デザイナー山縣良和と坂部三樹郎に聞く「ファッションの可能性」

デザイナー山縣良和と坂部三樹郎
デザイナー山縣良和と坂部三樹郎
Image by: Fashionsnap.com

 渋谷パルコのパルコミュージアムで、10月4日からファッションの展覧会「絶命展〜ファッションの秘境」がスタートした。生身の人間が動くマネキンとなり、作品の一部として展示されている特殊な展示形式が特徴だ。出展しているのは、主に無名のデザイナーやクリエイターの若手。「ファッションの生っぽさ」の表現を試みたというデザイナーの山縣良和と坂部三樹郎に、展覧会の意図や、アートとは異なる「ファッションの可能性」について考えを聞いた。

— ADの後に記事が続きます —

 プロデューサーを務める坂部三樹郎と山縣良和は、現役のデザイナーとして活動しながらファッションデザインの学校「ここのがっこう」の講師を務めている。自由なクリエーションを尊重した講義内容で「ここのがっこう」の生徒を、欧州最大のファッションコンテスト「ITS」にグランプリをはじめ数々の受賞者を輩出してきた実績を持つ。2012年11月には、「TRANS ARTS TOKYO」の一環で受講生による作品展示「coco-ten」が開催され、会場となった旧東京電機大学の教室を使って、作家やモデルも作品の一部になったインスタレーション展示も行われている。今回の「絶命展」は、「ここのがっこう」の教室を開講している渋谷パルコの主催により、「coco-ten」を発展させた形で実現したという。

writtenafterwards_orgy_01-.jpg

「TRANS ARTS TOKYO」で発表された「writtenafterwards」の物語の最終章となるインスタレーション


cocoten_1111_016-.jpg

2012年11月に開催された「coco-ten」インスタレーションの一部


cocoten_1111_015-.jpg

2012年11月に開催された「coco-ten」インスタレーションの一部


 「ファッション展示は歴史や技術といった部分でマニアックに見えがちで、その知識を持っていない人にとって分かりにくいものが多かったと思う。だから今回は分かりやすく、『これもファッションなんだ』と思ってもらえるような発表がしたかった」と話す山縣良和。自身が手がけるブランド「writtenafterwards(リトゥンアフターアワーズ)」を通じてファッションのインナーストーリーを掘り下げていく中で、ファッションとアートは共通する部分があるが「今アートで求められていることとファッションとは違う」ということを実感していたという。「日本のファッションの可能性をもっと広げたい」という思いが募り、坂部三樹郎と共に企画したのは「流動的なファッションの展覧会」。人が着用するという用途では服とアート作品は異なるが、今回はファッションを頭で考えるのではなく「生の雰囲気や空気で感じる」という展示を試みる。

zetsumeiten-2013-10-04-20131004_054.jpg

山縣良和は「絶命展」で織り機で使われていた木製の「シャトル」から着想した「スペースシャトル」のオブジェを展示


zetsumeiten-2013-10-04-20131004_022.jpg

中村留津子の展示「さっちゃん」


zetsumeiten-2013-10-04-20131004_019.jpg

Akiko Saitoの展示「Okaasan to Issho」


 「絶命展」は黎明編から復活篇まで一連の変遷を特徴とし、一部の展示内容が入れ替わる前期と後期の間には「死の4日間」を迎える。坂部三樹郎はその意味を、「ファッションは服と人、空間が流動的に動いて変化していく生き物のようなもの。生き物なので、生と死がある。死んでいくけれど蘇るという、新しいものが生まれるための『絶命』にフォーカスした」と説明する。展覧会自体が一度死んだような状態になり、新しい内容で復活するという展示形式によって、コレクションのサイクルや繰り返されるトレンドといった「ファッションの輪廻」を表現。中には服が展示されていないブースもあるが、あえて固定概念を持たない若手のクリエイションを見せることで「服という枠にとらわれず、発想を広げる場になれば」と考える。

zetsumeiten-2013-10-04-20131004_027.jpg

坂部三樹郎「MIKIO SAKABE」テーマは、ファイナルファンタジーから着想したという「セーブポイント」


 次のページは>>「生きているファッション」とは?

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング