Fashion インタビュー・対談

【インタビュー】コム デ ギャルソンに新風吹き込む「GANRYU」デザイナー丸龍文人

デザイナー丸龍文人
デザイナー丸龍文人
Image by: Fashionsnap.com

 コム デ ギャルソンが展開する「GANRYU(ガンリュウ)」は、これまで同社展示会場のフロアショーでコレクションを発表してきたが、12シーズン目の2013-14年秋冬コレクションは初めて公の場でランウェイショーを開催するなど、新しい試みで着実にファンを増やしている。コム デ ギャルソンの創業デザイナー川久保玲の精神を受け継ぎながら、常に新風を吹き込んでいるデザイナー丸龍文人に、最新の2014年春夏コレクションとこれまでの変化、そして自身のクリエイションに対する思いを聞いた。

コム デ ギャルソンのフロアショーで披露された2014年春夏コレクション


2014年春夏コレクションのテーマ「サーフ・ザ・バランス」について教えてください。

 "サーフ"という言葉を使いたい、ということが最初のインスピレーションでした。ただ、「サーフ」は「サーフィン」や「サーフライド」などスポーツとしての意味ではなく、所謂、"架空のものでサーフィンする"ということを表現するために使用しています。海外の友人に聞いたところ、海外でも「サーフィン」という言葉を、何かを「軽く流す」「何かをさっと攫う」という意味合いで使用する事もあるようです。バランスをサーフィンするという意味で「サーフ・ザ・バランス」と付けました。今の時代の、良くも悪くも軽いイメージを捉えた言葉だと思ったので。

ganryu_in_20130809_2.jpg

2014年春夏コレクション

―表現したかったのは時代の軽さということでしょうか?

 ファッションやニュース、何においてもそうですが、良くも悪くも軽いものの方が今の時代感に合っているという印象を受けています。コレクションには良い部分だけを落とし込みました。でも時代の軽さをそのままストレートに表現するのは自分の中ではエレガントではないので、いかに静けさを持って表現できるかを重視しました。

―秋冬とは一変、明るいコレクションという印象でした。

 私としては「可愛らしさ」を匂わせられなければ、アウトプットとしては失敗だと思っています。秋冬シーズンは重た目な見せ方をしましたが、服一点一点を見てみると「可愛らしさ」が伝わるような商品に仕上げています。これがブレてしまうと自分のものづくりではないんですよね。ひたすらクールな服や難しいだけの服というのは、自分にとってはアウトプットが失敗したも同様。私のものづくりは最終的には可愛いかどうか。「可愛らしさ」が感じられる服でなければ、しっくりこないんです。

―「可愛い」の意識はいつから?

 昔から可愛いものが好きでしたが、でもキャラクターみたいな見た目が可愛いものという意味ではないんですよ。例えば学生の頃(90年代)、スケーターの友達たちの格好を見て、街の人達が避けて歩くことがあったんです。でも、彼らが着用している服やTシャツのロゴ、シルエットなど、彼らの着こなしは私にとってはとても「可愛い」ものとしても映っていました。そういった「可愛い」の捉え方が今でも活きています。自分の中ではとても大事な感覚です。

ganryu_in_20130809_3.jpg

2014年春夏コレクションの英文がプリントされたアイテム

―コレクションに登場した「Happiness」という言葉の意味は?

 実は「Happiness」という単語ではなく、アリストテレスの「幸せかどうかは自分次第(Happiness depends upon ourselves.)」という文章が下に続いているんです。あと、プラトンの「人生は劇場のように生きるべきだ(Life must be lived as play.)」と、ソクラテスの「自分が何も知らないこと以外何も知らない(I know nothing except the fact of my ignorance.)」が書かれていて、全部で3種類の英語の文章が登場しています。何か、そういった文章を重たさを感じさせないフォントで表現したいと思いました。

―その言葉を選んだ理由は?

 例えば服にプリントされた英文など、ふと気づくと結構良いことが書いてある時があります。ファッションって、本当に軽くて何の意味も無い時もありますが、ふとしたときに驚きを与えられる力を持っていて、それもファッションが持つ魅力の1つだと思う。でも「意味はあるけど分からなくてもいいよ」ということ自体がファッションだと思うので、私が考えている意味をふまえて着ていただきたいということではありません。ただ、私自身はこの3つの言葉以外にも彼らの遺した言葉で好きなものがたくさんあって、これまでに彼らの言葉と出会ったが故に人生観が変わったことがたくさんあるんです。もし、そういったことを経験したことが無い方の何かのきっかけになって人生が豊かになれば、と思って言葉を選びました。

―コム デ ギャルソンのフロアショーは無音が多いですが、今回は違いましたね。

 私は、コム デ ギャルソンのフロアショーでは「音を流してはいけない」と勝手に思い込んでいたのですが、特にルールはありませんでした。この会社は自由なんだな、ということを改めて思い知りましたね。ですが今回は「楽屋から流れてくるくらいのボリュームがいいんじゃない?」という演出家さんのアイディアがとても面白いと思ったので、音が漏れるような演出にしました。バックステージで、ドキュメンタリー映画「SURF ONE CALIFORNIA DAY」を流していたんです。ファッションショーが必ず音楽じゃなきゃいけないというのも勝手な思い込みですので。


次のページは「GANRYU」の課題、デザイナー丸龍文人の使命

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング