Time Tunnnel 03June(2020)
Time Tunnnel 03June(2020)
Image by: 柿本ケンサク

Art

ユニクロや任天堂の作品手掛ける柿本ケンサクが代官山で展覧会、AIが現像した風景写真を展示

Time Tunnnel 03June(2020) Image by 柿本ケンサク
Time Tunnnel 03June(2020)
Image by: 柿本ケンサク

 映像作家で写真家の柿本ケンサクによる展覧会「TRANSFORMATION」が、代官山ヒルサイドテラスのヒルサイドフォーラムで開催される。会期は2021年1月9日から24日まで。同期間でWEB上のバーチャルミュージアム「gallery ON THE HILL」でも公開される。

— ADの後に記事が続きます —

 柿本は演出家、映像作家、監督として映画やコマーシャルフィルム、ミュージックビデオを中心に多くの映像作品を発表。目には見えない被写体の体温や熱量、気温、時間などに着目し、作品を通して視覚化に取り組んでいる。これまでに「ユニクロ(UNIQLO)」「アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)」「ポーラ(POLA)」をはじめ、グーグル(Google)や任天堂、トヨタ自動車(TOYOTA)など様々な企業のCM制作を担当。2021年には、自身が監督を務めた映画「恋する寄生虫」の公開を控えている。

 展覧会では、オーストラリアのサイエンスアートチーム「Alt.vfx」のルーク・バブ(Luke Bubb)とピョートル・ストプニアック(Piotr Stopniak)と協業し、柿本がコロナ禍前に撮影した風景写真とテキストなどをAIによって再現像した新作「Time Tunnel」を初公開。このほか、日常を高解像度で切り取る新シリーズ「Trimming」や、2016年に東京で発表した「TRANSLATOR」シリーズの最新作を展示する。

ヴィジュアルを柿本ケンサクが撮影
「glamb」と金子ノブアキによるコラボ第2弾、東京の姿を表現したアイテムを製作

■「TRANSFORMATION」by KENSAKU KAKIMOTO
会期:2021年1月9日(土)〜1月24日(日)※無休
営業時間:11:00〜19:00※最終日は17時まで
会場:代官山ヒルサイドテラス ヒルサイドフォーラム
住所:東京都渋谷区猿楽町18-8 F棟 1階
入場料:無料
バーチャルミュージアム:gallery ON THE HILL

TRANSLATOR
著: 柿本ケンサク、Kensaku Kakimoto
イラスト: 柿本ケンサク
メーカー: 株式会社コネクション、一般社団法人オンザヒル
価格: ¥7,700(2020/12/24現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング