GYUTAE
GYUTAE
Image by: FASHIONSNAP

Beautyインタビュー・対談

「メイクをしている状態がありのままの自分」すっぴんも脱毛症も隠さないギュテとは何者?

GYUTAE Image by FASHIONSNAP
GYUTAE
Image by: FASHIONSNAP

 「化粧をしている状態がありのままの自分と言えるくらいメイクが好き。自分が輝くメイクを見つけられたら、いつでも最高の自分になれるって最強だと思います」――そう語るのはYouTubeを中心に活動するメーキャップアーティストのギュテ(GYUTAE)。脱毛症であることを明かしており、眉毛が全くないすっぴんの状態から一本ずつ毛を描くテクニックや、まつ毛がなくても印象的な目元に仕上げる方法が”整形級メイク”と話題を集めている。そんなギュテの元には、同様の症状でコンプレックスを抱えるユーザーや他人と外見を比べてしまうユーザーから悩みが寄せられるという。ありのままの自分をさらけ出しながら”メイクの可能性”を発信するギュテの思いを聞いた。

ギュテ(GYUTAE)
YouTubeを中心に活動し、性別や国籍、ジャンルを超えた変身メイクで話題を集めるメーキャップアーティスト。韓国人の両親を持ち、独学でメイクを学んだ。ABEMA TVのメイクバトル番組「韓コス・メイクアップショー ”Qosmetic 8“」では優勝に輝いた。10代から全身脱毛症を患い、髪やまつ毛、眉毛など全身の毛が生えないというハンデを負いながら、前向きな考えや生き方が同世代を中心に共感を呼び、メイクを通じてコンプレックスと共に生きる方法を発信している。
InstagramTwitterTikTokYouTube

— ADの後に記事が続きます —

ーメイクに興味も持ち始めたきっかけは?

ギュテ:最初にメイクをしたのは14歳の時で、元東方神起のジュンスがソロデビューした時のメイクが素敵だなと思って真似してみたのがきっかけです。初めはモノマネメイクをして撮るだけでした。釜山に留学したら男性も当たり前のように化粧をしていて「なんだこの世界線は」と衝撃を受けて。それで日本に帰ってからも日常的にして外出するようになりましたね。

ー日本では韓国ほどメンズメイクは主流ではありません。周りからの視線は気になりませんでしたか?

ギュテ:広島県内の地元ではジロジロ見られることがよくありました。ただ、アルバイト先だったアパレルショップ「スピンズ(SPINNS)」の広島店でどんなメイクも「かっこいい」「良いね!」と褒めてくれる方たちに出会えたんです。お客さんもメンズメイクを受け入れてくれる方ばかりだったこともあってメイクに対する興味が強くなって、周りの目を気にせずに自分がやりたい装いを楽しむ自信がつきました。

実はまつ毛も一本ずつ手描き。近くで見ても本物のようなテクニックは独学で身につけたそう
実はまつ毛も一本ずつ手描き。近くで見ても本物のようなテクニックは独学で身につけたそう

ーYouTubeでメイク動画を上げ始めた当初は脱毛症について明かしていませんでしたが、公表する転機は何だったのでしょう。

ギュテ:アカウント作成時は視聴用でしたが、少しずつヘアメイクの依頼をいただいていたタイミングだったので、クライアント向けに自分のメイクを見てもらう目的で投稿を始めました。僕は脱毛症の影響で眉毛が全く無いんですよね。最初は特に脱毛症について触れるつもりはなかったんですけど、すっぴんからメイクする動画を上げると視聴者から眉毛が無いことばかり質問されるようになってしまって。メイクに対する率直な感想が欲しかったのに勝手な憶測で色々言われるようになるのが嫌で、自分から打ち明けました。

ー動画では原因や悩んだ時期、立ち直り方まで真摯に語っています。

ギュテ:ネット記事で誤った情報の記事を見かけるのですが、それによって同じ症状の人がさらに苦しくなることは絶対に避けたくて。僕の場合は環境の変化などのストレスで毛が抜けてしまったのですが、いじめが原因だという誤った記事もあります。だから自分の口からできるだけ丁寧に伝えたいなと。

ー症状について公表することに抵抗はありませんでしたか?

ギュテ:症状について悩んだり苦しかった時期も勿論あるので、どんな反応が来るのか少し怖かったです。ただ、スピンズなどでの経験を経て「自分は確かに毛は無いけど、それだけだから僕自身が卑下する必要は無い」と思えていて、今は脱毛の手間が省けて良かったなと考えるくらい。その考えを自分の言葉で伝えたら共感や応援してくれる声の方が多かったので、今は隠さずに言ってよかったです。

ーウィッグのレビューや美容室への行き方、ヘアセットの方法など、症状を抱えるギュテさんならではの動画は好評です。

ギュテ:ウィッグを日常的かつおしゃれに扱う情報があまりないので、僕と同じ境遇の人の参考になれば良いなと。ヘアも込みのメーキャップと考えると、ウィッグのヘアスタイリングって実は幅広い視聴者が楽しめるコンテンツなんです。僕自身はウィッグを9年くらい使っていて、初めは面倒に感じましたが、気軽に色を変えられるウィッグなら僕が好きな韓国のアイドルや海外セレブの真似をいくらでもできるので今はむしろ楽しんでいて。

ーギュテさんと言えば、眉毛が全く無い状態から自眉毛が生えてるように仕上げるテクニックで一躍有名になりました。

ギュテ:今はアートメイクで眉毛のベースがある状態ですが、以前は毛が一本もなかったので眉毛を描くのは僕にとっては毎日のルーティーンでした。だから最初動画がバズった時は「皆こんなに眉毛の描き方で悩んでいるんだ」とびっくりで。でも今や眉メイクがトレードマークのようになって、テクニックを評価してもらえるのは素直に嬉しいです。

ーかなり近くで見ても自然に見えるのが凄いです...。実際に使っているアイテムを教えてください。

ギュテ:いつも使っているのは「エクセル(excel)」の「パウダー&ペンシル アイブロウ EX」と「スキニーリッチライナー」、「キャンメイク(CANMAKE)」の「ミックスアイブロウ」で、もはや三種の神器(笑)。眉毛を描く最大のポイントは理想の眉毛を研究し尽くすことだと思います。僕は自分が好きなアイドルなどで参考にしたい眉毛の画像を見て、形や角度、濃さ、毛流れを徹底的に分析して、自分に似合う描き方を探したので、その過程で今の技術が身につきました。

(左)エクセル「パウダー&ペンシル アイブロウ EX」、「スキニーリッチライナー」(右)キャンメイク「ミックスアイブロウ」
(左)エクセル「パウダー&ペンシル アイブロウ EX」、「スキニーリッチライナー」(右)キャンメイク「ミックスアイブロウ」

ー動画やインスタライブのコメントを見ていると、類似の症状に悩む人や見た目に対するコンプレックスに関する相談が多く寄せられています。

ギュテ:症状について公表したら親しみやすいと感じてもらえたようで、外見の悩みを打ち明けられることが増えましたね。僕がいつも伝えているのは、月並みですが「自分を愛して他人と比べない」、そして「自分に自信を持つことが一番の薬」だということ。言葉では簡単ですが、勝手に外見をジャッジされて少し奇抜なことをすると叩かれることもあるので、いざ実践しようとすると本当に難しいんですよ...。だからこそ、相談に答えながら他人の見た目をディスったり、悪口の罪みたいな部分も僕なりにきちんと伝えたくて。

ールッキズムで溢れる社会で自分に自信を持つことはなかなか難しいですよね。自分を肯定できるようになったきっかけは何ですか?

ギュテ:スピンズ時代に自分の好きな装いに対してとやかく言う人がいなかったことが大きいです。色々なメイクに挑戦するうちにどんどんメイクが好きになりましたし、スタッフもお客さんも各々が好きな格好を楽しんでいたのを肌で感じたのがターニングポイント。メイクを楽しむありのままの自分でいることが心の底から楽しいです。

ーメイクをすることで自分自身でいられる?

ギュテ:僕のメイクは”整形級”と言われることが多いですが、すっぴんと全く違う状態になったとしても僕であることは変わらないし、むしろ「メイクをしている状態=ありのままの自分」だと感じるくらいするのが自然なんです。コンプレックスの相談で「自分のすっぴんが好きになれません」とコメントがきますが、僕は「メイクでいつでも自分を最高の状態にできる方法を知っていたらそれだけで最強。すっぴんに囚われる必要ないよ」って思います。

ー眉毛の描き方のようなハウツー以外に、モノマネメイクなどエンタメ性の高い動画もよくあげています。

ギュテ:日常で実践するかはさておき、メイクの楽しさを発信したい。モノマネメイクやドラァグクイーンメイク、女装メイクはイロモノに見えるかもしれませんが、意外と日常でも取り入れられるテクニックもあるし、僕自身もそういう人たちから学んだことが沢山あって。皆さんにも「これ使えるかも!」と思った技を是非参考にして欲しいです。

ー最近は百貨店でのイベントやテレビ出演など、活動の幅を広げています。今後も露出を増やしていく予定ですか?

ギュテ:先日出演した「ザ!世界仰天ニュース」の放送後は、フォロワーも増えて同じ症状に悩む人からも沢山コメントをもらって、メディア露出の可能性を実感しました。自分のプラットフォームだけでは出会えない人にもっとメイクの楽しさを知ってもらいたいので、ご縁があれば色々な所に出ていきたいと思っています。僕は言霊を信じているのでここで言っておくと、いつか「おしゃれイズム」「情熱大陸」「しゃべくり007」に出たいです!

ー出演楽しみにしています!

ギュテ:僕だからこそ、前に出てメッセージを発信していく意義があると思っています。ただ、裏方の仕事も好きなので撮影のメイクも担当したいですし、自分らしく振る舞いながら他人を傷つけたりしない丁寧なコミュニケーション方法とかプロデュース業にも興味があるんです。ポテンシャルがあるのにちょっとした言葉の綾で誤解されてしまって勿体ないと感じる人もいるので。あとはコロナが落ち着いてからにはなりますが、自分がメイクでポジティブになれた経験と技術を活かして一般向けのセミナーなど実際に会って話せる機会を作りたいですね。

ー他にも目標はありますか?

ギュテ:コスメブランドの立ち上げはずっと構想を練っています。今も企業からプロデュースコスメのお誘いは来るのですが、現状では自分の知識も足りてないし、ファングッズみたいにしたくないので全部自分で管理できる運営体制とか、まだ納得がいくものが作れる段階ではなくて。今は自分でコスメ作りの勉強をしている真っ最中。

ーギュテさんがアイブロウアイテムを作ったら話題になりそうです。

ギュテ:実はアイブロウはかなり先になると思っているんです。今使っている3点が凄く良いので、あれを超えるとなると難しい。まずはスキンケアに興味があって、市場のタイミングも見つつですが僕が思う「最強のクッションファンデ」も作れたら。あとは、若い人はパウダーファンデをあまり使わない印象ですが、個人的に肌荒れしにくさや崩れにくさの点でおすすめしたくて、だからパウダーファンデの魅力を詰め込んだ商品も開発したいです。

ーメイク動画は変わらずあげていきますか?

ギュテ:いつまで経ってもメイクが好きなのは変わらないので、きっと動画はあげ続けると思います。僕がメイクをすることで生きやすくなった経験をもっと伝えたいので。今は「男性なのにメイク上手いね」と言われますが、「男性だからメイクが上手い」と思われるくらいに技術を磨いて発信したい。同時に、人と比べずに自分を愛すること、他人の見た目を勝手にジャッジしないことの2つも自分の言葉で伝えていきたいです。

(聞き手:平原麻菜実)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング