Business

上場アパレル企業12月の月次売上、19社が前年割れ コロナ第3波が年末商戦に影響

集計対象企業一覧(24社) Image by 帝国データバンク
集計対象企業一覧(24社)
Image by: 帝国データバンク

 帝国データバンクが、アパレル上場企業(または上場グループ中核企業)24社の2020年12月の月次売上高調査結果を発表した。西松屋チェーン、ワークマン、TOKYO BASE、しまむら、ファーストリテイリングの5社を除く19社が、前年同月の売上高を下回った。コックスは9月から11月まで前年同月を上回っていたが、12月は減少に転じた。

— ADの後に記事が続きます —

 帝国データバンクによると12月後半は気温が低下したため、アウターなどの冬物商品が好調となった側面もあったが、新型コロナウイルスの第3波による外出自粛が年末商戦の売り上げに影響した。前年同月を下回った19社のうち、TSIホールディングス、ワールド、はるやまホールディングス、マックハウス、三陽商会、ナルミヤ・インターナショナルの6社は、アウターの売れ行きやECでの販売などが好調だったことで前月から減少幅が縮小。コックスは、既存店ベースで客数が8.5%減少するなど外出自粛の影響を大きく受けたという。

百貨店 過去最大減 売上

関連記事
2020年百貨店売上高、新型コロナで過去最大の減少幅 雑貨や衣料品販売が低迷

わが社が株式上場するときの基準がわかる本 (中経出版)
著: 新日本有限責任監査法人事業開発部
メーカー: KADOKAWA
発売日: 2015/02/20
価格: ¥2,376(2021/01/22現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング