コム デ ギャルソン オム プリュス 2022-23年秋冬コレクション
コム デ ギャルソン オム プリュス 2022-23年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP

Fashion注目コレクション

自由に生きるノマドへの憧れ 縮絨と色をまとった「コム デ ギャルソン オム プリュス」22AW

 川久保玲が手掛ける「コム デ ギャルソン オム プリュス(COMME des GARÇONS HOMME PLUS)」2022-23年秋冬コレクションのフロアショーが東京の本社で開催された。コレクションに付けられたタイトルは「nomad」。

コム デ ギャルソン オム プリュス 2022年春夏コレクション

前回のコレクションは?
暗闇の先に花——「コム デ ギャルソン オム プリュス」が都内でショー 2022年春夏

コム デ ギャルソン オム プリュス 2022-23年秋冬コレクション Image by FASHIONSNAP
コム デ ギャルソン オム プリュス 2022-23年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

■ギャルソンの代表的な縮絨ジャケットが鮮やかに

 暗闇のショー会場。無機質なフロアに立てられた廃材のパネルの間から、光を頼りに歩を進めるモデルたち。水飛沫を浴びたように水滴を垂らしながら、物憂げな表情で観客の前を通り過ぎていく。

ファーストルック
ファーストルック

 2022-23年秋冬コレクションの特徴は、ギャルソンの代表的なテキスタイル加工のひとつである縮絨など様々なテクスチャーの素材使いと、意外な色合わせ。縮絨加工が施されたウールジャケットはブルーやレッドなど鮮やかなカラーが目を引き、リラックスシルエットのボトムスと共にセットアップも提案された。また、グレンチェックをシュリンクさせたセットアップは、クラシカルな素材とシルエットをユニークな表情に変えている。

 今シーズンを象徴するジャケットデザインは、襟元に1つ、そして腰に6つ配置した小さなフロントボタンがポイント。胸元を大きく露出するUネックのシャツなど、襟や首周りのカッティングが新鮮だ。

 後半に登場したフェルトやニットのパーツはキッチュなカラーリングで、裾から覗かせたり首元から前方に突出させている。裾に裏地が垂れ下がったようなデザインや、背中を大きくカットアウトしたジャケット、穴が空けられた山高帽も登場。クラシックな仕立てを尊重しながら、自らそれらを壊す、コム デ ギャルソン オム プリュスならではのアプローチが見て取れた。

■ナイキコラボの新作は「エア マックス 97」

 毎シーズン人気を集めている「ナイキ(NIKE)」とのコラボシューズの新作は、「AIR MAX 97」がベース。カラーはブラックとサックスブルーの2色で、二層構造のディストレス用レザーを加工して用いている。

コム デ ギャルソン オム プリュス ナイキ エア マックス 97

コラボシューズ新作
コム デ ギャルソン オム プリュス×ナイキ、黒とサックスブルーのエア マックス 97発表

 また先シーズンに引き続き、ジョン・ムーア(John Moore)デザインの「ジョージコックス(GEORGE COX)」をアレンジしたトリプルコラボシューズが登場。ダブルストラップサンダルとオックスフォードシューズを厚底のVIソールに仕上げた。

■川久保玲 ノマドへの憧れ

 ショーの後に配られたコレクションノートには、今シーズンのタイトルとなったノマド(=遊牧民、放浪者)について綴られていた。現代社会において、川久保玲の考える本当の自由とは。先の見えないコロナ禍に、その意味を考えさせられる。

今 知りたいと思えば情報はいくらでも手に入る
Internetにより何処へでも行くことができる 経験した事になる
しかしそれでも私は満足できない
属さない 群れない
真に自由に自分自身で生きるノマドに憧れる 羨ましい
COMME des GARÇONS HOMME PLUS 2022-23年秋冬

全ルックとディテールを見る
COMME des GARÇONS HOMME PLUS 2022-23年秋冬コレクション

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング