカップといったボディコンシャスなディテールが目立つ。断ち切りの脇やアームホールからインナーが突出していたり、腕が極端に長かったりと、クラシックスタイルの破壊的なアレンジはギャルソンならでは。

■蕾や花弁のような有機的なシルエット

 中盤は、ゼブラやペイズリー、草花のモチーフがテキスタイルを飾り、より複雑なパターンとレイヤードに進化していく。膨らんだ蕾のような有機的なシルエットが印象に残った。

 終盤は黒一色の世界。シルキーなテキスタイルを幾重にも重ねて花弁を想起させるドレスなど、立体的なパターンワークが彫刻のようなシルエットを描く。

 安らぎを与えたのはヘッドピース。カラフルなクロシェ編みや、端切れを詰め込んだクラウンが、手の温もりを添えた。

■サロモンとの新作コラボシューズ

 シューズは「サロモン(SALOMON)」とコラボレーション。厚底が特徴のスニーカーを、ホワイトとブラックの2色で展開する。

コム デ ギャルソンがアレンジした「エスラボ パルサー」

関連記事
コム デ ギャルソン×サロモン、新作は「エスラボ パルサー」を厚底にアレンジ

■「勇気、抵抗、自由」黒い薔薇の意味

 ショーの楽曲に使われたのは、アイルランドに伝わる「ロイジン・ダブ」。「可憐な黒い薔薇」を意味する抵抗の歌で、独立を願う愛の歌でもあるという。ショーの後、緊迫するウクライナ情勢との関連を問われた川久保氏は、次のように答えた。

「いつもそういったことは直接的な目的で表現はしません。でも、やはり気持ちの中に入り込んでいたので、(何か関連は)あったかもしれないけれども。黒い薔薇はずっと前から思っていたテーマで、たまたま黒い薔薇がテーマの音楽を聞いたりして、色々なことが一致してできたコレクションです」

全ルックを見る
COMME des GARÇONS 2022-23年秋冬コレクション

オートクチュール
出演: ハイディ・クルム、ティム・ガン、ナオミ・キャンベル、ジョセフ・アルチュザラ、ニコール・リッチー、カリーヌ・ロワトフェルド、キアラ・ファラーニ
監督: ラミー・ロマニー
プロデュース: ハイディ・クルム、ティム・ガン、サラ・レイ、ペイジ・フェルドマン、ジェニファー・ラブ

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング