ブランド

POLO RALPH LAUREN

ポロ ラルフローレン

POLO RALPH LAUREN

「ポロ ラルフ ローレン」とは?——アメトラを象徴するブランドの歴史を紐解く

1967年、ラルフ・ローレンが「ポロ」というブランド名でネクタイを売り出したのが始まり。翌年、メンズブランド「ポロ ラルフ ローレン」を始動し、ビジネスを拡大。東海岸のアイビーリーグのカジュアルスタイルと、上品な英国流のスタイルの双方を融合させたコレクションが特徴。ポニーロゴがアイコンのポロシャツを筆頭に、アメリカン・トラディショナル・スタイルを象徴するブランドとして知られる。

現在はウィメンズとメンズ、キッズのアパレルやアクセサリー、時計などワードローブを幅広く展開。2015年、「ポロ バイ ラルフ ローレン」の表記だったメンズ&キッズのラインと、「ブルー レーベル」のウィメンズラインだった「ラルフ ローレン」を「ポロ ラルフ ローレン」に集約した。2006年のウィンブルドン、2008年の北京オリンピック以降の米国公式五輪ユニフォームを手がけた。なお、2020東京オリンピックのアメリカチーム公式ウエアは、姉妹ブランドの「ラルフ ローレン」が手がけている。

Profile

プロフィール

Ralph Laurenラルフ・ローレンデザイナー

 本名ラルフ・ルーベン・リフシッツ。1939年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。独学でファッションを学び、ブルックス・ブラザーズで働く。1967年、「ポロ」のブランドネームでネクタイを売り出す。翌年、スーツやドレスシャツといったメンズのフル・コレクションを発表。イギリスとアメリカの上流階級のファッションをミックスしたスタイルが瞬く間にヒットを飛ばし、アメリカを代表するライフスタイルブランドに成長させた。デザイン監修のみならず、マーケティングやブランディングなどビジネス面での才能も発揮。ブランドは定番の「ポロ ラルフ ローレン」のほかにも、イタリア製のメンズ最上級ライン「ラルフ ローレン パープル レーベル」、ウィメンズ最上級ライン「ラルフ ローレン コレクション」など幅広く展開している。1986年にアメリカ人デザイナーとして初めてパリに路面店をオープンしたほか、アメリカファッション協議会(COUNCIL OF FASHION DESIGNERS OF AMERICA)からウィメンズウエア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー、メンズウエア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。2019年にはこれまでの功績を讃えられ、米国人デザイナーで初めて英国の名誉最優秀英帝国勲章KBEを受章した。

    - CHARACTERISTIC ITEM -

    代表アイテムは、乗馬競技のポニーが刺繍された彩り豊かなポロシャツ

     「ポロ ラルフ ローレン」を象徴するアイテムはポロシャツ。ポロ競技のポニーロゴを刺繍したカラーバリエーション豊富な半袖コットンシャツは、アメリカンスタイルの代表的存在。2019年には、環境に配慮したサステナブルなポロシャツ「アース ポロ」を販売開始。緑のポニーロゴがアイコンで、プラスチックボトルの糸を使用しており、水を使用しないウォーターレス処理で染色を行なっている。

    Earth Polo Image by Ralph Lauren
    Earth Polo Image by Ralph Lauren

    - ICON -

    「世界で最もおしゃれなベア」と称されるポロベア

     ポニーロゴに次いでアイコニックな存在なのが「ポロベア」。ラルフ・ローレンの実弟でメンズのクリエイティブディレクターを努めるジェリー・ローレンが熱心なシュタイフベアのコレクターで、彼が同僚からプレゼントされたテディベアが誕生のきっかけだった。1991年にシュタイフ社と共同製作したテディベアの「プレッピーベア」を限定200個、翌年に星条旗のセーターを着た「ポロベア」を手編みしたセーターを販売したところ、即完売。以来、Tシャツからドレスシャツまで、さまざまなアイテムに登場する人気アイコンになっている。カニエ・ウエストが赤い「ポロベア」のセーターを着てデビューアルバム「カレッジ・ドロップアウト」のカバーを飾ったり、米メジャーリーグベースボール(MLB)とのカプセルコレクションにも登場したりと、話題を集めた。

    ポロベア Image by FASHIONSNAP
    ポロベア Image by FASHIONSNAP

    - MAIN SHOP -

    日本で「ポロ ラルフ ローレン」の世界観を堪能できるのは、表参道の旗艦店

     東京・表参道沿いの「ラルフ ローレン 表参道」は日本の旗艦店。カフェ「ラルフズ コーヒー」の日本一号店や、国内では唯一のカスタマイズサービス「CYOカスタムショップ(Create Your Own Custom Shop)」を併設。メンズ、ウィメンズ、キッズのポロシャツやオックスフォードシャツを、刺繍やモノグラム、パッチなどで自分好みにカスタムすることができる。

    Image by FASHIONSNAP
    Image by FASHIONSNAP

    主要年表

    【2021年】
    ラルフ ローレンの期間限定ストアが銀座にオープン
    ウォルター・ホフマンの個人アーカイヴにインスパイアされた「ホフマン コレクション(The Hoffman Collection)」を発売。
    MLBコラボレーションコレクションを発表。

    【2020年】

    シャツの残布を使用したオリジナルマスクを発売
    名古屋に新店舗オープン。東海エリア初のラルフズ コーヒー併設。
    ルミネ新宿に初出店
    「カジノ」アイテムを復刻、数量限定発売。
    スケボー四十住さくら選手がスペシャルサポーターに就任

    【2019年】
    「CYOカスタムショップ(Create Your Own Custom Shop)」のポップアップを開催
    「ポロ スポーツ コレクション(Polo Sport Collection)」を復活させた限定コレクション
    京都バルに出店。関西エリア初のラルフズ コーヒー併設。
    サステナブル素材の「アース ポロ」を発売。

    【2018年】
    "ポロベア"ウィメンズ2019年春夏コレクションでウォレットが初登場
    「ラルフ ローレン 表参道」リニューアル。ポロシャツなどがカスタム可能に。
    「パレス スケートボード(PALACE SKATEBOARDS)」とコラボレーション
    50周年記念イベントをNYセントラルパークで開催
    90年代のスポーツウェアシリーズを復刻
    平昌五輪の米国代表ユニフォームを制作

    【2017年】
    ランドセルが初登場
    国内出店を加速。1ヶ月で4店舗をオープン
    ニューヨーク・5番外の「ポロ」閉店

    【2016年】
    リオ五輪の米国代表ユニフォームを制作
    大阪の「エキスポシティ」に国内最大フラッグシップを出店

    【2015年】
    「ラルフ ローレン 表参道」が4年連続で東日本大震災の復興支援

    【2014年】
    初の旗艦店をニューヨーク・5番街にオープン
    ニューヨークコレクションで4Dファッションショーを開催。

    【2013年】
    国内初の旗艦店を名古屋にオープン

    【2008年】
    北京五輪の米国代表ユニフォームを制作

    【2006年】
    ウィンブルドンの米国代表ユニフォームを制作。

    【2003年】
    カスタムサービス「CYOカスタムショップ(Create Your Own Custom Shop)」が始動。

    【1997年】
    「ポロ ラルフ ローレン」の売上高が10億ドルを達成し、ニューヨーク株式市場に上場。

    【1991年】
    "ポロベア"が誕生。

    【1986年】
    ニューヨークに初の旗艦店をオープン。

    【1972年】
    ポロシャツを発売。

    【1971年】
    カリフォルニアに初の路面店をオープン。

    【1970年】
    米ブルーミングデールズに初出店。

    【1968年】
    メンズのフルコレクションを発表。

    【1967年】
    ラルフ・ローレンがネクタイブランド「ポロ」を発売。

    News

    POLO RALPH LAURENに関連するニュース

    ポロ クロス マスク イメージヴィジュアル

    ポロ ラルフ ローレンがオリジナルマスク製作、シャツの残布を使用

     「ポロ ラルフ ローレン(Polo Ralph Lauren)」がオリジナルマスクを製作した。価格は未定で、発売時期は10月以降を予定している。 マスクは、アーカイヴのシャツの残布で製作した「ポロ クロス マスク」と、4層のろ過構造を備えたフィルターマスクの2種類を展開。ポロ クロス マスクはストライプやチェック柄、無地のデザインなど計12種類を用意し、マスク上部には成形可能なノーズブリッジを備える。約20回洗濯が可能で、マスクと同素材の専用ケースが付属する。フィルターマスクは、粒子ろ過率を最大限に高める独自の微細フィルターを搭載するなど機能性を追求。マスクケースが付属し、カラーはブラックとカレッジネイビーの2色をラインナップする。  なお、マスクの売上の一部は「WHO...

    Fashion /

    Inside

    POLO RALPH LAURENに関連する特集・連載

    【ホームスナップ】家で何着てる?みんなから届いた #家スナ VOL.3

       新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、FASHIONSNAP.COMのスナップページはストリートから家へ。愛着のある部屋着から、在宅勤務コーデ、こんな時だからこそ気分を上げる服まで...家で過ごす皆さんから届いた「ホームスナップ」を紹介します。 【連載】・みんなから届いた #家スナ VOL.1・みんなから届いた #家スナ VOL.2

    Fashion /

    【連載】服とあの子のはなし -ポロベアガールのたいせつなもの-

     お馴染みのファッションアイテムを身につけた、街ゆくあの子。連載「服とあの子のはなし」では、"ブランドと女の子"にズームイン!eryのイラストと伊藤紺による妄想ストーリーをお届けします。第22回は「ポロ ラルフ ローレン(Polo Ralph Lauren)」のポロベアニット。

    Fashion /

    世界で一つの"ポロベア"アイテムが作れる「ラルフ ローレン」のカスタムショップを体験してみた

     "世界で最もお洒落なベア"といえば?ーーそれは「ラルフ ローレン(Ralph Lauren)」のアイコンとして親しまれている「ポロベア」です。宇宙服からタキシードまで着こなしてしまうダンディでキュートな姿は、男性にも女性にも幅広い年代から人気なのだそう。日本国内では唯一、「ラルフ ローレン 表参道」で"自分だけ"のポロベアアイテムが制作できるとのことで、FASHIONSNAP.COMの記者Tが体験してきました。

    Fashion /

    知的な大人の女性へーー "フィービーロス"に贈る15ブランド

     2018年、多くの女性から支持を得ていたフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)がファッションの第一線から退いた。「セリーヌ(CÉLINE)」で提案したエフォートレスで知的、クリーン、ミニマルといった女性像は、新しい"フェミニニティ"として支持を得て、一つのスタイルを作ったと言える。彼女のファン達はこれから、何を着ればいいのか?"フィービーロス"という言葉も生まれた今、3つの視点からネクストフィービーになり得る15ブランドをピックアップ。新たな女性像を作るデザイナー達のクリエイションにフォーカスする。 

    Fashion /

    Collection

    POLO RALPH LAURENに関連するコレクション

    Post

    POLO RALPH LAURENに関連するポスト

    Street Style

    POLO RALPH LAURENに関連するスナップ

    Ranking Top 10

    アクセスランキング