ロエベ 2023年春夏メンズコレクション
ロエベ 2023年春夏メンズコレクション
Image by: LOEWE

Fashion注目コレクション

草が生えた靴や液晶パネルのコート...ジョナサン・アンダーソンが「ロエベ」23年メンズ春夏で表現したこと

 自然とテクノロジーの融合——。ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が手掛けた「ロエベ(LOEWE)」2023年メンズ春夏コレクションは、まさしくそのコンセプトを体現し、有機的なものと人工的なものが接合されたようなコレクションだった。

— ADの後に記事が続きます —

 真っ白で無機質、傾斜したランウェイはまるでラボラトリーのよう。ショーで披露されたのは、そんな実験的なアプローチの数々だった。ファーストルックで登場したロングのレザーコートの半面に取り付けられているのは、普段私たちのデスクに散らばっていそうなケーブルやUSB、スマホケース、イヤフォンやブラシといったメイク道具など。現代人の生活においてなくてはならない細々としたモノがコートと同色に染められ、並べられている。足元のスニーカーからは見た通り、"草"が生えており、冒頭から強烈なインパクトを放つ。

"発芽"する服とスニーカー

 服やスニーカーから草が生えたボタニカルなアイテムは、デザイナー パウラ・ウラルギ・エスカローナ(Paula Ulargui Escalona)とのコラボレーションによるもの。これらのアイテムは、パリ郊外の施設で20日ほどかけて育成させたという。定期的な水やりやメンテナンスが必要で、スウェットのフーディーやパンツには "水やり"をし、湿った痕跡が。一見、緑のフェザーの装飾にも見えるコートやデニムの装飾もよく見ると種から発芽し、"緑化"している。

液晶パネルが映し出すのは...

 自然のコンセプトとは対照的に、もう一つ目を引くのは人工的な液晶パネル。フェイスマスクとして顔を覆うものや、コートの全面に取り付けられているもの。映し出されているのは、海の中の生物や空を飛ぶ鳥、人間のパーツや恋人同士のキスシーンなど。ふと、現代人のライフスタイルにおいて、モバイルやPCなどの液晶画面と共に過ごす時間は、そういった自然の中や大切な人と過ごす時間よりも長くなってしまったのかもしれない、という考えが頭をよぎる。これらのルックは液晶画面が、切っても切り離せない人間の生活の一部となっていることを暗示しているかのよう。

「膨張 VS 縮小」のコントラスト

 ウェアでは膨張したようなパファーパーカやロングコート、ジャケット、スニーカーが登場。身体に沿うレギンスと合わせて対照的なレイヤードとなっている。経年変化したような褪せた色合いとクタッと感のあるコットンシャツや、シワ加工で縮んだジャケットやシャツ、パンツなどのルックのほか、アイコンバッグ「パズル」を解体したようなデザインの膝下のハーフパンツ、「フラメンコ」バッグのディテールを取り入れたシューズもユニークだ。

 「リアルなもの/デジタル上で再現されたもの」「自然/テクノロジー」のコントラスト。これらの対比が示すコレクションの意図はデザイナー本人のみぞ知るとして、服という媒体を通して見るものに新たな気づきや発見をもたらしてくれることに関してはジョナサンの目論みは成功と言えるだろう。

LOEWE 2023年春夏

関連記事
LOEWE 2023SS -Men's-

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング