取材時、YOSHIは「アクネ ストゥディオズ」のカーディガン、菅田将暉は「ルイ・ヴィトン」2019年秋冬プレコレクションのセットアップを着用。
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion インタビュー・対談

【対談】YOSHI×菅田将暉に聞く、ファッションのはなし

取材時、YOSHIは「アクネ ストゥディオズ」のカーディガン、菅田将暉は「ルイ・ヴィトン」2019年秋冬プレコレクションのセットアップを着用。
Image by: FASHIONSNAP.COM

 

 日本の映画界をリードする俳優 菅田将暉と、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)にフックアップされたことをきっかけにファッション界で一気に注目を浴びた16歳YOSHI。唯一無二のスタイルを持つ両者は、それぞれ俳優や歌手、モデルなどボーダーレスに活躍の場を拡げている。YOSHIの俳優デビュー作でもある9月6日公開の映画「タロウのバカ」(大森立嗣監督)で初共演となった2人に聞く、ファッションのはなし。

— ADの後に記事が続きます —

 

刺激的な出会い

― お二人は「タロウのバカ」の撮影が初対面ですよね。お互いの印象は?

YOSHI 色々と教えてくれるお兄ちゃんであり、純粋に良い友達でもあるという感じ。

菅田将暉 新しい匂いがする人。個人的に好きな匂いで、色々と詰まっている存在で、面白いなあ、と。横柄に言うつもりはないけど、年齢や業界内外問わず、人と会ってそんな風に思うことってそうそう無いんですよ。「こいつ面白いなあ、期待しちゃうなあ」とか。YOSHIはそういうものが全て詰まっている、久々な出会いでした。

― 新しさを感じたのは、どんなところですか?

菅田将暉 会って一発目でタメ口だったこととか(笑)。変な作為的なものはなく、しっくりくるというか。YOSHIは自分を出してくれてるから、僕も開かなきゃなって思った。すごく愛情に溢れたタメ語というのが最初の印象かもしれないですね。











― 今ではプライベートで会って遊ぶこともあるそうですね。

YOSHI 大体ギター弾いてるよね。

菅田将暉 太賀と3人で即興で弾いたり。面白かったね。

YOSHI あの時の歌、名曲だよ。

菅田将暉 YOSHIがどんな曲調でも歌ってくるから面白くて(笑)。目に見えたものを歌ってただけなんだけど。

― 普段は周りの仲間とどんなことをして遊んでいるんですか?

菅田将暉 最近ハマっているのは、昼間に集まってランチをすること(笑)。こういう仕事だからというのもありますけど、20代後半になって昼間から集まることってなかなかなくて。この間はロシア料理を食べに行ったり、美味しいランチを食べてます。

YOSHI 良いねー!俺も今度連れてって。

菅田将暉 うん。YOSHIは最近何して遊ぶの?

YOSHI 最近はゲームセンターで、ずっとハンドルを握ってるよ。

服好き同士、それぞれの夢

― 服好きとしても知られるお二人ですが、ファッションに目覚めたきっかけは?

菅田将暉 15歳くらいかな。「仮面ライダーW」で相方を演じていた(桐山)漣くんが古着好きで、古着屋に連れていってもらってからですね。

YOSHI 僕は小学6年生の頃にミニ四駆で遊んでいたんだけど、それを通じて出会った人が「リック・オウエンス(Rick Owens)」とか「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」とかを着ていて「やべー かっけー」と思って。そこからファッションが好きになって、まず最初に行ったのが、池袋の「ライトオン(Right-on)」ですよ。

菅田将暉 それ何歳の頃?

YOSHI 小学校6年生だから、11〜12歳とか。

菅田将暉 初ライトオンが3〜4年前ってお前若いな(笑)。僕の初ライトオンは十何年前だもんな。

2016年の「オフ-ホワイト」南青山店のグランドオープンの時には店内にいましたよね。「あのおしゃれな男の子は誰だ?」と注目を集めていたのを覚えています。

YOSHI その時は、たまたまお店に行ったらヴァージル・アブローがいて。「オフ-ホワイト」の腰に巻くベルトを首に着けて行ったら、「うわーやばい!」ってヴァージルがその写真をインスタとかにあげてくれた。そこからYOSHIとしての活動が始まってった感じかな。

菅田将暉 やっぱりYOSHIは行動力がすごいよね。僕が会った時にはもう自分の服を自分で手入れしてたり、自分で縫ってたり、装備品が自分のオリジナルになっていて。普通は服が好きだっていっても、有り物の中から探すけど、自ら生み出そうって所に行き着くまでが早い。

YOSHI 俺はデザイナーになりたいからね。

― 菅田さんも服作りが趣味でしたよね?

YOSHI たぶん将暉の方が作ってると思う。俺はデザインしてることの方が多いかな。

菅田将暉 まあ、そうね。僕はミシン好きだからね。

― 作っている服を披露する機会はありそうですか?

菅田将暉 裏方で関わることはあっても、たぶん僕が矢面に立つには時間が足りないと思う。例えば、自分のブランドを持つとかは、たぶん俳優業を辞めなきゃ出来ないですね。でも将来、自分の子どもの服とかは作りたいな。

YOSHI すごくいいね。

― 好きなデザイナーやブランドは?

YOSHI デザイナーだったらエディ・スリマン(Hedi Slimane)が一番好きだな。日本だったら川久保玲、あとはもちろんヴァージルも。

菅田将暉 なんでその人達が好きなの?

YOSHI 単純に自分に合うからとか。今エディは「セリーヌ(CELINE)」をやってるんだけど、あれだけシンプルなのに自分の世界観をちゃんと表現できてるのが素晴らしいなと思う。これはエディの服なんだなって、見たらすぐにわかるし。

菅田将暉 かっこいいよね。

― よく買い物に行くお店は?

菅田将暉 ネットオークションが多くて。単純に分母が多いんだよね。個人で所有してる人もいるけど、お店がオークションをやっていたりもするから、探す手間が省ける。数字さえ見たらサイズもわかるし。

YOSHI 俺もそう!毎月「メルカリ」の後払いに追われてる(笑)。

― スタイルアイコンはいますか?

YOSHI 僕は特にいないですね。ミラノとか、街自体のスタイルに良いなって思うことはあるけど。

菅田将暉 最近は鎮座DOPENESS!鎮座さん大好きなんだよね。

― 影響されてこれ買っちゃった、とかは?

菅田将暉 ロンTを買いました。

― 今年の秋冬に挑戦してみたいファッションスタイルは?

YOSHI 俺はハイブランドをもっと取り入れたい。自分のファッションをもっと綺麗に見せたいんですよね。この前、ファッションショーを見にミラノに行ってそう思うようになった。ミラノの人たちは、着てるアイテム自体は上品なものじゃなくても、彼らの(全体としての)ファッションは上品に見えると言うか。それは値段関係なくですけど。今着てるのは古着が多いけど、秋冬はもうちょっとハイブランドも取り入れつつ、古着もレベルアップさせつつって感じかな。将暉といえば、デニムだよね。

菅田将暉 そうだね。ちょっと前までブーツカットをよく履いていたけど、ヒッピーブームが終わって最近はストレートなシルエットに戻ってきた。基本的にはデニムパンツが好きだから、トップスのサイズ感が時期によって変わるくらいかな。あと最近は、古着屋で見つけた90年代ストリートのアイテムを綺麗に着たい気分。

YOSHI 最近ハマってるものとかあるの?

菅田将暉 少し前にアクセサリーブームが突如終わったんだよね。ネックレスと腕時計はしてたんだけど、それも最近終わって。最近はナップサックが欲しくなってきたくらい。

―ファッションの分野で叶えたい夢はありますか?

YOSHI 俺はパリコレで服を発表したいな。

菅田将暉 いいね!それ見たい。

YOSHI ぜひ。あなた出てよ。

菅田将暉 いいの?じゃあ僕の夢はそれにモデルとして出ることで(笑)。YOSHIが作った服を着てパリを歩くこと(笑)。

YOSHI 適当じゃん!

菅田将暉 でもそういうのじゃないと、(ショーに)出たいとかは思わないかなあ。見たいとは思うんだけどね。そういうのが一番アガるじゃん!

― ではお二人にとってファッションや服はどういう存在・役割ですか?

YOSHI 一日のルーティーン。

菅田将暉 名刺、ですね。

(c)2019映画「タロウのバカ」製作委員会

― 映画の衣裳に役者として意見を出すことは?

菅田将暉 毎回言います。「タロウのバカ」では、纐纈(春樹・衣裳担当)さんがタイダイとか派手なアイテムを集めてくれて。それを見て、金髪にすることを決めました。あとは私服で着けていたネックレスがあって、それに似たものを用意してもらいましたね。

YOSHI 僕も今回が初めての映画だけど、言いました。最初にタロウのコンセプトを見て、彼はお母さんの服を着てるでしょって理解して。自分でスタイリングもしたり。ただ、シースルーの衣装もあったりで撮影中は寒かった(笑)。

― それぞれが思う映画の見どころについて教えてください。

菅田将暉 「タロウのバカ」は、いま必要な作品だと思っています。名前のないものに「タロウ」と勝手につけて。そのタロウが「好きってなに?」「生きるってなに?」とか、わからないことを真っ直ぐに聞いてくるんですね。でも、僕も含めてみんなパッと答えられないと思うんですよ。それって良いのかな?なんて考えたり。スクリーンから伝わってくるノイズとか、身体にガッとくるものを感じてほしいですね。

YOSHI 僕は今、世の中が欲を忘れちゃってると思っているんです。マンネリ化してるし、勢いがない。だから「タロウのバカ」は、何も考えずに身体で感じてほしいですね。すごく勢いがあって、タロウもエージもスギオも、人間の欲のままに動かされているので。僕はキャリアがまだ全然ないですけど、こういう作品は映画業界にとってもすごくフレッシュだと思います。

菅田将暉 旋風を巻き起こして!

YOSHI 巻き起こすよ!

(聞き手:谷桃子)

■タロウのバカ
【あらすじ】主人公の少年タロウには名前がない。戸籍すらなく、一度も学校に通ったことがない。そんな"何者でもない"タロウには、エージ、スギオという高校生の仲間がいる。エージ、スギオはそれぞれやるせない悩みを抱えているが、なぜかタロウとつるんでいるときは心を解き放たれる。大きな川が流れ、頭上を高速道路が走り、空虚なほどだだっ広い町を、3人はあてどなく走り回り、その奔放な日々に自由を感じている。しかし、偶然にも一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、彼らはそれまで目を背けていた過酷な現実に向き合うこととなる...。

監督・脚本・編集:大森立嗣
出演:YOSHI、菅田将暉、仲野太賀、奥野瑛太、豊田エリー、植田紗々、國村隼
配給:東京テアトル
(c)2019映画「タロウのバカ」製作委員会
9月6日(金)より、テアトル新宿ほか全国ロードショー

公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング