ADVERTISING

ヴィム・ヴェンダースの朗読とともに、「アンダーカバー」が表現する“日常における非日常”

アンダーカバー 2024年秋冬コレクション

アンダーカバー 2024年秋冬コレクション

IMAGE by: Hiroyuki Ozawa(FASHIONSNAP)

アンダーカバー 2024年秋冬コレクション

アンダーカバー 2024年秋冬コレクション

IMAGE by: Hiroyuki Ozawa(FASHIONSNAP)

ヴィム・ヴェンダースの朗読とともに、「アンダーカバー」が表現する“日常における非日常”

アンダーカバー 2024年秋冬コレクション

アンダーカバー 2024年秋冬コレクション

IMAGE by: Hiroyuki Ozawa(FASHIONSNAP)

 2月28日、「アンダーカバー(UNDERCOVER)」が2024年秋冬ウィメンズコレクションをパリで発表した。

 “ふつう”のキャミソールとデニムをまとった裸足の女性が、あっけらかんとした“ふつう”の体育館の隅から、しとしとと歩を進めてくる。彼女が近づいてくるにつれ、“ふつう”に見えたキャミソールとデニムは、一体化したジャンプスーツのような服であることが明らかになる。

ADVERTISING

Image by UNDERCOVER

Image by UNDERCOVER

 そして、低くしゃがれた男性の声で、ある詩の朗読が始まった。それは夜が明ける前に目を覚まし、法律事務所で働きながら、もうすぐ9歳になる息子を育て、おそらく日々に少し疲れている、40歳のシングルマザーの日常についてだ。彼女を観察するようにシンプルな言葉で構成されたリーディングは無感情に読み上げられ、映画のような情景が脳裏に浮かんでくる。実際、そのあまりに見事な朗読に心を奪われ、服そのものを注視する集中が欠けてしまうほどだった。彼女の所作や心の揺れが、モデルや服に重なって見えたのだ。

 Tシャツ、スウェットウェア、ジャケット、スラックスといった、ありふれたベーシックなものにゆがみを加えていくアンダーカバー。前シーズンはオーガンジーで服をまるっと覆って見せたが、今回の2024年秋冬では“圧着”という技術を取り入れた。ウール、デニム、ビニール、キュプラなど異なる二つの素材を圧着し、大胆にはみ出させるこのデザインアイデアは、計37ルックの全てに通底していた。

Image by Hiroyuki Ozawa(FASHIONSNAP)

Image by Hiroyuki Ozawa(FASHIONSNAP)

Image by Hiroyuki Ozawa(FASHIONSNAP)

Image by Hiroyuki Ozawa(FASHIONSNAP)

Image by Hiroyuki Ozawa(FASHIONSNAP)

Image by Hiroyuki Ozawa(FASHIONSNAP)

 ひらひらと“はみ出した生地”は、詩によって様々なメタファーにもなる。大量生産(繰り返される日常)の際に捨てられてしまう“型の外側”のように見えれば、抑えきれない感情が縫い目から噴き出しているようにも見える。そのドレープは、キッチンの壁にかけられたティータオルのような、日常の密かな美しさを思わせる。

1 / 13

Image by UNDERCOVER

 パリを拠点とする「ブリジット・タナカ(Brigitte Tanaka)」とのコラボレーションによるオーガンジー刺しゅうのバッグは、パンや果物、ワイン、生花を家へと運び、ところどころにプリントされたバラや、豪勢なクラッカーのようなテープは、ある特別な日を祝うようだ。

Imaged by Hiroyuki Ozawa(FASHIONSNAP)

 ショー終了後、その詩を創作し、読み上げたのはヴィム・ヴェンダース(Wim Wenders)だと知らされる。多くの観客が真っ先に思い浮かべたのは、昨年公開された映画「PERFECT DAYS」だった。この映画は、東京・渋谷区にある17の公衆トイレを担当する清掃員、平山の日常を淡々と描いた作品だ(「ロスト・イン・トランスレーション」以来となる、現代の東京の風景を世界に発信することに成功した作品であり、一方で平山や渋谷区が排除してきたホームレスの描かれ方が物議を醸してもいる)。デザイナーの高橋盾は「PERFECT DAYS」に感銘を受け、ヴィム・ヴェンダースに詩の創作を依頼した。ただ、“日常”を描いているのは同じでありながら、平山と詩の中の女性は、ある意味で正反対の境遇にある。社会から距離を置き、自身の殻に閉じこもってひとりの趣味を楽しむ平山とは対照的に、シングルマザーとして子育てをし(息子は混血のため学校で悩みを抱える)、自身のオフィスを持ち、少しの不安とともに慎ましい生活を送る、社会的な責任を負った人物だ。

 子どもを寝かしつけた後、女性はやっと自分の時間を持てる。お気に入りのペンで誰かへの手紙を書き、レイモンド・チャンドラー(Raymond Chandler)などお気に入りのミステリー小説を読みながら、自身も眠りにつく。そうして朗読が終わったが、その後もショーは静寂の中で続いた。スウェットドレスのラストルックがバックステージへと消え去ると、モデル全員が闊歩するフィナーレは省略され、高橋が挨拶に出てきた。

Imaged by Hiroyuki Ozawa(FASHIONSNAP)

 フィナーレがなかったのは、テーマとした日常は、華やかなクライマックスを迎えることなく、また朝を迎え、淡々と続いていくからだろう。詩の中では、「いつも通りに(As always)」という言葉が何度も繰り返されたが、争いの絶えない昨今の世界情勢を鑑みれば、この「いつも通りに」は、はかなげな願いにも聞こえた。ショーを構成するシンプルなエレメント、そのすべてが相乗効果を生み出し、ただ美しいだけではない、示唆に富んだランウェイだった。

UNDERCOVER 2024年秋冬

全ルックを見る

UNDERCOVER 2024年秋冬コレクション

2024 AUTUMN WINTERファッションショー

エディター / ライター / プロデューサー

上岡 巧

KO UEOKA

1993年生まれ、東京出身。早稲田大学社会科学部卒業。メンズファッション誌『Them magazine』編集部を経て、2022年に独立。ロンドン生活の後、現在はパリに拠点を移し、フリーランスとして活動する。

ADVERTISING

SWITCH Vol.41 No.12 特集 すばらしき映画人生! ヴィム・ヴェンダースの世界へ

SWITCH Vol.41 No.12 特集 すばらしき映画人生! ヴィム・ヴェンダースの世界へ

編集: スイッチ・パブリッシング
ブランド: スイッチパブリッシング
メーカー: スイッチ・パブリッシング
発売日: 2023/11/20
価格: ¥1,100(2024/03/02現在)

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

VMD担当

TOYODA TRADING CO.LTD.

VMD担当

月給

35万 〜 45万

詳細を見る

ジャーナル

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

記事を読む

求人

販売職

LARDINI

販売職

月給

24万 〜 30万

詳細を見る

ジャーナル

新生Chloé(クロエ)に注目集まる!ブランドの歴史や求人を紹介

新生Chloé(クロエ)に注目集まる!ブランドの歴史や求人を紹介

記事を読む

ジャーナル

真のサステナビリティへと導く「Shift C」「UPDATER TRACKs」。誕生の背景と目...

真のサステナビリティへと導く「Shift C」「UPDATER TRACKs」。誕生の背景と目...

記事を読む

ジャーナル

約200年間ファッショニスタに支持され続ける理由とは。「Clarks」が紡ぎ続けるブランド価値

約200年間ファッショニスタに支持され続ける理由とは。「Clarks」が紡ぎ続けるブランド価値

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

コラボ

【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

IROHA GRAND HOTEL 【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

アンダーカバー 2024年秋冬コレクション

IMAGE by: Hiroyuki Ozawa(FASHIONSNAP)

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント