映画「プリピャチ」より
映画「プリピャチ」より
Image by: アップリンク

Culture

雑誌と映像コンテンツを配信するサブスク「DICE+」がアップリンクから新登場、月額999円

 映画館を運営するアップリンクが、雑誌と映像配信のサブスクリプション型配信プラットフォーム「DICE+」を4月1日17時に公開した。月額料金は、一般が999円、22歳以下のユースは600円(いずれも税込)。初回から2週間は無料で視聴できる。

映画「プリピャチ」より Image by アップリンク
映画「プリピャチ」より
Image by: アップリンク
— ADの後に記事が続きます —

 アップリンクは、映画の配給や製作をはじめ、吉祥寺と京都でミニシアターを運営しており、過去にはインディペンデント・カルチャー雑誌「骰子/DICE」を発行していた。

関連記事
パルコブックセンター吉祥寺店の跡地に映画館「アップリンク吉祥寺」が開業、テーマに合わせた個性的なスクリーンを設計

 「観るだけじゃない、プラスαする配信」がコンセプトのDICE+は、雑誌と映像配信を行うストリーミング・マガジン。各種イベント告知や海外カルチャーニュースなどをピックアップするニュースコーナーや、映画の予告編や監督インタビュー、メイキングといった動画を取り上げる特集コンテンツなどを提供する。

 特集コンテンツでは、新作「アネット」の公開に伴い、監督レオス・カラックス(Leos Carax)のカンヌでのインタビュー記事や過去作品を配信するほか、岩波ホール特集などを掲載。演劇やダンス公演、ギャラリー、展覧会に関するカルチャー記事や、新作として紹介した監督の過去作が観られる有料コンテンツも用意する。

 またオープンを記念し、チェリノブイル原発から4キロのウクライナの町プリピャチを原発事故から12年後に取材した監督ニコラス・ゲイハルター(Nikolaus Geyrhalter)の「プリピャチ」を配信。「寄付付き上映」で得た売上全額はウクライナ支援のために国連UNHCRに寄付される。

Image by アップリンク
Image by アップリンク

■DICE+:公式サイト

関連記事
アップリンク 渋谷が閉館、26年間の営業に幕

キネマ旬報 2022年3月下旬映画業界決算特別号 No.1888
メーカー: キネマ旬報社
発売日: 2022/03/04
価格: ¥1,430(2022/04/01現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング