藤川勇造「詩人 M」1925年
藤川勇造「詩人 M」1925年
Image by: 東京国立近代美術館

Art

東京国立近代美術館が開館70周年、所蔵200点を展示する作品展開催

 東京国立近代美術館が開館70周年を記念して、収集したコレクションによって美術館の歩みを振り返る作品展「MOMAT コレクション」を5月17日から10月2日まで開催する。同展では、1万3000点を超える所蔵作品から選抜した約200点を展示。19世紀末から現代までの日本美術の歴史を、海外作品も交えながら多様な切り口で紹介する。

藤川勇造「詩人 M」1925年 Image by 東京国立近代美術館
藤川勇造「詩人 M」1925年
Image by: 東京国立近代美術館
— ADの後に記事が続きます —

 3階で開催される「70 周年をふりかえる 同時代の展望と収集」では、若手画家の登竜門となった安井賞展の初期の受賞作や、戦後海外で活躍するようになる作家たちに目を向けた「在外日本作家展」の作品など、これまで収集した約30点のアート作品を展示。同美術館が1950年代から1980年代にかけて、同じ時代の美術とどのように関わってきたかを紹介する。

 小特集「ぽえむの言い分」では、藤川勇造の「詩人 M」やパウル・クレーの「花のテラス」など、詩に関係する約40点の作品を展示する。また、同美術館で6月7日から開催される「ゲルハルト・リヒター展」にあわせ、所蔵の全リヒター作品を紹介。「抽象絵画(赤)」「シルス・マリア」「STRIP (923-33)」「9つのオブジェ」の4作品が披露される。

 観覧料は一般が500円、大学生が250円、高校生以下および65歳以上が無料で、20人以上の団体では割引が適用される。

関連記事
国立新美術館は日本現代アートをグローバルに発信する拠点となるのか——文化庁が新設したアート・コミュニケーションセンター(仮称)の展望

■所蔵作品展「MOMAT コレクション」
会場:東京国立近代美術館所蔵品ギャラリー 2階〜4階
会期:2022年5月17日(火)〜10月2日(日)
休館日:月曜日(7月18日、9月19日は開館)、7月19日(火)、9月20日(火)
営業時間:10:00〜17:00
観覧料
一般:500円
大学生:250円
高校生以下および65歳以上は無料
公式サイト

■同時開催「ゲルハルト・リヒター展」
会期:2022年6月7日(火)〜10月2日(日)

増補新装 カラー版日本美術史
監修: 辻 惟雄、辻 惟雄
メーカー: 美術出版社
価格: ¥2,090(2022/05/11現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング