ユサール
ユサール
Image by: 半・分解展

Fashion

200年前の衣服を半分にした「半・分解展」開催、再現サンプルが試着可能

ユサール Image by 半・分解展
ユサール
Image by: 半・分解展

 衣服標本家の長谷川彰良による展覧会「半・分解展」が、渋谷のギャラリー大和田で開催される。会期は4月13日から26日まで。東京での開催は約3年ぶりとなる。入場料は当日券が3500円、前売り券が2300円、中学生以下は無料。前売り券は公式サイトで販売している。

関連記事
「表面からは見えない感動を伝えたい」モデリスト長谷川彰良が服を"半・分解"にする理由

— ADの後に記事が続きます —

 同展では「フランス革命の紳士服」「ヴィクトリアンの婦人服」「軍服の造形美」の3つをテーマに、フランス革命から第二次世界大戦までの服を半分に分解した「衣服標本」を展示。直接展示物に触れることで、100〜200年前の服の内部構造やパターン設計、時代背景を知ることができるという。今回は、ニューヨークのメトロポリタン美術館が所蔵するアメリカ南北戦争時のニューヨーク州民兵第7連隊「シルクストッキング」の歩兵隊が着たコートや、ヴィクトリア時代の上流階級の女性が着用した羽織り「ヴィジット」、フランス革命後の貴族が着た過剰造形の衣服「Mノッチ」など約70点を公開する。このほか、分解したパーツからパターンを抜き取って制作した「試着サンプル」を紹介。全て実際に着ることができる。

■半・分解展
入場料:前売り2300円/当日3500円
再入場無料、中学生以下無料
会場:ギャラリー大和田
住所:東京都渋谷区桜丘町23-21 2階
会期:2021年4月13日(火)〜4月26日(月)
時間:13:00〜20:50(初日 17:00〜20:50、最終日 13:00〜17:00、21日と22日のみ19:50閉場)

公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング