「WearableMusk(着るマスク)」(税込5489円)
「WearableMusk(着るマスク)」(税込5489円)
Image by: AOKI

Business

AOKIがパジャマスーツシリーズ拡充 マスクにもなるパーカ「着るマスク」も登場

「WearableMusk(着るマスク)」(税込5489円) Image by AOKI
「WearableMusk(着るマスク)」(税込5489円)
Image by: AOKI

 紳士服大手のAOKIが、「パジャマスーツ」の展開を拡大する。パジャマスーツは昨年11月の発売から約半年で累計2万着を売り上げた人気シリーズ。2021年秋冬シーズンはパーカにマスクとグローブを組み合わせた「WearableMusk(着るマスク)」が新たに登場する。

— ADの後に記事が続きます —

 パジャマスーツは新たな生活様式に対応した商品として打ち出し、「パジャマ以上・おしゃれ着未満」をコンセプトにパジャマの快適さとスーツのフォーマルさを兼ね備えたセットアップスタイルを提案。商品の機能性に加えてユニークな名称がSNSで話題を集め、ウィメンズでは2021年春夏シーズンのアイテムがほぼ完売となるなど好評を得ているという。

AOKI パジャマスーツ

関連記事
AOKIが新しい生活様式に対応した「パジャマスーツ」開発、リラックス感のあるセットアップを展開

 2021年春夏シーズンは4種の素材を展開したが、2021年秋冬シーズンは昨年販売したダンボールニットとメランジジャージーのほかに、ツイルジャージー、デニムルック、ミラノリブ、抗ウイルス素材の生地を加えて6種に拡大。カラーは10色に増やし、チェック柄も揃えた。

 商品ラインナップもメンズ・ウィメンズともに拡充。特にメンズはカットソーなどカジュアルアイテムを充実させ、ラインナップを2021年春夏シーズンの約2倍に増やした。今シーズンのパジャマスーツの価格帯は5489円~8789円(税込)。

 新たに登場する「着るマスク」は、従来のフーデットパーカの襟部分にマスク、袖部分にグローブをドッキングしたデザイン。フロントのファスナーをすべて閉め、マスクの紐を耳にかけると口元を覆うことができる。袖部分はサムホール仕様になっている。抗ウイルス素材で展開するため、リモートワーク時だけではなく屋外スポーツなどの外出時を含む様々なシーンに適応できるようにしたという。税込価格は5489円。

 同社はパジャマスーツのほか、アクティブな着用シーンでも快適な着心地を実現させた「アクティブワークスーツ」を開発するなど、これまで得意としてきたビジネススーツ以外の商品ラインナップの拡充に力を入れている。アクティブワークスーツに関しては上下のセットアップで4800円(※発売当初。現在は5390円で販売)という手に取りやすい価格設定でも注目を集めた。デザインは至ってベーシックだが、広報担当者は「スーツを縫える工場だからこそ高品質という強みがある」とコメント。今後もカジュアルスタイルのウェアの開発を進め、アパレル業界他社との差異化を図っていく方針だ。

AOKIとメガネスーパーのロゴ

関連記事
スーツの売り場で眼鏡を販売 AOKIが「メガネスーパー」をテナント誘致

アイリスオーヤマ ディスポーザブル プリーツ型マスク ふつうサイズ 120枚入 20PN-120PM
ブランド: アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
メーカー: アイリスオーヤマ
価格: ¥1,680(2021/07/13現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング