エキシビションのイメージパース
エキシビションのイメージパース
Image by: オーデマ ピゲ

Fashion

オーデマ ピゲ「ロイヤル オーク」誕生50年 21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3でヴィンテージモデルを展示

 スイスの時計ブランド「オーデマ ピゲ(Audemars Piguet)」が、エキシビション「ロイヤル オーク 時を刻んだ50年」を21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3で開催する。会期は4月15日から6月5日まで。

エキシビションのイメージパース Image by オーデマ ピゲ
エキシビションのイメージパース
Image by: オーデマ ピゲ
— ADの後に記事が続きます —

 同展は、オーデマ ピゲのアイコンウォッチである「ロイヤル オーク」の誕生50年を記念して開催。1972年発表当時のモデルなど9本のヴィンテージウォッチを展示するほか、日本初公開となるデザイン画や制作における資料、発売当初の広告ヴィジュアルなどを揃える。来場者のロイヤル オークに関する知識レベルを試せる「ロイヤル オーク クイズ」や、記念撮影のフォトコーナー、八角形ベゼルの精密な磨きの様子を見学できるコンテンツなども用意。「見て、触れて、学ぶ」をテーマに、「ロイヤル オーク」の50年の歴史を紹介する。

Image by オーデマ ピゲ
Image by オーデマ ピゲ

 このほか、オーデマ ピゲ ブティック 銀座でも4月下旬からエキシビション「こんなロイヤル オーク、見たことない」を開催。顧客が個人所有する希少な「ロイヤル オーク」をラインナップし、日本ならではのユニークなモデルを展示する。

高級時計 高騰 ロレックス

あわせて読みたい
2021年に最も高騰した時計はオーデマ ピゲのロイヤル オーク、コロナ禍で市場過熱

■「ロイヤル オーク 時を刻んだ50年」
会期:2022年4月15日(金)〜6月5日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3
住所:東京都港区赤坂 9-7-6 (東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)
休館日:会期中無休
開館時間:11:00〜19:30(19:00 最終受付)
入場料:無料(事前予約優先)
主催:オーデマ ピゲ
問い合わせ:03-6830-0789
公式サイト

■「こんなロイヤル オーク、見たことない」
会期:2022年4月下旬より順次〜12月末予定
会場:オーデマ ピゲ ブティック 銀座 地下1階
住所:東京都中央区銀座 6-5-13
休業日: オーデマ ピゲ ブティック 銀座に伴う
開館時間:11:30〜19:30(最終入場 19:00)
入場料:無料
問い合わせ:03-6830-0788

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング