ADVERTISING

アパレルではなくファッションにおける実用とは何か ボッテガ・ヴェネタ2024年ウィンターコレクション

BOTTEGA VENETA 2024年ウィンターコレクション

IMAGE by: ©Launchmetrics Spotlight

BOTTEGA VENETA 2024年ウィンターコレクション

IMAGE by: ©Launchmetrics Spotlight

アパレルではなくファッションにおける実用とは何か ボッテガ・ヴェネタ2024年ウィンターコレクション

BOTTEGA VENETA 2024年ウィンターコレクション

IMAGE by: ©Launchmetrics Spotlight

 日常着として身にまとう服である以上、着心地や着やすさといった実用性を求めて然るべきだが、ファッションショーでエンターテインメント性を求めてしまうとどうしても過剰装飾となり、実用から離れてしまう。その点でファッションデザインはプロダクトデザインと比較されて語られることが多いが、「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のマチュー・ブレイジー(Matthieu Blazy)は「日常のモニュメンタリズム」として、実用的で目的があるものが持つ魅力と、衣服をまとうという行為の中にある人間らしさに着目。2024年ウィンターコレクションは、「イタリア」三部作を終え、「移動」に主題を置いた前回の2024年サマーコレクションからより実用性を求め、「再生の旅」としてさまざまな時代やシーズンから取り入れた要素を組み合わせたコレクションに仕上げた。

サボテンに見出したレジリエンスという希望

ADVERTISING

 2024年ウィンターコレクションは、マチュー・ブレイジーがサボテンが多く見られるイタリア南部カラブリア州を訪れたことがきっかけで生み出された。「他の植物が育たないような環境でも育つサボテン。それがレジリエンス(困難をしなやかに乗り越え回復する力)のアイデアであり、フロアをこのような風景にしたいと考えました。ショーは内省的でありながら、そこにはレジリエンスと希望に満ち溢れたものでなくてはならないと思いました」とし、ショー会場には花をつけた大型のガラス製サボテンを配置。戦争が続く世情を思ってか、現世に希望をもたらすアプローチとして再生というアイデアに光を当てる。

Image by ©Launchmetrics Spotlight

Image by ©Launchmetrics Spotlight

実用と時代の関係性

 では再生を服でどう表現するか。マチュー・ブレイジーは、「LC14 カバノン スツール」にそのヒントを見出す。元々、ウィスキーのケースだったこのスツールは、ル・コルビュジエが晩年を過ごしたカップ・マルタンの休暇小屋用にリデザイン。コルビュジエよって別の目的が付与されたわけだが、実用的なものが歴史的作品として生まれ変わったことに、今という時代における「デザインをする意味」があるとし、マチュー・ブレイジーは現代における実用性を主題にボッテガ・ヴェネタの過去を掘り下げた。なお、日本の伝統的な技法にインスピレーションを得て施された特別な焼き目が特徴の「LC14 カバノン スツール」のスペシャルエディションはショー会場の座席として設置され、ミラノデザインウィークでの展示も予定。販売も行うという。

Image by ©Launchmetrics Spotlight

Image by ©Launchmetrics Spotlight

現代における実用とは何か

 「エレガンスは、シンプルさ 、誠実さ、そしてレジリエンスの中に宿るものなのです」とマチュー・ブレイジーが語るように、2024年ウィンターコレクションはイントレチャートがアイコンとなる以前のボッテガ・ヴェネタのルーツにインスピレーションを得て、プレーンさを生かしながら、装飾は最小限にとどめた。開襟シャツのように襟ぐりが開いたジャケットや後襟を立たせ、肩線からそのまま袖に向けて縫い合わせたコートなど、首元にデザインを入れたものが目立ち、メモリープリントは時の流れをレイヤーのように重ね合わせ、これまでのボッテガ・ヴェネタの軌跡を映し出した。また加工を施すことでウールブークレやカシミア、フィルクーペは実用的で弾力性のある素材へと変化している。繰り返し用いられたヘビ、炎、花のライトモチーフは、復活と再生の象徴として採用したという。

Image by ©Launchmetrics Spotlight

Image by ©Launchmetrics Spotlight

Image by ©Launchmetrics Spotlight

Image by ©Launchmetrics Spotlight

 ここで改めてマチュー・ブレイジーが考える実用とは何か。「実際に用いること」「実地に使って役立つものであること」という実用の意において、同氏はとかく機能性が高いものを志向しているわけではないことはルックを見れば明らか。ガラケーからスマホに移行したように、実用がなければ時代遅れとなり、それはル・コルビュジエのように、時代の流れとともに新たな実用を付与できなければ需要されない。衣服を着るというアパレルとしての実用は前提として、おしゃれをするというファッションとしての実用は、機能ではなく、時代と共に変化する人々の情緒を捉え、満たす作業だとマチュー・ブレイジーの下記の言葉から紡ぐことができる。

 「現実的かつ実用的で、目的をもったものが持つ魅力と自信。 この夜の世界で、デイリーウェアはどのように知覚されるでしょうか。シルエットは単純化され、暗闇の中にそびえる一枚岩のように認識されます。燃えさかる世界では、衣服をまとうというシンプルな行為の中にとても人間らしい何かがあります」(マチュー・ブレイジー)。

BOTTEGA VENETA 2024年秋冬

全ルックを見る

BOTTEGA VENETA 2024年ウィンターコレクション

2024 AUTUMN WINTERファッションショー

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

店舗販売スタッフ

Christian Louboutin

店舗販売スタッフ

詳細を見る

ジャーナル

大阪から福岡へ移住した販売員が語る!福岡での生活・仕事・職場環境のリアル

大阪から福岡へ移住した販売員が語る!福岡での生活・仕事・職場環境のリアル

記事を読む

求人

CS/ECサイト運営(ファッション/コスメ/健康・美容商材)

tiit tokyo

CS/ECサイト運営(ファッション/コスメ/健康・美容商材)

詳細を見る

ジャーナル

【4/19(金)から】LVMHジャパンが「東京レインボープライド 2024」にブースを出展&レ...

【4/19(金)から】LVMHジャパンが「東京レインボープライド 2024」にブースを出展&レ...

記事を読む

ジャーナル

「Öffen(オッフェン)」と「Ameri VINTAGE(アメリヴィンテージ)」、アップサイ...

「Öffen(オッフェン)」と「Ameri VINTAGE(アメリヴィンテージ)」、アップサイ...

記事を読む

ジャーナル

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

ZEPPELIN ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

詳細を見る

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

BOTTEGA VENETA 2024年ウィンターコレクション

IMAGE by: ©Launchmetrics Spotlight

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント