「バルクオム」メイクライン
「バルクオム」メイクライン
Image by: FASHIONSNAP

Beauty

バルクオムのメイクライン誕生、スキンケア発想でクレンジング不要なアイテム発売

「バルクオム」メイクライン Image by FASHIONSNAP
「バルクオム」メイクライン
Image by: FASHIONSNAP

 メンズスキンケアブランド「バルクオム(BULK HOMME)」からメイクラインが誕生する。新ラインの展開は2018年に登場したヘアケアライン以来3年ぶり。コンシーラー「THE CORRECTOR」、アイブロウブラッシュ「THE IMPRESSION」、フィックスミスト「THE SHIELD」の3製品を8月10日に発売。デビュー時は公式オンラインストアと限られた店舗でのみ取り扱う。

— ADの後に記事が続きます —

 製品発表会に登壇したバルクオムの野口卓也 代表取締役CEOは、ブランド創業時から男性のスキンケアアイテムはもちろん、メイクアップまでを網羅することを構想していたことを明かした。「SNSの台頭で男性のメイクについて情報が広まり、パンデミックによる在宅時間の増加で男性の美容意識が高まるなど市場のタイミングは最適」だと捉え、今回発売に踏み切ったという。

関連記事
「男性メイクは仕事道具のひとつ」——メンズ美容系YouTuber 宮永えいとが目指す"身だしなみ文化"

 メイクラインのコンセプトは、男性がメイクすることがニューノーマルの未来をバルクオムが牽引するという考えから、「MAKE A NEW BASIC」を掲げる。昨今のメンズメイクは「自然な仕上がり」や「バレない」ことが重視されていることを踏まえ、適度な発色やカバー力に調整。また、バルクオムならではのスキンケア発想で美容成分を配合したほか、クレンジングの習慣がない男性が使いやすいように洗顔でも落とせる処方となっている。

 コンシーラーは2種類の球状パウダーを配合し、べたつきを抑えテカリにくいナチュラルな仕上がりを実現。カラー芯とスポンジのダブルエンド仕様のため、手を汚さずに塗ることができる。全10色をラインナップし、価格は各2750円。アイブロウブラッシュは男性向けのアイブロウ製品では珍しいフェルトペンを採用し、シアーな発色にすることで濃淡を調整しやすくした。グレー系、ブラウン系、イエロー系、レッド系の4色を展開し、価格は各2200円。フィックスミストは保湿力のある美容成分や肌荒れを防ぐ有効成分を配合した医薬部外品となっており、3種類の皮脂吸着成分がテカリを抑えながらなめらかな肌をキープする。価格は3300円。このほか、メイクライン3点と眉毛バサミ、アイブロウコームをまとめた限定セットも揃う、価格は2970円(いずれも税込)。

 バルクオムは「メンズスキンケアブランド世界シェア No.1」のブランドヴィジョンを掲げ、2013年に創業。公式ECを中心にバラエティストアやドラッグストア、「ナチュラルローソン」の一部店舗、ヘアサロンなどに販路を拡大している。海外展開では台湾や中国、韓国といったアジアのほかイギリスやフランスで販売し、アメリカへの進出も決定。近年では積極的に資金調達を行い、ニッセイ・キャピタルや丸井グループ、三井物産などから出資を受けている。

関連記事
「バルクオム」が新CMに木村拓哉を起用、朝と夜のスキンケアルーティンを紹介

 ここ数年、メンズコスメ市場は急成長を遂げており、富士経済によると2022年には1237億円規模に達すると予測されている。身だしなみの一環でスキンケアを展開するブランドが増える中、約3年前から、「ボーイ ドゥ シャネル」や「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)」、「オルビス ミスター(ORBIS Mr.)」など様々なブランドがメンズのメーキャップアイテムを展開。バルクオムは後発となるが、野口CEOは「既存ラインで培ったマーケティング力やスキンケアブランドならではの品質の高さが強みだ」と自信を覗かせた。また、「日本よりも男性のメイクカルチャーが進んでいるアジアを中心としたグローバル市場にポテンシャルがある」と海外展開に興味を示し、来年以降の早い段階で取り扱いを開始する方向だと話した。

■バルクオム メイクライン:特設サイト

大人男子の「超」清潔感ハック
著: 宮永 えいと
メーカー: KADOKAWA
発売日: 2020/12/10
価格: ¥763(2021/07/13現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング