展覧会メインヴィジュアル
展覧会メインヴィジュアル

Art

2121年の世界を考える展覧会が21_21 DESIGN SIGHTで開催、深澤直人や佐藤卓らが参加

展覧会メインヴィジュアル
展覧会メインヴィジュアル

 21_21 DESIGN SIGHTで、企画展「2121年 Futures In-Sight展」が開催される。会期は12月21日から2022年5月8日まで。展覧会ディレクターは「ワイアード(WIRED)」日本版編集長の松島倫明が務める。

ルール展 21_21 DESIGN SIGHT 

こちらもチェック
ルールとポジティブに向き合う力をデザインから探る「ルール?展」、21_21 DESIGN SIGHTで開催

— ADの後に記事が続きます —

 同展は、「21_21 DESIGN SIGHT」という名称と同じ数字を持つ100年後の世界に想いを巡らせるところから構想が始まったという。「Future compass(未来の羅針盤)」というツールをきっかけに、デザイナーやアーティスト、思想家、エンジニア、研究者などが未来への視座を可視化。現在を生きる世代とこれからを生きる世代にとって、デザインとともに明日を創造していくための洞察力を養う。展覧会には深澤直人や佐藤卓、長嶋りかこ、廣川玉枝らが参加する。

VERDY カイカイキキギャラリー

関連記事
VERDYがカイカイキキギャラリーで個展開催、初の立体作品を展示

■2121年 Futures In-Sight展
会期:2021年12月21日(火)〜2022年5月8日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
開館時間:10:00〜19:00(入場は18:30まで/入場予約制の可能性あり)
休館日:火曜日(12月21日、5月3日は開館)、年末年始(12月28日〜1月4日)
入館料:一般1200円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
公式サイト

■参加作家:青木竜太、安藤瑠美、e-lamp.(山本愛優美)、石川 凜、we+、evala、大塚桃奈(WHY)、岡崎智弘、岡島礼奈、木原 共、Qosmo × 朝日新聞社メディア研究開発センター、佐藤 卓、Synflux、諏訪綾子、生環境構築史、東京藝術大学 Sputniko! Lab(M2 岩藤愛実)、長嶋りかこ、PARTY、HUMAN AWESOME ERROR、廣川玉枝、深澤直人、舩橋真俊、Placy、細尾真孝、mui Lab、他

デザインの輪郭
著: 深澤 直人
メーカー: TOTO出版
価格: ¥1,980(2021/11/25現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング