Fashion インタビュー・対談

【インタビュー】PR01.代表 松井智則が語る「今、東コレを変えるべき」

 今週から、東京でファッションウィークが開催する。2013-14年秋冬シーズンの開催は、3月17日から23日の間に展示会からランウェイショーまで様々なブランドが半年間のクリエイションを披露。かつて東京は五大コレクションとしてニューヨーク・ロンドン・ミラノ・パリに並んで注目を集めたが、近年はシンガポールなどの新興市場が台頭し「ジャパンバッシング」ならぬ「ジャパンパッシング」が起き始めている。「内向き」と言われる日本のファッション業界の現状について、数多くのブランドPRやファッションイベントをオーガナイズするPR01.代表の松井智則氏に聞いた。

コレクションウィークの意味

―東京にコレクションウィークは必要なのでしょうか。

 PR01.のようなブランドをPRする仕事もそうですが、市場が活性化されないと商売は成り立たちません。しかし、日本ではコレクションウィークの歴史が浅いためファッションのインフラが整っておらず、ほぼ全ての準備を自分たちでやらなければならないという現実があります。経験が少ないブランド側はどうやってビジネスをしたらいいか途方にくれることが多いからこそ、ブランドをサポートする我々側がそういう場を用意しなくてはいけない。「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO」や合同展とショーがリンクした「roomsLINK」などは、少なくても"発表する場をブランド側がゼロから作らなくていい"という部分においては意義があると思っています。

―デザイナーやクリエイションの質は変わっていますか?

 クリエイションは上がっていると思うし、製品のクオリティも高い。でも、なかには「~ぽい」というデザインも見受けられます。生きる理由と同じくらいの魂を込めたコレクションをどう見せるか。それを人に見てもらう理由を、もっと真剣に突き詰めて欲しいとも思っています。

―近年はショーに参加する敷居が下がった印象を受けますが、ブランドのショーに対する考え方の違いは?

 変わったと思う。「ショーで発表したい」という気持ちは昔も今も一緒だと思いますが、昔は展示会をやって、卸しをして、貯金をして、コネでバイヤーを呼んで、自社のプレス担当やアタッシェ・ドゥ・プレスにPRしてもらって1つのショーが出来上がるイメージでした。今は、ブランド立ち上げて展示会をしないでショーを行うところもありますからね。

―下積みのようなものがなくなったということでしょうか?

 一概には言えませんが、そう感じる時もあります。ビジネスというよりも、デザイナーがやりたいからショーをやるという「表現としてのショー」が多いのではないでしょうか。ただ、バイヤーが積極的にショーを見に来ていない現実は、デザイナーも後から色々と思うことがあるんじゃないのかな。

―最近は有料でショーをやるところも出てきました。

 それについては良くも悪くもブランドのスタンス次第でいいと思います。ショーをやるのに場所代やモデル代などコストがかかる基準があるけど、段々とブランド側の予算が下がっていると聞きます。自分たちの実力も分かった上で、 入場料をとるのならいいのではないでしょうか。ただ、ショーに来てもらうお客さんにもデザイナー自身もそれ相応のものを払わないとショーの意味がないということを理解して、伝えていく必要はあると思います。

―若手のデザイナーやブランドに対して必要なことは何でしょうか。

 まずは見る側が若手に興味を持つことだと思います。僕はデビューコレクションと聞いただけで「どんなものを見せてくれるんだろう?」とドキドキしていましたが、今は無名のブランドに興味を示さない人が多いのが残念。その点ではメディアにも責任があって、ちゃんと見て評価することもサポートの1つ。金額面の支援だけじゃなくて、手の差し伸べ方が大事だと思います。


―コレクションウィークを東京で開催することへの考えについて教えてください。

 パリコレだからといってパリのブランドだけではないし、ニューヨークもそう。だけど今の東京のファッションは、ほぼ東京のブランドだけです。だからアジアに領域を広げて、各国のデザイナーが自主的に参加してもらえるような仕組みを作りたい。数年前から「東京コレクションウィークを作ろう」ということを目標に活動しています。

―アジアよりもパリを目指すデザイナーが多いのも現状です。

 日本はショップの数が一番多く、実際に一番、服の売れる国だと思う。そういう意味でも東京で発表することに価値はあると思います。日本は地理的に遠い国かもしれませんが、「東京」というブランディングはあるはず。渋谷区のように、109から百貨店、小売店まであらゆる要素が凝縮されている街は世界にないんです。パリのモードの歴史とは違って、ストリートから文化が生まれてきたという背景も唯一だと思っています。

matsui-Interview-2013-03-20130311_002.jpg


「つまらない」という意見について

―「東京コレクションはつまらない」と言われていることをどう思いますか?

 今のファッションウィークについて「つまらない」「見るブランドがない」という意見があることは理解しています。それがお客さんだったらしょうがないとは思いますが、業界の人間なら少し残念。つまらないものを変えていかなければならない我々が、傍観者として居続ければ何も変わらないし、衰退して行くのは当然です。市場に出回っていてムーブメントになりそうなものやその人達が「面白い」と思うブランドを引っ張ってくるとか、なんらかのアクションを自分たちでしなければずっと「つまらないまま」だと思いますね。

―業界の中でも発信者であるメディアにも責任があるという意見もあります。

 新聞やマガジン、ウェブなど様々なメディアの方と関わっているが、聞かれることは「今回は何ブランド出るんですか?」「どこでやる?」ということだけだったりします。それで「つまらない」と言われては困ってしまう。それと東コレは「ブランドが微妙だ」と言われる事がありますが、「じゃあ、どこが微妙か教えて下さい。一緒になんとかしましょう」と誘うとみんな「うーん」という感じ。もっと深く関わって欲しい。メディアもそろそろ自己変革する時期ではないかなと感じています。

―なぜメディアは積極的に参加しないのでしょうか?

 よく言われるのは「出ているブランドがわからない」。興味を引かれるブランドがメディア側からしてみたら少ないのが理由だと思います。そう言う意味では、賛否両論あるがリトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)は幸せ。良くも悪くも見に来てもらえて、ああだこうだ言われますしね(笑)。これからは、まだ小さいけどにも伸びそうなブランドは多いので、表面上は興味を引かれなくても、実際のショーを何度か見てからジャッジして欲しいです。

―ブロガーについては?

 「ファッションが好きだ」という熱量を感じます。楽しんでいるし、先入観もないので新しい息を業界に吹き込んでいるとも思う。今までの媒体はどこがスポンサーで、どこが株主なのかが良くも悪くもはっきりしていましたが、ブロガーやネットメディアは資本関係や収益構造がまだ発展途上だからこそ、好きなことが書けて自由度が高いのだと思います。 個人のメディアでもありますが、コレクションに参加しているプレイヤーとしての側面もあるのでこれからに期待していますね。

―それはメディアにも見習って欲しい部分でしょうか?

 ブランドが自然発生して、勝手に育って、勝手に東コレに出て売れていくなんてことは無いんだから、もう少し「育てよう」という気概は欲しいかな。JFWが立ち上がってから何年も「東コレはダメ、ブランドがダメ」とずっと言い続けているメディアもあるから大変だと思うけど(笑)。

今行動を起こさないといけない

―「今行動を起こさないといけない」と語っているが、それはなぜでしょうか。

 震災の後はビジネス的に特に小さいアトリエは危ないと言われていました。しかし、気が付いたらファッション業界は普通に戻っていたというか"普通に戻っているような気"になっている。ここに危機感の無さを感じています。日本国内の問題以外にも周辺の新興国では、政府や大きいクライアントから予算をもらって大々的にやっている。それが成功しつつあって、世界でブランドを引きつけるような仕組みを今から作らないと手遅れになると思っています。

―なにか施策などは行っているのでしょうか?

 発表する場である「roomsLINK」もそうですが、東コレの服が買える場所がもっと増えなければいけないと思いました。そのために店舗集客を増やし、お客さんに今以上に熱量がダイレクトに伝える場所を作りたいという思いから、街と連携した「渋谷フェス」を始めたんです。発表の場を提供している側としては、盛り上げる責任がある。盛り上げるというのは、色々な人が参加してブランドのショーだけで終わるという乾燥した状況を打破することです。

―「roomsLINK」や「渋フェス」は「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京(以下、MBFWT)」の関連イベントですが、棲み分けはどのようになっているのでしょうか?

 全てを別にしているわけじゃなくて、競い合う相手がいなければ伸びないという考えで取り組んでいます。「roomsLINK」と「渋フェス」については、関連イベントとしてコレクションウィーク中に開催することが共通点ですよね。ブランドによって公式スケジュールかオフ(非公式)スケジュールかという問題は、外の人、つまりお客さんにとっては関係がありません。まずは、ウィーク中にやることに意味があると思っています。

―先シーズンは「MBFWT」と「渋フェス」の共通する大トリとして「リトゥンアフターワーズ」のショーが評価を受けましたね。

 リトゥンは東コレの象徴的なブランドだと言えます。リトゥンに対して「すごい」と思うのは、常に魂を削っている姿勢。ブランドなのに服を売っていないということに疑問を持つ人も多いですが、彼らはファッションを売っています。実際に、前回のショーはブランドにとってさまざまなきっかけになっていると思いますよ。そういうブランドを、国内外からもっと引き上げていきたいですね。

writen-2013ss-121020_0.jpeg

writtenafterwards THE SEVEN GODS


―松井さんが描くファッションの理想とは何でしょうか?

 ブランド、メディア、バイヤー、PR、そして一般も、みんなが楽しいものにしたい。ブランドが発表する場があって、人が集まって、バイヤーが買って、その楽しさがメディアを通して民間に伝わって、そして物が売れるというシンプルな循環。ファションに関わっている人だけじゃなく消費者も含めて一緒にコレクションウィークを作って、その奥にちゃんとビジネスがあるという形が理想。そのために、ファッションの「ムード」を一人ひとりがそれぞれの立場で作っていくことが大事だと思っています。

 国がファッションやアニメを押していこうとしていますが、カルチャーとは、国を上げたビジネスとして行っているから続いていく、盛り上がるわけではありません。パリのモードの歴史が100年以上続いているように、クリエイティブな産業は、国にとっても結果的に経済の最後の砦のようになっているのではないでしょうか。ここ数年でファッションを国を引っ張るビジネスにしていこうとしているのだから、今やらないとヤバい。今まで通り、のほほんとしてはいられないと思います。

―若手にとって夢や目標はあるのでしょうか?

 今のムードは不安の方が大きいでしょうね。服飾学校や大学との取り組みも進めていますが、モチベーションの高い学生が将来を目指す先としてファッションが上がってこないことが気になります。だからこそ今、ファッション業界にいる我々が夢を与えないといけないと実感しています。もちろん、食べていけるというビジネス部分も含めて、より身近にファッションを感じてファッションに対して情熱を持ってもらいたいです。

―「渋フェス」もそのために企画したということですか?

 「東京コレクションウィークを作ろう」というときに、現状の内輪だけでファッションが盛り上がるのは疑問を感じます。「渋フェス」は、もっとより身近にファッションを楽しんで欲しいという気持ちで作りました。宮下公園を会場にしたり渋谷区にも協力してもらっていて、とても感謝している。


―松井さん自身の目標は?

 目標の1つとしては渋谷駅前のスクランブル交差点でショーがやりたいです。実際は国や警察などあらゆる規制を突破するという超難関があるのですが...。世界的にも有名な交差点を封鎖してショーをやるというのがどれだけ難易度高いことかもわかっていますが、全力で挑戦するつもりです。


―期待しています。

 決してひとりで出来ることではないので、もしどこかに現状を変えようと思っている人がいたら「宮下公園に集合!」と言いたいくらいです(笑)。どんどん立ち上がって、ファッション業界全体で「ムード」を作っていけたらいいと思っています。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング