Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion 業界徒然日記

業界徒然日記《7》「シフトカットは地味に家計に響く」仕事と子育てに追われるパート美容師 佐山さんの場合

Image by: FASHIONSNAP.COM

 業界で働く人達の通常では語られることのない"本音"を覗くシリーズ「業界徒然日記」。今回は都内の駅前美容室でパートタイムで働く佐山あゆみ(仮名)さん。コロナ禍で仕事と家庭の両立に悩む主婦の緊急事態宣言から解除後までの日常を綴ります。ちなみに周りに似たような人がいても、あくまでもフィクションです。

— ADの後に記事が続きます —

- プロフィール -
氏名:佐山 あゆみ(仮名)
年齢:36歳
職業:都内の美容室にパートタイムで勤務する2児の母
学歴:美容専門学校卒業
年収:100万円
住居:千葉よりの東京
家賃:旦那がマンションのローン返済をしているため家賃なし
============================
元コギャル。「知能で勝負できないなら技術で勝負しろ」という父親の助言をまともに受け止め、美容師の道に進み今年でキャリア15年を迎えた。プライベートでは20歳の頃にゲットした彼氏と25歳で結婚。その後順調に男女2児の子どもをもうけ、幸せな家庭を築き上げている。実家近くのマンションを購入し、ローン返済中。

■5月20日(水)

 緊急事態宣言の延長に伴い、仕事は引き続きシフトカット。今週も立派に専業主婦をこなす予定。家庭に専念できて少しはラクになるかもと期待していたけど、子どもが家に毎日いるとだいぶ勝手が違う。朝から動き回るため片付けてもすぐに散らかる。怒りと諦めの気持ちを何とか抑え、家事をこなして子ども達に学校の勉強をさせる。とは言いつつも、今日息子に質問された小3の宿題問題は難しかった。夕方からは外で子ども達と一緒に走って縄跳び。この歳でこの運動量はキツい。家に帰ったら急いで夕飯作り。今晩はカレー、ちなみに先週もカレーだった。レパートリーの少なさに我ながら泣けてくる。子ども達に夕飯を食べさせて、お風呂に入れたあと寝かしつけながら料理アプリの動画を見て明日のメニューを考える。「こんなにテキパキ作れんわ」とぼやきながら寝る。

この歳でこの運動量はキツい→この〜この〜という曖昧な表現に年齢が現れる。

■5月23日(土)

 小学校が休みになり、暇で退屈してる娘がインスタグラムを始めた。写真と動画の撮影と投稿方法だけ教えてそのまま放置したら、自分で撮影したヘアアレンジ動画を文字入れまでして投稿できるようになっていた。恐るべし。投稿には「この動画が面白いと思ったら、いいねとコメントください」というお決まりフレーズもコピペしていた。子どもは何でも吸収するのが早い。できることがどんどん増えていく娘を嬉しく思う反面、自分はこの先できないことが増えていくんだろうなと思うとなぜだか泣けてくる。その勢いでそのまま寝落ちする。

※いいねとコメントください→多くの場合、辛辣なコメントが並ぶ。

■5月25日(月)

 ようやく緊急事態宣言が解除され、私も仕事再開。家族以外の人と対面で話すのが久しぶりですごく新鮮だった。今日はいつも指名してくれるお客さんが来店。IT企業勤めで、コロナ以降はリモートで仕事をしているそう。IT業界は在宅でも仕事できていいよなぁ。個人でサロンを経営している友達は、休業に協力すれば最大30万円給付されるため休業にした人が多かった。諸経費を差し引いても、私の年収の3分の1がもらえると思うとちょっと羨ましい。パートタイムはシフトカットされるだけで手当は出ない。我が家は共働きだけどマンションのローン返済があと25年残ってるからシフトカットは地味に家計に響く。コロナ第2波が来たら生活はどうなってしまうんだろう。嗚呼、お客さんとの会話に集中できない。

※IT業界は在宅でも仕事できていいよなぁ→評価は超成果主義になるため、仕事ができない人は今後つらい。

マンションのローン返済があと25年→返済後はリフォームのローンが待っている。

■5月28日(木)

 朝ヨガにドハマり中。ヨガをやると身体がほぐれて心もリセットされて良い気分で一日のスタートを切れる。今年に入ってから毎日続けていたので、身体がなんとなく引き締まってきた。旦那に報告したら「どこが変わったの?」と言われた。なんで細かいところに気付かないんだよ。腹立つ。だが自分でもどこが変わったのか説明できないのがつらい。

どこが変わったの?→変わらない良さもある。というニュアンスはゼロ。

■6月1日(月)

 子どもたちも学校が始まりひと安心。今日は初来店のお客さんを担当。ネットで探したスタイル画像を見せてくれたけどカラーはだいたい映えるように加工してあるから、1回のカラーで画像通りの色は出ない。カウンセリングで「ダブルカラーじゃないと出せない色です」と値段も時間もかかることを説明したらあからさまにガッカリされて、こっちもちょっと萎えた。誤解を招かないように、スタイル画像を載せてるサロンはページにちゃんと説明書きを入れてほしい。

※カラーはだいたい映えるように加工してある→加工するならもはや何もしなくても同じな気も。

※ダブルカラー→「2回染め」の意。

■6月4日(木)

 コロナ対策をどこまでやっているかによってお客さんの店選びも変わってきてる気がする。以前は値段設定が強気だったライバル店もコロナキャンペーンや紹介値下げプランなどをアピールするところが多い。うちのお店はコロナ前と変わらない料金設定。このままで大丈夫なんだろうかとパートながら心配してしまう。髪はカットしてもいいけど、私の仕事はカットしないでね。

コロナキャンペーン→キャンペーンとは何かを問いかける名前である。

■6月6日(土)

 美容業界は見た目が派手な人が多いので個性的な人が多く集まる業界に見えがちだけど、実は真面目な人が多い。職場は20代の子が大半だけど上下関係がしっかりしていて、雑務も率先してこなしてくれる。みんな優秀。だけど、激務のためいつも皆疲れているような気がする。趣味は「寝ること」という人も多いので話題に広がりがないのをよく感じる。若いんだからもっと色々経験しなよ、とエールを陰ながら送る。でも私も趣味は「寝ること」なんだよね。。。

若いんだからもっと色々経験しなよ→色々を説明できない苦しさも経験である。

 

> この日記はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。

 

【業界徒然日記】
《1》「ロレックスはいつ買える?」高級時計販売員 佐藤さんの場合
《2》「あー、彼氏欲しい。」早大生インターン 皆藤さんの場合
《3》年収3000万の悩める独身貴族 ブランド社長山口さんの場合
《4》インフルエンサーは職業?読者モデル佐々木さんの場合
《5》「パリに行けば何かが変わるはず」セントマ出身デザイナー斎藤さんの場合
《6》"リアルタラレバ娘"百貨店勤務のアラサー子安さんの場合

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング