「パーリーゲイツ」公式サイトより
「パーリーゲイツ」公式サイトより

Business

TSIホールディングス上期、4期ぶりに営業利益黒字を達成 ゴルフ事業が好調

「パーリーゲイツ」公式サイトより
「パーリーゲイツ」公式サイトより

 TSIホールディングスが、2022年2月期第2四半期(2021年3月1日〜8月31日)の連結決算を発表した。売上高は647億5000万円(前年同期比15.1%増)、営業損益は11億3000万円の黒字(前年同期は104億6900万円の赤字)、当期純損益は18億9000万円の黒字(同144億3400万円の赤字)。上期業績として4期ぶりに営業利益黒字を達成した。

下地毅 TSI 代表取締役社長

関連記事
TSIホールディングス新社長の下地毅氏は元AVIREXのデザイナー、メンズファッションに精通

— ADの後に記事が続きます —

 2022年2月期上期は、5億円の赤字予想から一転し、営業利益11億3000万円で着地。新型コロナウイルス感染拡大の影響が長期化する中で、「パーリーゲイツ(PEARLY GATES)」やストリートウェアブランド「ハフ(HUF)」をはじめとしたゴルフ事業・ストリート事業の大幅成長による収益力向上や、在庫消化率の向上、仕入抑制、販管費削減の効果などが功を奏したという。

 ゴルフカテゴリーの上期売上高は、2019年2月期は80億7000万円、2020年2月期は92億4000万円、2021年2月期は76億円と推移。2022年2月期は110億5000万円で初の100億円突破を達成した。ゴルフ事業の全5ブランドが非コロナ禍であった一昨年の売上を大幅に上回っており、東京オリンピックによる市場の盛り上がりに加えて、独自性の強い新たなコンテンツ商材の導入などが新規顧客獲得に繋がったという。このほか、「アルページュストーリー(Arpege story)」をはじめとするEC中心の事業モデルへといち早くチャネル戦略をシフトしたウィメンズブランド事業も貢献。なお、実店舗の売上構成比率が高いブランドや、オケージョン傾向の強いブランドなど、国内での低収益事業に関しては、事業の撤退も視野に入れ、抜本的な見直しを図っていくという。

MAI

関連記事
TSIグループ、インフルエンサーMAIが手掛ける新D2C「メクル」を公開 3年後に年商5億円規模のブランドに

誰がアパレルを殺すのか
著: 杉原 淳一、染原 睦美
ナレーション: 吉田 麻実
出版社: Audible Studios
メーカー: Audible Studios
発売日: 2020/05/22
価格: ¥3,000(2021/10/06現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング