「マリーン・セル」ショー来場者
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion 裏ニュース

マリーン・セルの会場に"三日月"の集団【パリコレ裏ニュース 20年春夏 DAY2】

「マリーン・セル」ショー来場者
Image by: FASHIONSNAP.COM

 キラキラと華やかな印象のパリコレですが、現場にいると見えてくる、あんなコトやこんなコト......。報道されないニッチな情報や裏事情、ウワサ話やランウェイの外で起きている出来事など、パリで取材している記者がリアルに気になった"裏ニュース"を配信します。<2日目:9月24日>

【パリコレの情報をもっと見る】ファッションウィーク 特設サイト

 

森に集う"三日月族"

 パリコレ2日目のスケジュール1本目。幻想的な霧雨の中、ブローニュの森の近くの芝生や木々の間に設置された黒いランウェイで新作を発表したのは、注目の若手ブランド「マリーン・セル(MARINE SERRE)」です。

 会場で目立ったのは、やっぱりブランドのシグネチャーでもある三日月柄。Tシャツからストッキング、ドレス、靴......セカンドスキンのように三日月柄をまとった来場者が多く集結していました。このほか、「マリーン・セル」のボールバッグを手にした人も。

 ちなみに招待状の傘も三日月柄だったので、ほぼ全員が三日月族!出席ブランドのアイテムを身につける来場ゲストは少なくないですが、ここまで揃うと不思議な一体感が生まれます。柄は同じでも、皆それぞれ個性あり。モデルのemmaさんも「マリーン・セル」スタイルを着こなしていました。

  

誰もいないルーヴル美術館

 パリが誇る屈指の観光スポット「ルーヴル美術館」は、毎週火曜日が休館日。でも9月24日(火)の今日は、誰もいない館内に入るチャンスを得ました。フランスの老舗美容専門店「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー(OFFICINE UNIVERSELLE BULY)」が、ルーヴル美術館とコラボしたフレグランスの発売を記念して、特別にメディア向けの取材ツアーを開いたのです。

 サモトラケのニケの前の大階段に人一人いない光景を目にするのは、人生でこれが最後になりそう。忙しいウィーク中、贅沢なひとときとなりました。(コラボフレグランスについては、こちらの記事でぜひチェックしてみてください。)

■パリコレ裏ニュース 20年春夏
【DAY1】電気バスとテルミンと
【DAY2】マリーン・セルの会場に"三日月"の集団

【パリコレ最新情報】ファッションウィーク 特設サイト
【前シーズンは何が起きた?】裏ニュース 一覧

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング