Lifestyle オフィス訪問レポ

【オフィス訪問レポ】vol.7: ZOZOでおなじみ「スタートトゥデイ」本社を訪問 アートや家具もすごかった

まずは受付。ソファとテーブルはイサム ノグチ(Isamu Noguchi)のオリジナル、奥の小さなスツールはフランスのシャルロット・ペリアン(Charlotte Perriand)によるデザイン。ピカピカ光るLEDアートは、六本木のパブリックアート「Counter Void」で知られる宮島達男の作品です。

starttoday_office_20160226_014.jpg

電話機は「バング&オルフセン(Bang & Olufsen)」の「BeoCom2500」。よく見ると2と0しかボタンがない。。。

starttoday_office_20160226_016.jpg

ここから怒涛のアートコレクションをご紹介。
こちらの作品は、ミラーやネオンを使った作風で知られるチリ出身のイアン・ナバーロ(Iván Navarro)が制作。

starttoday_office_20160226_019.jpg

先にはアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)のキャンベルスープの缶の絵がズラリ!シリーズ全作品が揃ってました。

starttoday_office_20160226_020.jpg

starttoday_office_20160226_021.jpg

奥に進むと謎の巨大な石ころが......と思ったら、これもアートなんだとか。赤いアートは、ボスコ ソディ(Bosco Sodi)の作品、球体の作品はマイトゥペレ(Mai-Thu Perret)というアーティストによるものです。

starttoday_office_20160226_009.jpg

反対側の通路にはジャック・ピアソン(Jack Pierson)の「The Crippled Beggar Knew a Priceless Secret」。

starttoday_office_20160226_011.jpg

キャンドルや

starttoday_office_20160226_012.jpg

花など、遊び心が溢れてます。

starttoday_office_20160226_013.jpg

中央に配置された会議室は全面ガラス張り。

starttoday_office_20160226_010.jpg

重厚感のあるテーブルは、エントランスの小さな椅子と同じくシャルロット・ペリアンが制作。

starttoday_office_20160226_003.jpg

学生イスを彷彿とさせるこちらの椅子は、フランス出身のジャン・プルーヴェ(Jean Prouve)がデザイン。すべてオリジナルで4色揃ってました。

starttoday_office_20160226_002.jpg

オーディオはバング&オルフセン。

starttoday_office_20160226_004.jpg

なんだか近未来的。

starttoday_office_20160226_007.jpg

執務スペースにもミーティングスペースがあるということで、覗いてみました。

テーブルと椅子は、イタリア製「カッシーナ(CASSINA)」。

starttoday_office_20160226_128.jpg

ギィ・リモーネ(Guy Limone)の作品は、正方形の写真が特徴。

starttoday_office_20160226_130.jpg

starttoday_office_20160226_131.jpg

村上隆とコラボレーションした「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のモノグラモフラージュもありました。

starttoday_office_20160226_129.jpg

お隣の部屋には、小沢さかえ制作の幻想的な絵画。

starttoday_office_20160226_133.jpg

過去に「エルメス(HERMÈS)」のディスプレイを手がけるなど、ファッションの領域でも活躍するアーティストです。

starttoday_office_20160226_135.jpg

会議室の間を繋ぐ空間には、角度によって動いてみえるジュリアン・オピーの作品。

starttoday_office_20160226_132.jpg

奥に進むと、専用デスクも椅子もない"社長席不在"の社長室。現在は家具やアートコレクションが並ぶギャラリーと化しているとか。ということで、隅々まで調査させてもらいました。

まずは、アメリカ人芸術家ロバート・インディアナ(Robert indiana)が手がけた著名な「LOVE」のアート。フランス人のジャン・ロワイエ(Jean Royere)がデザインしたサイドボードと合わせると、より洒落て見えますね。

starttoday_office_20160226_136.jpg

アートや家具だけじゃない、器にもこだわる代表とのことで棚に並んでいたこの器たちは、バレンタイン・シュレーゲル(Valentine Schlegel)やマド・ジョラン(Mado Jolain)など海外のアーティストが制作。

starttoday_office_20160226_137.jpg

中央に置かれたテーブルと椅子は、会議室の待合いスペースにも使われていたシャルロット・ペリアンのデザイン。

starttoday_office_20160226_139.jpg

壁際にはピエール・ジャンヌレ(Jeanneret Provenance)やジャン・ブルーヴェなどの椅子が並んでいました。

starttoday_office_20160226_140.jpg

シェルロット・ペリアンがデザインしたウォールシェルフには、スタートトゥデイ関連のオリジナルグッズが並んでいます。
ソファはピエール・ジャンヌレ、ランプはセルジュ・ムーユ(Serge Mouille)のもの。壁に飾ってあるアートは、エドワード・ルシェ(Edward Rusche)の作品です。

starttoday_office_20160226_152.jpg

starttoday_office_20160226_151.jpg

starttoday_office_20160226_148.jpg

starttoday_office_20160226_149.jpg

西巻さんが「特にオシャレ感度ピカイチ!」というこちらのお二人を紹介してくれました。

starttoday_office_20160226_034.jpg

赤と黒でコーディネートした総務部部長の梅澤さん(左)が着用していたのは「ナイキ(NIKE)」の「AIR JORDAN 11 RETRO LOW 'TRUE RED」。マイケル・ジョーダンの来日イベントに参加するほどのファンだそうです。

starttoday_office_20160226_036.jpg

カラフルなコーディネートがお似合いの同じく総務部の藤原さんは、「メルシーボークー、(mercibeaucoup,)」を着用。虎の手がキュート!

starttoday_office_20160226_035.jpg

次はデザイン部へ。本棚にはデザイン関連の雑誌やインスピレーション源になりそうな資料がいっぱいありました。

starttoday_office_20160226_025.jpg

starttoday_office_20160226_032.jpg

バンクシー(Banksy)などのアート関連資料のほか、ADC年鑑も揃ってます。

starttoday_office_20160226_028.jpg

グループ会社も入居する大きな執務スペースも見せてもらえることに。

目の前にどーん!と飛び込んできた「ARIGATO」の文字。

starttoday_office_20160226_153.jpg

2012年9月に初のリアルイベントとして開催した合同ファッション展示会「ゾゾコレ(ZOZOCOLLE)」の会場に設置していたもの。来場者の寄せ書きをインテリアにしているんですね。

starttoday_office_20160226_154.jpg

starttoday_office_20160226_158.jpg

いざ入室。ドアにはでーん!と大きな「愛」。「ドアの向こうには大切な仲間や大切な情報があるため、愛を持って扉を開け閉めしよう」という意味が込められているのだとか。

starttoday_office_20160226_156.jpg

ドアの横には社員のポラロイド写真。リア充感がビンビン伝わってきます。

starttoday_office_20160226_157.jpg

「WEAR」で人気のユーザーmamiさんを発見。見返り美人カットをいただきました。「WEARでコーディネートを公開しているので、ぜひ見てくださいね」とのことで、要チェケラ

starttoday_office_20160226_165.jpg

休憩スペースへ。青山オフィスと同じく、椅子が様々。

starttoday_office_20160226_126.jpg

地べたでリラックスできるこんなスペースも用意。

DSC04049starttoday_office_20160226_162.jpg

カウンター席もあります。

starttoday_office_20160226_164.jpg

最後に、「ZOZOBASE」を見せてもらいました。

次のページは>>ZOZOBASEもすごかった

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング