Fashion今日の1番さん

『今日の1番さん:セシルマクビー編』 渋谷109店の閉店を見守ったファン歴30年の女性にインタビュー

 話題のスポットで1番〇〇した人に話を聞く「今日の1番さん」。今回は、「セシルマクビー(CECIL McBEE)」編。「ギャルブランドの王道」として1990年代から2000年代のギャルファッションブームを牽引した同ブランドが11月30日の営業をもって渋谷109店を閉店し、店舗事業から撤退しました。21日から開始した閉店イベントでは、ファンが思い出を書き込むメッセージボードや、これまで発行したムック本の展示スペースを設置。30日には歴代のスタッフや顧客が集まり、約33年にわたって運営したブランドの最後の瞬間を見守りました。営業終了の"1番最後"まで閉店を惜しんだ顧客の中から取材に応じてくれた女性に話を聞きました。

関連記事
「セシルマクビー」が年内で全店舗閉鎖、ライセンス事業として継続へ

— ADの後に記事が続きます —

1番さん:女性

—初めてセシルマクビーの店舗に来たのはいつですか?

 30年前くらいのオープン当初です。友達から渋谷109に人気ブランドがオープンしたと聞いて来ました。

—初めて来店した時はどういった印象を受けましたか?

 服のデザインや、店舗の雰囲気から凄くワクワクする店舗だなと感じました。当時は私もギャルだったので、凄く気に入って。「セシルを着ている」ということをアピールするためにロゴ入りのアイテムをよく買い込みました。セシルでは店員さんがコーディネート全体を提案してくれるので「セシルさえ着ていれば安心」といった感じで、それからは他のブランドで買い物できないぐらいにハマっています。

セシルマクビーを知る前はどういったブランドを買っていたんですか?

 特定のブランドで服を購入するというよりは、雑誌を見て可愛いと思ったもので適当にコーディネートしていましたね。

—よく読んでいた雑誌は?

 当時は「キャンキャン(CanCam)」を好んで読んでいました。セシルマクビーはキャンキャンによく載っていたので、雑誌を見て買いに来ることが多かったです。

関連記事
安達祐実が「キャンキャン」史上最年長38歳で表紙に起用、アンチエイジング術などを公開

セシルマクビー 渋谷109店
セシルマクビー 渋谷109店

セシルマクビーの魅力は?

 体のラインが綺麗に見えるところ。私たちは「セシルマジック」と呼んでいるんですが、体型を誤魔化しながら綺麗に見せてくれるんです。なので、ハマってから今までセシルしか着ていないといっても過言ではないぐらい。他のブランドで可愛いと思うコーディネートを見つけたら、写真を撮ってセシルのスタッフさんに似たようなコーディネートを考えてもらったり。1人だと何をどう組み合わせて良いかわからないんですが、スタッフさんに選んでもらうと凄く可愛くてキラキラして見えるんです。

—これまでどれぐらい購入してきたんですか?

 想像できないぐらい買っていますね。今回の閉店イベントの期間中だけでも段ボール10箱分ぐらい買っています。すでに家に6箱届いているんですが、まだ送っていないものが5〜6箱程度あると言っていました。

—買い物に訪れるペースは

 隔週ぐらいですかね。ネイルをするにしても、ショッピングをするにしてもとりあえず渋谷に行くことが多いので、渋谷に来たら必ずセシルに寄っていました。担当してくださるスタッフさんは私の好みも、持っている服も把握しているので提案してくれるものはどれも凄く可愛くて。月に20万円ぐらいはセシルで買い物をしていたので総額だと凄い額になるんじゃないかな。

—月20万円を約30年。かなりの額になっていそうです。

 はい。緊急事態宣言の期間中でセシルに来れなかったときは、「なんでこんなにお金が貯まってるんだろう」という感じでしたから(笑)。

—今後買うブランドは決めていますか?

 いえ。今後どうしたらいいんだろうって不安ですよ。セシルは本当に信頼できるお店だったので。どのスタッフさんも真剣に考えてコーディネートしてくれるし、スタッフさんそれぞれの個性でポリシーを持っておすすめしてくれるので安心できる。だからとても楽しいし、店舗の雰囲気を感じるだけでアミューズメントにいるような気分なんです。選んでもらった服を着て店舗へ訪れるのが一つの楽しみだったし、そういった生活を30年ずっとしてきたので、しばらくは「セシルロス」で家から出ないかもしれないです(笑)。

—1番印象に残っている思い出を教えてください。

 思い出はいっぱいあります。横浜に仲の良いスタッフさんがいたので、たくさん買い込んでセシルのショッパーを両肩に背負って帰りの電車に乗ったら、ブランド関係者の人から「お疲れ様です。これから渋谷に搬入ですか?」と従業員と間違えて声をかけられたこともありました(笑)。他にもバイトの子が正社員になったり、店長になったりスタッフが育っていく姿を何人も見てきて、その度に一緒に喜んでいたのも良い思い出です。

—最後にセシルマクビーに向けて一言お願いします。

 私の欲しいを叶えてくれるお店で、私の人生のパートナーです。昔はスーツも扱っていたので、卒業式や入社式で着るスーツから遊びに行くための服まで、何から何まで全部セシルで、困ったらセシルに行けばなんとかしてくれる、そういう安心できる存在でした。皆さん本当にありがとうございました。

記念撮影をするスタッフたち
記念撮影をするスタッフたち
ユニクロ  ジル・サンダー

前回の1番さん
『ユニクロ「+J」編』 グローバル旗艦店に朝4時から並んだ3人組は何を買った?

「今日の1番さん」-人気ページTOP5-
【1】『ユニクロ「+J」編』 朝4時から並んだ3人組は何を買った?(2020年11月13日)
【2】『プラダ×アディダス編』約40万円の買い物に何時から並んだ?(2019年12月04日)
【3】『今日の1番さん:ルイ・ヴィトン×NIGO®編』表参道店では何が売られていた?(2020年06月26日)
【4】『日本橋三越本店ロレックス編』リフレッシュオープン日に人気モデルは買えるのか?(2019年04月26日)
【5】『ナイキ×コム デ ギャルソン編』行列の最後に並んでいたギャルソン好きの女性にインタビュー(2020年10月31日)

連載「今日の1番さん」一覧ページ

CanCam (キャンキャン) 2021年 1月号 [雑誌]
編集: CanCam編集部
メーカー: 小学館
発売日: 2020/11/19
価格: ¥600(2020/12/01現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング