お買いモノ

ヘルシーな肌見せスタイルが叶う、エッジを効かせたカットアウトウェア

 様々な方法でデザインに用いられているカットアウトアイテム。いろんなブランドで提案されている中で、今回は意外性のあるエッジの効いたウェアに注目しました。人とはちょっと違う個性的なルックが楽しめる、おすすめアイテムをご紹介。

関連記事
オフスタイルの気分を上げるサマーセットアップ7選

— ADの後に記事が続きます —

 ウズベキスタンで生まれ、韓国にルーツを持つジェニア・キムが手がける「ジェイ キム(J.KIM)」から、ユニークなカットワークのトップスをセレクト。ピンクのパイピングで模したバタフライモチーフを散りばめ、周りの視線を奪うトップスです。

 カジュアルなフーディもカットアウトのデザインがあれば新鮮な印象。「マーシャル コロンビア(Marshall Columbia)」のショルダー部分に施したトップスなら、セクシーになりすぎず抜け感のあるスタイルが楽しめます。

 肩からウエストまで、流れるようにあしらったカットアウトが目を引く「エーヴィエーヴィエーヴィ(VAVAVV)」のトップス。ドローストリングで丈を調整できるので、絞らずボトムにインしたりキュッと結んでお腹を出したりすれば、異なる表情のスタイリングに。

 鮮やかなカラーにカットアウト、アシンメトリーシルエットとアバンギャルドなデザインのトップスは「アンダーソン ベル(Andersson Bell)」から。一見難しそうなアイテムながら、リブ編みのタイトフィットなので上にTシャツを着たり、セカンドスキントップスを忍ばせたりとアレンジがしやすい一着です。

 ショルダー部分に鋭く入ったカットアウトが印象的な「ニナリッチ(NINA RICCI)」のトップス。光沢感のあるシンプルなTシャツに、カットアウトをあしらうことでモードなエッセンスをひとさじ加えたデザインに。写真のようにボトムインすることで上品に着こなせます。

 「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™)」からセミシアーなビスコースジャージのドレスをピックアップ。重くなりがちなブラックカラーも、カットアウトと動きのあるアシンメトリーの裾で軽やかに演出してくれます。

 マスタードイエローとブラウンのアースカラーでまとめた「クリストファー・エスバー(Christopher Esber)」のドレス。サイドに大胆に入ったカットアウトが、ウエストを細く見せてくれてスタイルアップが叶います。

※表示価格は全て各サイトにおける掲載時の販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング