立体作品「MORYGON KEWPIE」(レンダリング画像)
立体作品「MORYGON KEWPIE」(レンダリング画像)

Art

森洋史が国内で1年半ぶりの個展「MORYGON KEWPIE」開催、初の立体&映像作品を発表

立体作品「MORYGON KEWPIE」(レンダリング画像)
立体作品「MORYGON KEWPIE」(レンダリング画像)

 現代アーティストの森洋史が、個展「MORYGON KEWPIE」を銀座 蔦屋書店内「GINZA ATRIUM」で開催する。 会期は11月27日から12月8日まで。国内で1年半ぶりの開催となる今回の個展では、初の立体作品と映像作品を展開する新シリーズ「モリゴンキューピー」を発表する。

— ADの後に記事が続きます —

 森洋史は1977年東京生まれ。古典やポップアートの名画、 アニメ、マンガ、ゲームといった既存のイメージを組み合わせてパロディ作品を制作し、それらを通してアートにおける「オリジナル」を追求している。前回の個展は、新型コロナウイルス感染拡大によって会期が1週間で中止となった。

 今回の個展で披露するモリゴンキューピーは、VR(ヴァーチャル・リアリティ)黎明期に見られたコンピューターグラフィックス「ポリゴン」のイメージと、キューピー人形をかけ合わせた作品を、立体から版画、映像まで複数のメディアを介して展開。立体作品ではミラーボールのように磨きこまれた鏡面多角形の集合体でキューピー人形の姿を形づくる。名称は森の名前とポリゴン(Polygon)を掛け合わせたという。

 このほか、映像作品では 日本画とアニメ絵を組み合わせた「Japanesque」シリーズを映像化した作品を公開。また、新たな試みとして「モリゴンキューピー」「Japanesque」で制作した2つの映像作品をNFTアートに展開する。NFT作品はFRMのマーケットプレイス「XYZA」で販売を予定している。

関連記事
名画とアニメを融合した作品を制作、美術家 森洋史が銀座 蔦屋書店で個展開催

■森洋史個展「MORYGON KEWPIE」詳細
会期:2021年11月27日(土)~12月8日(水)
開場時間:11:00~20:00
会場:銀座蔦屋書店 GINZA ATRIUM
問い合わせ:03-3575-7755(営業時間内)/info.ginza@ccc.co.jp
入場:無料

■作品販売詳細
場所:銀座蔦屋書店(東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6階)
時間: 11月27日(土)11:00〜
※一部エディション作品(立体・版画)は、アートECサイト「OIL by 美術手帖」にて販売。 
※プレセールスで一部商品は完売している場合あり
※※引き渡し・配送時期は作品により異なる場合あり
※NFT作品は株式会社FRMのプラットフォームXYZAで販売予定。 
銀座 蔦屋書店特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング