コム デ ギャルソン オム プリュス 2022年春夏コレクション
コム デ ギャルソン オム プリュス 2022年春夏コレクション
Image by: FASHIONSNAP

Fashion注目コレクション

暗闇の先に花——「コム デ ギャルソン オム プリュス」が都内でフロアショー 22SS

コム デ ギャルソン オム プリュス 2022年春夏コレクション Image by FASHIONSNAP
コム デ ギャルソン オム プリュス 2022年春夏コレクション
Image by: FASHIONSNAP

 前回の暗闇とはガラリと変わり、カラフルなライトに照らされたランウェイ。川久保玲が手掛ける「コム デ ギャルソン オム プリュス(COMME des GARÇONS HOMME PLUS)」2022年春夏コレクションのフロアショーが東京の本社で発表された。タイトルは「花の存在」。

COMME des GARÇONS HOMME PLUS 2021-22年秋冬コレクション

前回のコレクション
「闇に包まれたこの世界で新しいものを見つけ出さなければならない」——コム デ ギャルソン オム プリュス 21-22AW東京ショー

— ADの後に記事が続きます —
花の存在はハッピーな時間のためだけにあるのではない。苦しい、哀しい、辛い時こそ存在する。たとえ道に咲く小さな花一輪でも人の心を癒す。(コレクションノートより)
フロアショーの会場
フロアショーの会場

■暗闇の先に花

 暗闇の中から生み出されるものに焦点を当て「DARKROOM(暗い部屋)」をタイトルに掲げた前回の2021-22年秋冬コレクションから一転。今回は全ルックに花、花、花——どこか不完全なシルエットのメンズウェアに花々が咲き乱れた。

 ファーストルックは小花柄のシャツワンピース。重ねたジャケットにはスカラップのカットワークが施され、シューズにもアッパーから底まで小花柄のプリントが施されている。

 続くルックもジャケットとのレイヤードスタイルがベースだが、前合わせが曲がっていたり、曲線の断ち切り、オーバーサイズ、ミリタリー調と花柄のドッキングなど、随所に歪みが見られる。スカートやオーバーオール、花の刺繍をあしらったレギンス、丸襟のコートがフェミニンなフォルムを誇張。

 後半は、黒い花やしおれた花のモチーフが混じる。また、スカルと花のコラージュがチェック柄のジャケットを飾った。

■アーティストのコラージュ作品をプリント

 ホワイトのジャケットやシャツのシリーズのアートワークを手掛けたのはBedelgeuseの名で活動しているアメリカのアーティスト、トラヴィス・べデル(Travis Bedel)。人間の骨や筋肉を草花でつなぎ合わせたコラージュ作品を背中にプリントした。

 また、スカルと花柄の素材で作られた造形的なヘッドピースは、ウィメンズのコレクションでも起用したイブラヒム・カマラ(Ibrahim Kamara)が手掛けている。

■ミニマルなエア マックス

 シューズでは「ナイキ(NIKE)」とのコラボレーションを継続。新作として1998年の「AIR SUNDER MAX」を復刻した「CDG HP NIKE AIR MAX SUNDER SP」が発表され、ミニマルなデザインが注目を浴びた。また、ジョン・ムーア(John Moore)デザインの「ジョージコックス(GEORGE COX)」をアレンジしたトリプルコラボシューズも登場した。

コム デ ギャルソン オム プリュス×ナイキ

ナイキのコラボシューズ詳細
コム デ ギャルソン オム プリュス×ナイキの新作、ファスナーをあしらったエア マックス発表

COMME des GARÇONS HOMME PLUS
COMME des GARÇONS HOMME PLUS
John Moore × GEORGE COX × COMME des GARÇONS HOMME PLUS
John Moore × GEORGE COX × COMME des GARÇONS HOMME PLUS

全ルックを見る
COMME des GARÇONS HOMME PLUS 2022年春夏コレクション

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング