「クリストとジャンヌ= クロード “包まれた凱旋門” 」ポスターヴィジュアル
「クリストとジャンヌ= クロード “包まれた凱旋門” 」ポスターヴィジュアル
Image by: 21_21 DESIGN SIGHT

Art

21_21 DESIGN SIGHTで「包まれた凱旋門」プロジェクトの企画展が開催

 21_21 DESIGN SIGHTで、企画展「クリストとジャンヌ= クロード "包まれた凱旋門"」が開催される。期間は6月13日から2023年2月12日まで。パリと東京を拠点に活躍する映像ディレクター パスカル・ルラン(Pascal Roulin)が展覧会ディレクターを務める。

— ADの後に記事が続きます —

 同展では、2021年に青い布と赤いロープで凱旋門を16日間包んだプロジェクト「包まれた凱旋門」の制作背景と実現までの過程に焦点を当てる。プロジェクトの企画は、現代美術作家クリスト(Christo)とジャンヌ クロード(Jeanne Claude)によって1961年に構想された。2009年にジャンヌ クロードが逝去した後もクリストは創作活動を続けたが、新型コロナウイルス感染拡大のため延期となったプロジェクトの完成を見ることなく2020年5月に他界。その後、賛同者の協力のもと構想から60年をかけて2021年9月に形となった。

 会場では、60年間にわたるプロジェクト実現までの過程を構想、準備、実現、設置の段階に沿って展示。クリストがニューヨークのスタジオでドローイングを描く様子や、凱旋門の模型を使いプロジェクトの準備を行う姿を収録した映像を公開する。さらに、「包まれた凱旋門」を再構成した空間インスタレーションや関係者14人へのインタビュー、プロジェクトのために製作した銀色のコーティングを施した青い布と赤いロープなどの展示も予定している。

21_21 DESIGN SIGHTでのオーデマ ピゲのエキシビションのイメージパース

関連記事
オーデマ ピゲ「ロイヤル オーク」誕生50年 21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3でヴィンテージモデルを展示

■「クリストとジャンヌ= クロード “包まれた凱旋門”」
会期:2022年6月13日(月)〜2023年2月12日(日)
開館時間:10:00〜19:00 ※入場は18:30まで ※6月13日(月)〜6月17日(金)は13:00開館
休館日:火曜日、年末年始(2022年12月27日〜2023年1月3日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT
住所:東京都港区赤坂 9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
入館料:一般 1200円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下無料
電話番号:03-3475-2121

クリスト&ジャンヌ=クロード DVD BOX
出演・声の出演: クリスト&ジャンヌ=クロード、クリスト&ジャンヌ=クロード、クリスト&ジャンヌ=クロード、アルバート・メイズルズ
その他: アルバート・メイズルズ、アルバート・メイズルズ
メーカー: TCエンタテインメント
発売日: 2006/05/26
価格: ¥39,800(2022/05/18現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング